八つ当たりする人12の特徴

人生

八つ当たりする人12の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

八つ当たりする人は困った存在だね。

イタチ
イタチ

そうだね。周りの迷惑は困るね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

八つ当たりする人の特徴は以下になるよ。

八つ当たりする人の特徴

ストレスが多い

「ストレスが多い」のは八つ当たりする人の特徴の一つです。

身の回りに八つ当たりをする人はいないでしょうか?会って話をする度に、必ず八つ当たりをするような人がいます。いつもそんな話ばかりされると、だんだん会いたくなくなってくるものです。

八つ当たりする人は大抵、ストレスが多いのではないでしょうか?いつも会社で上司の言うことを我慢して聞いたり、お客さん相手に仕事をしている人は、嫌な客などで、ストレスが溜まっていることでしょう。そうすると、どこかでそのストレスを発散したいと思い、八つ当たりをすることもあるでしょう。

相手を見極める

八つ当たりする人は、相手を見極めるところがズルイと思うわ。

八つ当たりする人の特徴の一つは「相手を見極める」です。

八つ当たりする人がずるいところは、 八つ当たりする人を選ぶ点でしょう。八つ当たりしても、自分が相手から反撃されないことを知っているのです。

例えば、 家庭内で八つ当たりされてばかりという人の話を聞いたことがあります。母親からも父親からもよく八つ当たりされたのだそうです。

この人は男性だったのですが、 非常に心優しい人だったのです。母親も父親も、この息子に対してはついつい甘えてしまっていたのと同時に、反撃されないことをよく理解していたのでしょう。

正論を言われるとキレる

「正論を言われるとキレる」のは八つ当たりする人の特徴の一つです。

八つ当たりする人が嫌いなのは、相手から正論を言われることでしょう。淡々と正論を伝えられると、八つ当たりしている自分の不甲斐なさに落胆したり、 プライドを傷つけられたりすると感じるのでしょう。そのような時は、 キレてごまかす人になるでしょう。

相手がキレた時であっても 冷静でいると、エスカレートしたり、手が出てくることさえあるかもしれません。 気をつけなければならないでしょう。

本当の自分を押し殺して生きている

偽りの自分を演じていると、ストレスが溜まり、どこかで爆発させたくなると思うわ。

八つ当たりする人の特徴の一つは「本当の自分を押し殺して生きている」です。

八つ当たりする人の中には、本当の自分を押し殺して生きている人も多いのではないでしょうか?例えば、お酒を飲めば八つ当たりする人がいます。普段はニコニコしているのにも関わらず、お酒が入ると八つ当たりするタイプの人は、普段のニコニコした表情は偽の姿なのかもしれません。

愛想よく振る舞うことを心がけ、本当の気持ちを押し殺しているのでしょう。押し殺したものは、やがてそれをどこかで発散されなければ、どうにもならなくなるものです。

自分に自信がない

「自分に自信がない」のは八つ当たりする人の特徴の一つです。

自分に自信がある人は、決して誰かに八つ当たりしないでしょう。八つ当たりする人はたいてい、自分に自信がない場合が多いでしょう。

例えば、仕事でうまくいかない時に、妻に八つ当たりする夫がいるでしょう。「どうせ俺なんか、仕事もできないダメ人間さ」などと妻に文句を言った時に、妻から「そんなことないわよ」などと 励ましの言葉をもらっても「お前に何が分かる!」などと八つ当たりするケースがあるでしょう。自分の自信のなさが、わずかな励ましでは解消されないからでしょう。

自分でも悪いのは知っている

八つ当たりする人の特徴の一つは「自分でも悪いのは知っている」です。

八つ当たりする人を見ていると、本人も「人に八つ当たりをするのは良くない」ということを自覚している場合も多々あるでしょう。ですが、そうは思っていてもコントロールできない人が多いのではないでしょうか?

ストレスのレベルは高かったりすると、自覚している悪い部分を抑えようという気持ちよりも、 発散したいという気持ちの方が強くなってしまうのかもしれません。あまりにも頻繁に、八つ当たりされることで困っている場合は、接触頻度を減らすのが一番でしょう。

寂しい

「寂しい」のは八つ当たりする人の特徴の一つです。

八つ当たりする人は、 寂しさを感じる場合もあるでしょう。例えば、会社で中間管理職の人は、上司からも嫌われ、部下からも嫌われるため孤立感が半端ないということもあるでしょう。

そして、本来はリラックスできるはずの我が家が、思春期真っ只中の子供から反抗されたり、ストレスが溜まった妻から攻撃されて、家庭内でも孤立しているということもあるでしょう。そうすると、 八つ当たりすることで、その寂しさを表現しようという場合もあるのではないでしょうか?

喧嘩口調

喧嘩口調で周囲に当たると迷惑だね。

八つ当たりする人の特徴の一つは「喧嘩口調」です。

八つ当たりする人は、 喧嘩口調で話をするものです。 普通に伝えれば良いものを、相手を怒らせるような形で伝える喧嘩腰の人が多いでしょう 。

例えば、リモコンをテーブルから取って欲しい時に「リモコンを取って」と伝えれば良いものを「リモコン!!」などと喧嘩口調で話すものです。頼まれた方は「そんな頼み方があるのか?」と思い立腹するでしょう。相手はあえて喧嘩口調で伝え、八つ当たりしているのでしょう。 

相手に甘えている

「相手に甘えている」のは八つ当たりする人の特徴の一つです。

八つ当たりする人の中には、相手に甘えている人もいるのではないでしょうか?例えば、自分の気持ちを相手に察して欲しいというタイプの女性がいるものです。

このような人は、自分が思っている思いを相手に伝えることができません。 本当は「ストレスが多い中、お仕事ご苦労様」などと声をかけて欲しいのに、声をかけてもらえなかったりすると、八つ当たりするケースもあることでしょう。相手に甘えているのでしょう。

調子に乗っている

八つ当たりをする人は、見方を変えれば調子に乗っているのかも。

八つ当たりする人の特徴の一つは「調子に乗っている」です。

八つ当たりする人は、考え方によっては調子に乗っているとも言えるでしょう。八つ当たりされる人を見ていると大抵の場合、話を聞いてくれそうな人や受け入れるのが上手な人、または弱者であったりするものです。

こういう人たちを選んで八つ当たりするということは、調子に乗っているのではないでしょうか?いつも八つ当たりされて困るという人は、 一度思いっきり「八つ当たりするな!」と怒鳴ってやっても良いかもしれません。

文句が多い

「文句が多い」のは八つ当たりする人の特徴の一つです。

八つ当たりする人を見ていると、文句ばかり言っているものです。文句を言うことが習慣みたいになっている人もいるのではないでしょうか?

文句を言ったからといって、自分の抱えている問題は決して解決されないのですが、鬱積したストレスを、一時的にでも文句を言うことによって解消するのでしょう。その文句の矛先が他人に向き、相手にキレ始めることで八つ当たりという形になるのでしょう。

ストレスの発散方法を知らない

とにかくストレスを溜めないことが肝心だね。

八つ当たりする人の特徴の一つは「ストレスの発散方法を知らない」です。

人間誰しも何らかのストレスを抱えているものです。ストレスを抱えていても、 必要以上に悩んだり八つ当たりしないで済む人もいます。一方で、八つ当たりして、ストレス発散しようとする人もいます。

この違いはどうして生まれるのでしょうか?前者は、八つ当たりをしなくてもストレスを発散する方法を実践できているのかもしれません。一方で後者は発散方法を知らないのかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか? 八つ当たりされる人の特徴は以下になります。

ストレスが多い・相手を見極める

正論を言われるとキレる

本当の自分を押し殺して生きている

自分に自信がない

自分でも悪いのは知っている

寂しい・喧嘩口調・相手に甘えている

調子に乗っている・文句が多い

ストレスの発散方法を知らない

八つ当たりされる人の中には、優しすぎる人もいるものです。八つ当たりされても受け流したり、じっと耐える人がそういった人になることが多いでしょう。ですが、 酷い場合には、一度声を大にして言う必要もあるでしょう。八つ当たりすることが習慣になると、本人にとっても周りにとっても不幸なことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました