ニートになる人の10の傾向

人生

ニートになる人の10の傾向

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ニートは社会問題の一つだね。

イタチ
イタチ

どのような人がニートになり易いのかな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ニートになる人の傾向は以下になるよ。

ニートになる人の傾向

親に頼れる

親に頼れなければ、ニートになるのは難しいだろうね。

「親に頼れる」のはニートになる人の傾向の一つです。

ニートになる人に共通していることは、親に頼れるということではないでしょうか?

もし、親が低所得者であったり経済的に裕福でなければ、 ニートなることは難しいでしょう。 何年にも渡って衣食住にも困らずニート生活を続けられている人は、親に頼れる状況があるからでしょう。

親に対して不満や文句を言いながらも、経済的に依存しているために、ニートの状態から抜け出せないという人も多いはずです。 

自信が無い

ニートになる人の傾向の一つは「自信が無い」です。

人がモチベーションを感じる要因には様々な物が挙げられますが、 自分に自信を持った時にもモチベーションを得られるでしょう。

ニートになる人は、自分に自信がない人も多いのではないでしょうか?「どうせ自分なんか何もできない」などと、自信を失っているのです。

ですが、世の中の多くの人は、案外勘違いをして生きているのかもしれません。ごくごく普通の能力しかないにも関わらず、自分の良い部分に自信を持つことができているからこそ、モチベーションを得られているのかもしれません。

自分に自信を持つためには、人との比較をすることを止め、自分の良い部分に焦点を当てるのが一番ではないでしょうか? 

危機感がない

息子がニートだけど、全く危機感がないわ・・。

「危機感がない」のはニートになる人の傾向の一つです。

ニートになる人は、危機感がないことも多いのではないでしょうか?

「自分がこの先何年にも渡ってニートであれば、自分の人生そのものが成立しなくなる」「働かない人の末路は大変だ」「今は親に頼って生活することができているが、親が死んだ時に現在の生活が成り立たなくなる」という危機感があれば、どうにかして働こうと思うのではないでしょうか?

危機意識が不足しているので、ニートになるという人も一定数いることでしょう。

行動力がない

ニートになる人の傾向の一つは「行動力がない」です。

ニートになる人の中には、行動力が不足している人も多いのではないでしょうか?

「このままではまずい」とニートであることに対して危機意識を持っている人も多いでしょう。ですが行動力がない為に、現状を打破できない人も多いのではないでしょうか?

生真面目な性格で、必要以上に考え過ぎる場合も多いのかもしれません。ですが、 物事は良くも悪くも、自分の頭で考えている通りには進まないものです。行動しながら考える位で、ちょうど良いのではないでしょうか?

生きがいがない

「生きがいがない」のはニートになる人の傾向の一つです。

現代は、食べていくだけであれば、職業さえ選ばなければ、飢えてしまうということは少ないでしょう。

大昔は、働くことができなければ、それは飯の食い上げに繋がったので、働くことが必須だったと言えるでしょう。

ですが、食べることに困らない現代においては、何らかの生きがいがなければ、働く上でやる気が起きなくなるのではないでしょうか?結果として、ニートに陥ってしまうのです。

もし家族がいて、家族との時間が生きがいの人にとっては、これを維持するために必死に働こうとするはずです。 

性格に難がある

ニートになる人の傾向の一つは「性格に難がある」です。

ニートになる人の中には、性格的な問題を抱えている人も多いのではないでしょうか?例えば、 極度の負けず嫌いな人などです。

負けず嫌いであることは悪いことではありません。負けず嫌いであることをモチベーションとして、仕事で頑張ったり勉強で努力をしたりすることができるからです。

ですが、 極度の負けず嫌いになれば、人とうまくやることが難しくなることも多いのではないでしょうか?

いつも攻撃的な言動で話をしたり、自分が負けている時に、ふてぶてしい態度をとっていたりすると、周囲の人間と協調することができなくなり、結果として孤立し、ニートになってしまうのです。

社会に適合する為には、協調性がある人になることも求められます。

周囲のせいにする

現状が不可抗力の為である場合もあると思うけど、だけど周囲のせいばかりにし続ければ物事を変化させるのは難しいね。

「周囲のせいにする」のはニートになる人の傾向の一つです。

ニートになる人の中には、現在の置かれている状況を周囲のせいにすることも多いのではないでしょうか?

例えば「自分は甘やかされて育ったからこんなことになった」などと、親のせいにしたりするケースです。

また、もっと大きな単位で考えると、国や社会のせいにする人も多いのではないでしょうか?「今の世の中の為に、自分はこんな状況に置かれてしまっている」などといった具合にです。

学校でいじめに遭った

ニートになる人の傾向の一つは「学校でいじめに遭った」です。

ニートになっている人の中には 、学生時代にいじめにあった人も多いのではないでしょうか?中学や高校でイジメに遭い、 以降家の中に引きこもりニートに陥っているケースです。

外に出て社会的接点を持とうと思っていたり、働きたいという気持ちはあっても、昔のトラウマのせいで、人間関係に恐怖心を感じてしまうと、ニートから脱出できないという場合も多々あるでしょう。

そのような人は、ネットを通じて学びの場に参加したり、仕事をするようにするのが一番精神的に楽なのではないでしょうか?

考え方によっては、 現代ではそれが可能なので、あまり悲観しなくても良いかもしれません。 

人間関係で傷つきやすい

人間関係に敏感だと、対人関係で苦しんでニートになる場合も多いと思うわ。

「人間関係で傷つきやすい」のはニートになる人の傾向の一つです。

ストレスを感じる状況には様々なものがありますが、一番ストレスを感じるのは人間関係ではないでしょうか?

学校に通っていれば友人との関係があったり、社会に出れば職場での対人関係があります。ニートになる人は、人間関係で傷つきやすいことが多いのではないでしょうか?

友達から少しからかわれたり、他人から言われた一言を凄く気にしてしまい、人間関係不審に陥り、その結果、社会との接点を拒むようになったりします。

自分のことだけ考えていれば良い

ニートになる人の傾向の一つは「自分のことだけ考えていれば良い」です。

ニートになっている人の中には、自分のことだけを考えていれば良いという人も多いのではないでしょうか?

もし、支えなければならない人が身の周りにいるとしましょう。そうなると、 ニートになっていられないのではないでしょうか?

自分が働かなければ、家族の生活が破綻してしまうという状況であれば、 必死に働こうとするでしょう。自分のことだけを考えていれば良い状況に置かれると、 ニートになりやすいと言えるでしょう。 

まとめ

いかがだったでしょうか? ニートになる人の傾向は以下になります。

親に頼れる・自信が無い

危機感がない・行動力がない

生きがいがない・性格に難がある

周囲のせいにする・学校でいじめに遭った

人間関係で傷つきやすい・自分のことだけ考えていれば良い

ニートになる人は、頼れる環境があるということ、 考え方の問題があること、人間関係における問題という大きな三つの問題があるでしょう。 一日でも早く今の状態から抜け出したいと思うのであれば、家の中から学んだり働くことを考えることが一番ではないでしょうか?特にお金を稼げるようになると、自分に自信を持てるようになる場合が多いのではないでしょうか? 

コメント

タイトルとURLをコピーしました