PR

マウントをとる 会話例と適切な対応方法15選!

人生

マウントをとる 会話例と適切な対応方法15選!

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

マウンティングするのが好きな人がいるね。

イタチ
イタチ

確かに。マウントをとる言い方をして喜ぶ人はいないのにね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

マウントをとる会話例と適切な対応方法は以下になるよ。

 

マウントをとる 会話例と適切な対応方法

【マウントを取る会話例1】

いちいちマウントを取る人は苦手だわ。

相手:あの新しいレストラン、行ってみたいけど、予約できなくて困ってるんだ。

あなた:私は今週末にそこで食べる予定なんだけど、予約は完了しているわ。

適切な対応方法:相手が困っていることを理解し、協力する態度を示しましょう。自分の予約状況を伝えるだけでなく、相手が予約できるように情報を提供することも考えましょう。

適切な対応例:「あ、私も行ってみたいんだ。一緒に予約してみようか?」と、協力的な態度を示し、相手と一緒に予約を試みることを提案しましょう。

【マウントを取る会話例2】

相手:この仕事、難しいな。

あなた:私はこの仕事をすでにマスターしているわ。そんなに難しい?

適切な対応方法:相手が難しいと感じていることを理解し、協力する態度を示しましょう。自分がすでにマスターしていることをアピールするのではなく、相手にアドバイスを提供したり、一緒に問題解決に取り組むことを提案しましょう。

適切な対応例:「私も最初は難しかったけど、この仕事に慣れてくると意外と簡単になってきたよ。私ができることがあれば、手伝ってあげるからね。」と、相手を励ます言葉をかけ、共に協力して問題解決に取り組むことを提案しましょう。

【マウントを取る会話例3】

マウントをとる人とは関わりたくないな。

相手:最近、運動不足でちょっと太ってきたんだ。

あなた:私はいつも運動していて、食事もバランスよく取っているから、太ることなんてないわ。

適切な対応方法:相手が悩んでいることを理解し、協力する態度を示しましょう。自分がいつも健康的な生活をしていることをアピールするのではなく、相手にアドバイスを提供したり、一緒に運動をすることを提案しましょう。

適切な対応例:「私も最近、運動不足でちょっと太ってきたんだよね。一緒にジムに行って、運動を始めようか?」と、相手と共感しつつ、一緒に運動を始めることを提案しましょう。

【マウントを取る会話例4】

相手:このプレゼンの資料、まだ作っているんだ。

あなた:私は昨日、もう完成させていたわ。まだやっているの?

適切な対応方法:相手が忙しくて困っていることを理解し、協力する態度を示しましょう。自分がもう完成していることをアピールするのではなく、相手にアドバイスを提供したり、手伝うことを提案しましょう。

適切な対応例:「あ、忙しいの?手伝おうか?私もちょうどプレゼンの資料を作っていたところなんだ。」と、協力的な態度を示し、相手を手助けすることを提案しましょう。

【マウントを取る会話例5】

相手:最近、なかなか上手くいかなくて悩んでるんだ。

あなた:私はいつも順調に進んでいるから、悩むことなんてないわ。

適切な対応方法:相手が悩んでいることを理解し、協力する態度を示しましょう。自分がいつも順調に進んでいることをアピールするのではなく、相手の話を聞いてあげたり、共感することを示しましょう。

適切な対応例:「そうなんだ。私も前に同じようなことで悩んだことがあって、どうやって解決したかを教えてあげるよ。」と、相手の話を聞いてから、アドバイスや自分の経験を共有しましょう。

【マウントを取る会話例6】

相手:あの人はすごく嫌だよね。

あなた:私はあの人とは上手くやっているから、そんなことないわ。

適切な対応方法:相手の感情を理解し、共感する態度を示しましょう。自分があの人と上手くやっていることをアピールするのではなく、相手の話を聞いてあげたり、共感することを示しましょう。

適切な対応例:「あ、そうなんだ。でも、私も時々、あの人と上手くいかないことがあって、どうやって解決したかを話し合おうか?」と、相手の気持ちに共感しつつ、問題を解決するための提案をしましょう。

【マウントを取る会話例7】

マウント王みたいな人がいるね。

相手:この本、難しいよね。

あなた:私にとっては簡単すぎるわ。

適切な対応方法:相手が困っていることを理解し、協力する態度を示しましょう。自分が簡単に理解できることをアピールするのではなく、相手にアドバイスを提供したり、一緒に勉強することを提案しましょう。

適切な対応例:「うん、確かに難しいと思う。私も最初は難しかったけど、良かったらどうやって理解したかを教えてあげるよ。一緒に勉強しようか?」と、相手と協力して問題を解決するための提案をしましょう。

【マウントを取る会話例8】

相手:最近、仕事が忙しくて疲れた。

あなた:私はあんたよりいつも忙しいけど、大丈夫よ。

適切な対応方法:相手が疲れていることを理解し、協力する態度を示しましょう。自分がいつも忙しいことをアピールするのではなく、相手にリラックスする方法や、手伝ってあげることを提案しましょう。

適切な対応例:「あなたも大変だね。私も最近は忙しいけど、休憩しようか?私が手伝えることがあったら、教えてね。」と、相手の気持ちに共感しつつ、一緒に解決策を考えることが大切です。

【マウントを取る会話例9】

マウントされたら返答を無難にしないと反感買う時があるね。

相手:あのお店、美味しかったよね。

あなた:私はもっと美味しいお店を知ってるから、あのお店はまあまあかな。

適切な対応方法:相手の感想を共有し、楽しい会話を続けましょう。自分がもっと良いお店を知っていることをアピールするのではなく、相手の話に対して共感や感想を伝えることが大切です。

適切な対応例:「あ、それ私も行ったことがあるんだ。私はあのお店の○○が好きだったな。でも、それよりももっと美味しいお店があるよ。一緒に行かない?」と、相手の感想を共有し、新しい話題を提供することが大切です。

【マウントを取る会話例10】

相手:昨日、面白い映画を見たんだ。

あなた:私はそれよりもっと面白い映画を見たわ。

適切な対応方法:相手の感想を共有し、楽しい会話を続けましょう。自分がもっと面白い映画を見たことをアピールするのではなく、相手の話に対して共感や感想を伝えることが大切です。

適切な対応例:「あ、それ私も見たことがあるんだ。私はあの映画の○○が好きだったな。でも、最近同じ俳優が出演しているもっと面白い映画が公開されたらしいよ。一緒に見に行かない?」と、相手の感想を共感しつつ、新たな提案をしましょう。

【マウントを取る会話例11】

私の職場にもマウント女王がいるな。

相手:最近、英会話の勉強をしているんだ。

あなた:私はもう英語はペラペラだから、勉強する必要ないわ。

適切な対応方法:相手の努力や成長を認め、応援する態度を示しましょう。自分がもうペラペラだから勉強する必要ないという態度を示すのではなく、相手の努力を認めることが大切です。

適切な対応例:「それ素晴らしいね!英語って難しいから、頑張ってる姿がすごく尊敬できるよ。もし何か手伝えることがあったら、言ってね。」と、相手の成長を認めつつ、応援することが大切です。

【マウントを取る会話例12】

相手:今日の天気はいいね。

あなた:私が住んでる地域の天気の方がもっといいよ。

適切な対応方法:相手の話題を楽しんで共有しましょう。自分の住んでいる町の天気の方がもっといいという態度を示すのではなく、相手との共通点を探し、共感を示すことが大切です。

適切な対応例:「そうだね、今日は本当にいい天気だよね。私も今日は外に出て、散歩でもしようかな。」と、相手の話題を共有し、一緒に楽しむ態度を示すことが大切です。

【マウントを取る会話例13】

マウントより共感だね。

相手:今日はとても疲れた。

あなた:私は毎日がとても疲れているから、それほどでもないと思う。

適切な対応方法:相手の気持ちを理解し、共感する態度を示しましょう。自分が毎日疲れていることをアピールするのではなく、相手の話に対して共感や理解を示すことが大切です。

適切な対応例:「そうだね、疲れた日は本当に辛いよね。私も最近は疲れがたまってるから、一緒に休憩しようか?」と、相手の気持ちを共感し、一緒にリラックスする方法を提案することが大切です。

【マウントを取る会話例14】

相手:最近、運動を始めたんだ。

あなた:私は毎日運動してるから、それほど大変じゃないと思う。

適切な対応方法:相手の努力を認め、応援する態度を示しましょう。自分が毎日運動していることをアピールするのではなく、相手の努力を認め、応援することが大切です。

適切な対応例:「それ素晴らしいね、運動って健康にもいいし、楽しいことが多いから続けられると思うよ。私も運動は大事だと思ってるから、一緒に頑張ろう!」と、相手の努力を認め、一緒に頑張る姿勢を示すことが大切です。

【マウントを取る会話例15】

相手を思いやる気持ちが大切だね。

相手:「私、最近ある方法でダイエットに成功したんだ。もうすぐ理想の体型になれそうだよ」

自分:「あ、それ私も前にやったことあるんだ。でも私はもう理想の体型になったから、大丈夫だよ」

適切な対応方法:相手のダイエット成功を認め、励ます態度を示しましょう。自分の成功体験をアピールするのではなく、相手の成功を認め、応援することが大切です。

適切な対応例:「すごいね、ダイエットって本当に難しいから、成功するって本当にすごいことだよ。私も最近運動を始めたんだけど、一緒に運動はどう?お互い励ましあいながら理想の体型に近づけようよ」と、相手の成功を認め、応援する態度を示し、共感しながら励ますことが大切です。

このページに興味がある方にオススメのページ

マウンティングされない人がやっていること10選!

性格がきつい女性によく見られる特徴

人の話を聞かない人 末路

正論で追い詰める人 特徴

敵を作る人の特徴・診断

敵を作らない人の特徴

自慢話ばかりする人 末路

ロジハラ 頭おかしい

恩着せがましい女

台風 出勤 おかしい

ロジハラ 何が悪い

高圧的な人 末路

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

マウンティングされるのは気分が悪いものです。ですから、相手の立場に立ち、尊重し、共感する態度を示すことが何より大切でしょう。自分が優れていることをアピールするのではなく、相手の努力や成果を認め、応援することが大切でしょう。

例えば、相手が優れた成果を挙げたときに、「私もそういうことは経験あるから大丈夫」と自分をアピールするのではなく、相手の成果を認め、共感して、応援する言葉をかける方が良いでしょう。また、相手が苦手なことを話したときには、「私はもっと苦手なことがあるから、大丈夫だよ」と自分をアピールするのではなく、相手の気持ちに寄り添い、一緒に乗り越えるための助言や提案をする方が良いのではないでしょうか?

相手を否定せず、共感し、応援する態度を示すことで、相手とのコミュニケーションがスムーズになり、良好な関係を築くことができるものです。マウントを取る発言に対しても、自分の優位性をアピールするのではなく、相手の立場に立って尊重する態度を示し、相手を励ますことが方が相手の気分を損ねないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました