敵を作る人10の特徴・診断

人生

敵を作る人10の特徴・診断

ピゴシャチ
ピゴシャチ

どういう訳か敵ばかり作る人がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。本人に悪気がなくても、結果としてそうなるのであれば、困ったものだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

敵を作る人の特徴・診断は以下になるよ。

敵を作りやすい 診断 

以下の質問に答えることで敵を作りやすい 度合いが分かります。

 

Q1.攻撃的な言動をすることが多いと思う。

Q2.生意気な態度を取ることが多いと思う。

Q3.空気を読めない言動・態度が多いと思う。

 

Q4.自慢することがよくある。

Q5.人にマウントを取ることが多い。

Q6.人から喧嘩を売られたら聞き流せない方だ。

 

Q7.わがままなタイプだと思う。

Q8.人の考えに歩み寄る方ではなない。

Q9.気配りをする方ではない、またはできない。

Q10.恨みを買う事をよくする。

 

該当個数・・0-1個。敵を作りやすい度合いは低いでしょう。

該当個数・・2~3個。敵を作りやすい度合いは中程度でしょう。

該当個数・・4個以上。敵を作りやすい度合いは高いでしょう。

敵を作る人の特徴

攻撃的な言動をする

敵を作る人は攻撃的な言動が多いと思うわ。

「攻撃的な言動をする」のは敵を作る人の特徴の一つです。

世の中には、どういうわけか攻撃的な言動をする人がいます。職場などで、やたらと敵を作るタイプの性格がきつい女性がいないでしょうか?

本人にとっては普通なのかもしれませんが、聞いている方からすると、凄くトゲのある言い方をされて頭にくることも多いでしょう。

このようなタイプの人は、 本人に自覚はなくても、知らず知らずの間に敵を作ることになるのではないでしょうか? 

味方が多い人はあまり攻撃的な言動をしないことが多いでしょう。

生意気な態度をとる

敵を作る人の特徴の一つは「生意気な態度をとる」です。

昔のやり方や考え方が、現代でも通用するということは少なくなってきているのかもしれません。ですが、マナーなどは時間が経っても一定の考え方が存在するのではないでしょうか?

例えば、会社の上司が部下に向かって挨拶をしたとしましょう。その時に無視をすればどうでしょうか?生意気な奴だと思われるのが普通ではないでしょうか?

また、会議中に上司が話をしているにも関わらず、肘をついて話を聞いていれば、 同じように生意気な奴だと思われるかもしれません。

その結果、知らず知らずの間に敵を作ることになっているかもしれません。 

空気が読めない

敵を作る人は空気が読めない人が多いと思うよ。

「空気が読めない」のは敵を作る人の特徴の一つです。

学校や職場などでは、協調性を求められることが多いのではないでしょうか?元々持って生まれた性格なのか、育った環境のためなのか、空気が読めない人や周りが見えない人が一定数いるでしょう。

「どうしてこんな場面でそんなことを言うのだろう?」という人がいないでしょうか?このような人が、変わり者と思われている間は良いかもしれません。ですが、周囲の人間関係によっては、敵対行動と解釈されるかもしれません。 

自慢する

敵を作る人の特徴の一つは「自慢する」です。

人間は、多かれ少なかれ妬みや嫉妬という感情を持っているでしょう。自分の職場や学校などで、妬みや嫉妬の感情が強い人がいるでしょう。

そのような人たちの前で、自慢するようなことがあると、敵をおのずから作るものではないでしょうか?

やたらとモテる女性などが、同性からいじめられたりすることなどがありますが、自慢が原因となる場合も少なからずあるでしょう。 

マウントをとる

「マウントをとる」のは敵を作る人の特徴の一つです。

負けず嫌いな人などに多いですが、いちいち話をする度にマウントを取ろうとする人が多いのではないでしょうか?

「どうしてこんなところでマウントを取るのかな?」という事が増えると、そのうち相手にされなくなるか、敵を作ることとなるでしょう。

このような人が面倒なのは、相手にするのが面倒なので距離感を取ろうとすると、寂しがったり急に優しくなったりすることでしょう。 

聞き流せない

敵を作る人の特徴の一つは「聞き流せない」です。

世の中には様々なタイプの人がいるものです。こちらにその気はなくても、相手から喧嘩を売られたりすることもあります。

そのような時に、聞き流せる人と聞き逃せない人で大きな差が生まれるのではないでしょうか?売られた喧嘩をスグに買い、相手を粉砕したとしましょう。粉砕した時は一種の清涼感のようなものを感じますが、それは相手に恨みを買い敵を作ることにもなりかねません。 

わがまま

わがままばかり言っていると、敵が増えると思うな。

「わがまま」なのは敵を作る人の特徴の一つです。

本人にその気はなくても、いつのまにか人から敵視されてしまう人がいます。このような人は大抵、わがままであることが多いのではないでしょうか?

人間は誰でもわがままな一面を持っているのかもしれません。ですが、大抵の人は一過性のものでしょう。ですから、あまりわがままな人だと思われることはないでしょう。

ところが、いつでもわがままで勘違いしている人がいるものです。例えば、わがままな女性です。あまりの傍若無人に「あのわがままな女 疲れるわ・・」と陰口を叩かれることも頻繁にあるでしょう。

このような人は「あの人は一体何様なの?」と知らず知らずの間に思われ、そして敵視されてしまうのです。 

歩み寄りがない

敵を作る人の特徴の一つは「歩み寄りがない」です。

自分の考えや個性を大切にしたいものです。ですが、時には 人に歩み寄る姿勢も必要なのではないでしょうか?

いつも 自分の意見や感情を相手にぶつけてばかりいると、やがて敵視されることもあるでしょう。近所の人とトラブルを頻繁に起こすおばさんなどは、歩み寄りができない人も多いのではないでしょうか?

相手と状況に応じて、歩み寄れる部分はそうする方が無難ではないでしょうか?

気配りができない

ちょっとして気配りが出来るかどうか?で状況が大きく変わることもあるわね。

「気配りができない」のは敵を作る人の特徴の一つです。

ちょっとした気配りが、学校や職場の人間関係に良い影響を与えることがあるものです。これは裏を返せば、ちょっとした気配りができないだけで、人間関係に悪影響を与えることを意味します。

昔、すごく性格が良くて誰とでも仲良くできるタイプの女性が、一人の女性を敵視していました。理由を聞いてみると、この女性はペットを亡くしたそうなのですが、 敵視されることとなった女性が、亡くなった犬の話を繰り返ししたことが原因だったようです。

ちょっとした気配りができないことが原因で、敵を作ってしまう人は多いでしょう。 

恨みを買うことをする

敵を作る人の特徴の一つは「恨みを買うことをする」です。

敵を作る人は、人から恨みを買うことも多いのではないでしょうか?本人にその自覚はなくても、気づかない間にそうしてしまっているのです。

たとえば、わがまま放題好き勝手が許される家で育ったとしましょう。そのような人が、世間の常識を知らない状態で学校や職場に行くと、知らず知らずの間に上から目線で話す人となっていたり、 家で許されているわがままぶりをそのまま発揮し、 いつのまにか恨みを買ってしまうのです。 

まとめ

いかがだったでしょうか?敵を作る人の特徴は以下になります。

攻撃的な言動をする・生意気な態度をとる

空気が読めない・自慢する

マウントをとる・聞き流せない

わがまま・歩み寄りがない

気配りができない・恨みを買うことをする

周囲に合わせ過ぎて、自分の個性がなくなってしまうのが問題ですが、敵をわざわざ作っても良いことはあまりないでしょう。 敵を作りやすい人には様々な特徴があるものです。自分の周囲に敵を作る性格の人がいたら、その人の悪い特徴を参考にし反面教師とすると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました