旦那に愛されていない可能性が高い15のケース

人生

旦那に愛されていない可能性が高い15のケース

ピゴシャチ
ピゴシャチ

旦那に愛されていないな・・と感じる女性も多いのでは?

イタチ
イタチ

きっと多いと思うな。世の中寂しさで潰されそうな女性が多いと思うな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

旦那に愛されていない可能性が高いケースにはどのようなものがあるかな?

旦那に愛されていない可能性が高いケース

旦那が浮気をする

旦那さん浮気しているかも・・

旦那に愛されていない可能性が高いケースは「旦那が浮気をする」です。

確かに女性好きな男性もいるものです。結婚後に浮気を少しでもしたことがある人などは、広い世間にごまんといることでしょう。

ですが、妻を愛していれば、どこかのタイミングで最終的には妻のところで落ち着くはずです。ですが、これがいつまでも定まらない状態であれば、妻に対する愛は、もはやない可能性が高いでしょう。

旦那が浮気したら どうする?10の対処法

妻の誕生日を忘れる

「妻の誕生日を忘れる」のは旦那に愛されていない可能性が高いケースです。

たまたま目の前の事に追われていて誕生日を忘れていることなどは誰しもあることかもしれません。ですが、相手の誕生日の日付を思い出せなくなると完全にアウトでしょう。

もう頭から妻と言う言葉も消えているかもしれません。妻に対する興味がもはやなく、結婚生活もマンネリ化しているのかもしれません。

結婚記念日を忘れる

結婚記念日を忘れているみたいだよ・・

旦那に愛されていない可能性が高いケースは「結婚記念日を忘れる」です。

毎年楽しく結婚記念日の祝い方を考える、仲がいい夫婦もいるでしょう。ですが、一方でそうでない夫婦もいるものです。知り合いに「結婚記念日を忘れた」という人がいます。妻の事が嫌いで「どうしてあんな奴と結婚したのかわからない」とよく言います。

結婚記念日を仕事が忙しくて忘れる人はよくいるでしょう。しかし上記の人は「書類を取り寄せないと籍を入れた日を思い出せない」のだそうです。

この状態になれば、奥さんは、もはや愛されていないでしょう。

旦那が暴言を吐く

「旦那が暴言を吐く」のは旦那に愛されていない可能性が高いケースです。

「うるせーな黙っていろ。」「お前消えろ」このような攻撃的な言葉遣いを聞くと誰しも落ち込むのではないでしょうか?暴言は暴力の一形態です。憂さ晴らしで、そうすることもあるかもしれません。いずれにしても、暴力に変わりはありません。

夫の意地悪に苦しめられる妻10の特徴

このような言葉が日常的に妻に向けられるようになったら、妻への愛はないかもしれません。愛する人にそのような言葉を使うことはできないからです。

旦那が暴力を振るう

昨日も殴られたな・・

旦那に愛されていない可能性が高いケースは「旦那が暴力を振るう」です。

「職場に青あざを作って現れた同僚がいてビックリしたんだ。あれは多分DVだよ。状況が状況だから、心配はしていたけれど、声をかけてあげることも出来なくてね・・」と女性から聞いたことがあります。

旦那さんが奥さんを愛していれば、喧嘩することはあるにしろ、暴力を振るうことなどないでしょう。

腕力でねじ伏せるような行動を相手が取り始めたら愛はないと言っても良いでしょう。

妻への感謝の言葉が一言もない

 

「妻への感謝の言葉が一言もない」は旦那に愛されていない可能性が高いケースです。

毎日の食事の用意、洗濯など身の回りの世話をしてくれている奥さんに対して感謝の気持ちを伝えなくなると、愛されていない可能性が高いかもしれません。もちろん全てがそうだと言う訳ではありません。

ですが「ありがとう」はおろか「この料理うまいな」などと一言何か感謝が感じられる言葉が旦那の口から出なくなり感謝しない人になっていれば、かなりまずいのではないでしょうか?

義理の親の前で妻の悪口を言う

どうして、こうも頻繁に義理の両親の前で悪口ばかり言われるのだろう・・。

旦那に愛されていない可能性が高いケースは「義理の親の前で妻の悪口を言う」です。

旦那の実家に妻と行った時などに妻に関して冗談を言う事はあるかもしれません。これは仲がいい証拠でしょう。ですが、悪口を言うと危険信号でしょう。愛されていないのかもしれません。

「こいつは俺が飯を食わしているのに、家事をキチンとやらないどうしようもない奴なんだ」などと見下した物言いで悪口を言い、義理の両親が奥さんをかばうこともなければ、かなりまずい状況でしょう。

愛されていないことは明白では無いでしょうか?

話をしたがらない

「話をしたがらない」のは旦那に愛されていない可能性が高いケースです。

妻の顔をみても〝おはよう〟の一言もない・・ 食事をしていて話をしても「うん」「そうだね」このような返答しかない・・ などという夫婦がいるのではないでしょうか?

夫と会話がない時10の対処法

妻への愛があれば、どんなに忙しくとも、疲れていようとも話を少しはしたがるでしょう。ですが、それが無いと言う事は、もはや愛が無いのかもしれません。

メールに対して返信がない

ずっと返信こないな・・お願いしているのに・・

旦那に愛されていない可能性が高いケースは「メールに対して返信がない」です。

何か用事があってメールをしても既読スルー・・ 返信をお願いしても返信がない・・ このような状況は危険信号でしょう。

妻のメール内容にうんざりしていることもあるかもしれません。ですが、妻に対して愛があれば「帰宅したら話をしよう」などと一言あるのではないでしょうか?

プレゼントされなくなった

「プレゼントされなくなった」は旦那に愛されていない可能性が高いケースです。

結婚当初から贈り物を交換する習慣がないカップルは、別に気にすることはないかもしれません。問題は、結婚した頃はちょっとしたプレゼントをくれたのに、今は全くくれなくなった・・というケースです。勿論、家庭でお金がかかる時期などがあれば、そんなことをする余裕がなくなるケースもあるでしょう。

ですが、そんな財政状況でもないのに、旦那がよそよそしい状態で、プレゼントをくれなくなった時は危険信号でしょう。

家庭を顧みなくなった

主人は家庭を顧みなくなったわ・・

旦那に愛されていない可能性が高いケースは「家庭を顧みなくなった」です。

平日は朝から晩まで仕事を毎日クタクタになるまでするというのは、よくある状況かもしれません。ですが、土日にも家に仕事を持ち込み家族に対して関心が感じられなくなった時は、もう妻に対する愛情も無いのかもしれません。

もちろん仕事には繁忙期があるものです。そんな時は家で仕事をする時もあるでしょう。ですが、一年中そんな状態の時は、家庭生活に嫌気がさし、仕事で紛らわしているのかもしれません。

旦那が笑顔をくれなくなった

「旦那が笑顔をくれなくなった」は旦那に愛されていない可能性が高いケースです。

自分の愛する妻が目の前にいれば、笑顔を見せることはあるでしょう。もちろん、結婚生活が長期に及べば、新婚の時ほど旦那が妻に頻繁に笑顔を見せることはなくなるかもしれません。ですが、愛があれば、時折笑顔になることはあるでしょう。

妻の顔をみても、いつも無表情で笑顔の時間が皆無になれば、もはや愛は無いかもしれません。

旦那が休みに一人で外出したがる

休みの日に旦那はどこへ行くのだろう?

旦那に愛されていない可能性が高いケースは「旦那が休みに一人で外出したがる」です。

平日はヘトヘトになるまで働き、土日は家でゆっくりしていたいと思っても、妻の小言や愚痴を聞かされたりするとうんざりする人もいるでしょう。

そんな時旦那さんは一人で外出することを好むようになるかもしれません。

妻への愛情が少しでも残っていれば、小言や愚痴も多少は聞き一緒に出かける事もするものではないでしょうか?

勝手にすれば という言葉が増えた

「勝手にすれば と言う言葉が増えた」は旦那に愛されていない可能性が高いケースです。

「息子の学校の事どうする?」などと旦那さんに相談した時に「勝手にすれば」などと返事が返ってきたら寂しいものでしょう。

「勝手にすれば」「好きにすれば」などと、相手の決断を尊重するのではなく、決断に関心がない時は、妻に対する旦那からの愛はないのかもしれません。

旦那が自分の部屋に閉じ籠ってばかりいる

いつも部屋に籠ってばかりだわ・・・

旦那に愛されていない可能性が高いケースは「旦那が自分の部屋に閉じ籠ってばかりいる」です。

妻と顔を合わせたくないけれど、離婚も出来ないというケースもあるかもしれません、そんな時に一番手っ取り早い方法の一つは、自分の部屋に閉じ籠っていることでしょう。

部屋にパソコンがあったり、本などがあれば、わざわざリビングに行く必要もなく、妻の顔をみる必要もないものです。

もし旦那が部屋にずっと閉じ籠ることがあれば、危険信号でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?旦那に愛されていない可能性が高いケースは以下になります。

 

旦那が浮気をする・妻の誕生日を忘れる

結婚記念日を忘れる・旦那が暴言を吐く

旦那が暴力を振るう

妻への感謝の言葉が一言もない

義理の親の前で妻の悪口を言う

話をしたがらない・メールに対して返信がない

プレゼントされなくなった・家庭を顧みなくなった

旦那が笑顔をくれなくなった

旦那が休みに一人で外出したがる

勝手にすれば という言葉が増えた

旦那が自分の部屋に閉じ籠ってばかりいる

 

一度は愛し合い結婚した夫婦でも時間が経過するに伴い、愛が冷めてしまうこともあるかもしれません。愛を感じられなくなるのは悲しいものです。話し合いをしたりすることも大切ですが、それでもうまく行かない時は離婚を決断する時かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました