敵を作らない人10の特徴

人生

敵を作らない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

敵を作らない人がいるね。

イタチ
イタチ

職場にもそんな人がいるな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

敵を作らない人の特徴は以下になるよ。

敵を作らない人の特徴

忘れっぽい

忘れっぽい人は、敵をつくらないことが多いと思うわ。

「忘れっぽい」のは敵を作らない人の特徴の一つです。

身の回りに「この人は敵が少ないタイプだ」「この人には敵がいない」と思う人がいるのではないでしょうか?

このような人は、忘れぽかったり、忘れる技術に長けている人も多いのではないでしょうか?例えば、思いつきで話す人の中には、自分の衝動を抑えることができなくて嫌味を言ったり、攻撃的な言動をする人もいるものです。

いつまでも過去のことを覚えている人は、このような人達の発言をいつまでも覚えており、仕返しをしたり攻撃的な態度をとることになるのでしょう。結果として、敵を作る人になってしまうのです。

一方で、忘れっぽい人は自分がされたことをけろりと忘れてしまう為、過去を引きずりません。結果として、相手から相手から器が大きい人と思われたり、敵を作らないので得することも多いのではないでしょうか?

聞き流せる

敵を作らない人の特徴の一つは「聞き流せる」です。

お酒の席などで、すぐに絡んでくる人がいるものです。このような人は日頃の仕事で相当ストレスが溜まっている人が多いのではないでしょうか?

「こんな会社やめてやる!」と言いながら、八つ当たりする人に会ったことがないでしょうか? もしこのような時に、そのような人をいちいち相手にしていると、疲れるばかりではなく不用意に敵を作ってしまうことになるでしょう。

相手から絡まれたとしても「まあまあ」などと、うまく聞き流せる人は敵を作らずに済むでしょう。

実は怖い人

敵を作らない人ほど、実は凄く怖い人だと思うよ。

「実は怖い人」なのは敵を作らない人の特徴の一つです。

聖人君子でない限り、どんな人にも好きな人嫌いな人がいるでしょう。ところが、 職場や学校などで、好き嫌いがなく敵を作らない人がいるものです。

このような人は、もしかすると相当な我慢をして、衝動を抑え表情や態度に出さないだけなのかもしれません。

ある日突然たがが外れると、すごい勢いで怒り出したり、陰湿な嫌がらせや攻撃をしてくる実は怖い人へと変貌するかもしれません。

存在感がない

敵を作らない人の特徴の一つは「存在感がない」です。

高校などの同窓会をする時に、連絡が全く取れない人がいるものです。単純に住所が変わったりしただけの場合もあるかもしれませんが、 存在感が無いことが原因かもしれません。もし存在感があるタイプであれば、誰かと繋がりが有り連絡を取るのは用意でしょう。

このような存在感がないタイプの人は、味方もいないかもしれませんが、敵を作らないことが多いものです。人から好かれも嫌われずもせず、いつのまにか忘れられる存在となっているのでしょう。

人に関心がない

「人に関心がない」のは敵を作らない人の特徴の一つです。

学生時代に、凄く勉強ができる人だったのですが、 人と全く関わらない人にあったことがあります。家と学校をひたすら往復し、 学校でもほとんど人と話をしないでぽつんと一人でいたのです。

この人は基本的に人に関心が無かったのだと思います。この人は、 友達も全くいなかったと思うのですが、同時に敵も全くいませんでした。良くも悪くも人を気にしない人であったので、敵も味方もいなかったということなのでしょう。

割り切るのがうまい

敵を作らない人の特徴の一つは「割り切るのがうまい」です。

人はそれぞれストレス解消法を持っているものですが、たとえどんなにストレス解消法を試したとしても、上手く解消されないことがあるでしょう。

会社や学校で同僚やクラスメートから嫌がらせをされたりすると、いくらストレス解消をしたとしても頭の片隅にモヤモヤが残ってしまうものです。

このモヤモヤが少しでもあると、相手に対する言葉遣いや接し方が変わり、それが原因で相手との関係がうまくいかなくなり、最悪の場合は相手が敵に変わるものです。

人から何かをされても、ストレス解消をうまくして、うまく乗り切ることができる人は、敵を作らない人でしょう。

敵・味方で考えない

敵・味方で分けると、敵を作りやすくなると思うわ。

「敵・味方で考えない」のは敵を作らない人の特徴の一つです。

どのような人が敵を作りやすいタイプでしょうか?様々なケースがありますが、人を敵と味方で分類する人は、 味方も作りやすいかもしれませんが、同時に敵を作る場合も多々あるでしょう。

白黒つける人は、グレーの部分つまり曖昧な存在を許すことができません。結果として、それは人間関係の摩擦や反発を引き起こすことになるでしょう。一方で、人を敵と味方で分類しない人は、敵を作らないで済むことが多いでしょう。

自己主張が強くない

敵を作らない人の特徴の一つは「自己主張が強くない」です。

インターネット上ですぐに炎上してしまう人がいるものです。このような人は、意図的にそうしている部分もあるかもしれませんが、基本的に自己主張が非常に強い人であることが多いのではないでしょうか?

話題がデリケートな問題であればあるほど、主張が強ければそれだけ反発を買うこともあるでしょう。 結果として、敵を作ってしまうことも多々あるのでしょう。

一方で、自己主張が強くない人は、こういった反発を買う事も殆ど無く、 敵も作らないでしょう。

相手にうまく合わせる

相手にうまく合わせるのが上手な人は、敵を作らないと思うよ。

「相手にうまく合わせる」のは敵を作らない人の特徴の一つです。

昔、職場にいた中年女性は、とにかく同僚から嫌われる存在でした。あんなに嫌われる人も珍しいと思ったくらいです。

「どうして嫌われるのだろう?」と思って観察していたのですが、その理由の一つは、相手にうまく合わせることが出来ないからでした。

例えば「昨日の〇〇というドラマ面白かった」と相手が話したとしましょう。この時に、話しかけてきたタイプの人が賛同してくれることを好む人であれば「面白かったわね」などと返答しておけば良いものです。

ところが、嫌われていた女性は「あのドラマの何が面白かったの?凄くつまらないと思う」などと、 返答してしまうのです。

正直な人といえばそれまでですが、全ての人にそんな調子だったので、敵を作りやすい人でした。

相手の良いところを見る

敵を作らない人の特徴の一つは「相手の良いところを見る」です。

世の中には、 一度相手が嫌いになると、嫌いな部分しか見えなくなるという人が多いのではないでしょうか?

ですが、冷静に考えてみると、いくら嫌いな人でも良い部分もあるものです。もしこの良い部分を認めず、悪い部分しか見なくなると、攻撃的な言動や態度になるものです。

結果として、敵を作りやすくなるでしょう。敵を作らない人は、相手の良いところを見るのが習慣になっている人が多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?敵を作らない人の特徴は以下になります。

忘れっぽい・聞き流せる

実は怖い人・存在感がない

人に関心がない・割り切るのがうまい

敵・味方で考えない・自己主張が強くない

相手にうまく合わせる・相手の良いところを見る

生きていれば、意図しなくても必ず誰かが敵になってしまうことがあるでしょう。それは仕方がないことなのかもしれません。ですが、不用意に敵を作ってしまうと、損をすることが多いのではないでしょうか?可能であれば、不要な敵は作りたくないものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました