読解力のある子10の特徴

人生

読解力のある子10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

読解力がある子とない子がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。小さい頃から難しい本を読むことが出来る子もいれば、高学年になっても簡単な文を理解できない子もいるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

読解力のある子の特徴は以下になります。

読解力のある子の特徴

本を沢山読む

娘は小さい頃から本を沢山読んできたおかげで、読解力が身についたと思うわ。

「本を沢山読む」のは読解力のある子の特徴の一つです。

全ての子供がそうであるとは限りませんが、読解力のある子供は大抵の場合、本を沢山読む傾向があるのではないでしょうか?

親が子供に「本を読みなさい」と強制しなくても、自発的に本を楽しんでいる傾向があるでしょう。読めば読むほど、様々なことを知ることができて面白いのかもしれません。人間は楽しみながら学んだことは身につきやすいものです。

また、知識が増えると喜びが湧くのと同時に、理解力が上がるでしょう。そうすると、さらに本を読みたくなるでしょう。

本を沢山欲しがる

読解力のある子の特徴の一つは「本を沢山欲しがる」です。

読解力がある子供は、本を沢山欲しがることも多いのではないでしょうか?「何を買って欲しいの?」と親が尋ねた時に「本が欲しい」と答えるケースも多いでしょう。

親が本を買い与えても読まない子供もいる一方で、読解力のある子供は沢山の本を欲しがり、読書に耽ることが多いでしょう。

もし子供が沢山の本を欲しがるのであれば、自分のお小遣いを削ってでも子供に買ってあげたいものです。

国語の成績が良い

国語の成績が良かったのは、小さい頃の読書のおかげだと思うよ。

「国語の成績が良い」のは読解力のある子の特徴の一つです。

読解力のある子供は大抵、国語の成績が良い事が多いでしょう。それは当たり前といえば当たり前かもしれません。

国語の成績が良くなるためには、文章を読んで理解する必要があります。読解力が高い子供にとっては、あまり勉強しなくても国語で点数を取るのは非常に簡単なことかもしれません。

国語力はありとあらゆる科目の基礎になるので、国語が得意な子供は得でしょう。

本を速く読める

読解力のある子の特徴の一つは「本を速く読める」です。

本を早く読める人と読めない人がいるものです。これは大抵の場合、物事を読んで理解するスピードが高いかどうかではないでしょうか?

本を速く読む人10の特徴

文章を読み理解することができると、論理展開がわかるようになります。そうすると、論理に沿って文章を読むことになるので、本を早く読むことが可能になります。読解力が高い子供ほど、有利なのは言うまでもないでしょう。

物事を理解する力が高い

「物事を理解する力が高い」のは読解力のある子の特徴の一つです。

様々な概念を理解するためには、理解力が高い子供ほど有利でしょう。読書経験が豊富で日常的に知識を蓄えている子供は、そうでない子供と比べて、物事を理解するスピードと理解の深さに差が出るのは不思議ではありません。

もし子供に物事を理解するためのスピードを上げさせたいのであれば、日常的に読解力を高める訓練が必要になるでしょう。

1日で身に付くものではないかもしれませんが、毎日しっかり読書している子供とそうでない子供では時間が経過するにつれて大きな差となるでしょう。 

人の話を理解することが出来る

読解力のある子の特徴の一つは「人の話を理解することが出来る」です。

読解力の高い子供は、多くの本を読んでいる場合が多いものです。沢山の本を読むということは、それだけ多くの人と会っていることと同じ状態になります。そうすると、様々な人の話を理解することに役に立つでしょう。

多くの人がいれば、それだけ多くの言葉遣いや表現方法があります。読解力が低ければ、様々な言葉遣いや表現方法を理解することは難しくなることでしょう。逆に高ければ、相手の話を自分なりの言葉に置き換えて理解できるはずです。

未知の事でも自習できる

塾になんか通ったことがないけれど、それは自分で本を読んで理解する力があったからだと思うわ。

「未知の事でも自習できる」のは読解力のある子の特徴の一つです。

たまに子供であるにも関わらず、一人でインターネットに書かれている情報や自分で本を読みながら未知のことを学ぶことができる場合があります。

このような子供は大抵の場合、読解力が高いケースが多いでしょう。読解力があまりなければ、それらの情報を読んでも理解することができない場合が多いでしょう。結果として、未知のことを自習することは難しくなるでしょう。

これからの世の中は、未知の事柄を自ら解決していかなければならないことが増えるでしょう。そうなると、小さな頃から読解力を鍛えておく方が得だと言えるでしょう。

漢字を沢山知っている

読解力のある子の特徴の一つは「漢字を沢山知っている」です。

漢字をたくさん知っている子は、日常的に漢字の練習をしていることもあるかもしれませんが、それと同時に、読書量の問題もあるでしょう。読解力が高い子供は、どんどん本を読み進めることができます。そうすると、それだけ沢山の漢字に出会うことができます。

結果として、漢字を知らず知らずの間にたくさん覚えているというケースも多々あるでしょう。読解力が高い子は、漢字習得にも有利といえるでしょう。

表現力が豊か

表現力が豊かと言われるけれど、それは読書のおかげだね。

「表現力が豊か」なのは読解力のある子の特徴の一つです。

読解力が高い子は読書量が増え、豊富な語彙を身につけることが多いでしょう。結果として、豊富な語彙力は豊かな表現力に繋がることでしょう。

ボキャブラリーが少ない子供は、一つの概念を一つの表現でしか表せないことになるかもしれません。一方で語彙力が豊富な子供は、一つの概念を複数の表現で表すことができる可能性が高いでしょう。

分かりやすい文章を書ける

読解力のある子の特徴の一つは「分かりやすい文章を書ける」です。

読解力が高い子供は、そうでない子供と比べて分かりやすい文章を書けることが多いのではないでしょうか?

読解力の高さは、自分で作文をした時にも役に立つはずです。自分が書いた文章を客観的に見つめ、分かりにくいところはより解り易い表現に書き換えることができるでしょう。読解力が低い子供は、自分の書いた文章が解り易いか解りにくいか?も判断することが難しいことでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか? 読解力のある子の特徴は以下になります。

本を沢山読む・本を沢山欲しがる

国語の成績が良い・本を速く読める

物事を理解する力が高い

人の話を理解することが出来る

未知の事でも自習できる

漢字を沢山知っている

表現力が豊か・分かりやすい文章を書ける

読解力が高ければ、様々なメリットを享受することができると言えるでしょう。小さな頃から読解力を鍛えることで、時間が経過すればするほど様々な恩恵を受けることができるのではないでしょうか?更に、読解力は人生を豊かに生きる上での一つの助けとなるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました