感謝しない人10の特徴

人生

感謝しない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

先日、妹さんを持つお姉さんが〝妹は何でも当たり前だと思って感謝の気持ちが無いんだ〟と悲しんでいたのを目撃したよ。

イタチ
イタチ

それは悲しいね。お姉さんは妹さんの為に陰ながら支えたりしていたのかもしれないね。気持ちはわかるよ。やはり感謝の気持ちは大切だね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

感謝しない人にはどのような特徴があるかな?

感謝しない人の特徴

甘やかされて育っている

・・・。

息子を甘やかし過ぎたと反省しているわ。

感謝しない人の特徴の一つは「甘やかされて育っている」です。

小さい頃から何不自由なく、全てのことを母親、父親にしてもらい甘やかされ続け育っている人がいます。

自分で出来ることを自分でやろうという意思もなく、人にやって貰うことが当たり前になって生きている人です。時折、やって貰えない事があれば、それを不満に思い逆切れをしたりします。社会人になってもそのような事をする人もいます。常識的な人から見ると、首をかしげるタイプの人かもしれません。

そのような状態では、感謝しないことがあっても不思議ではありません。

周囲にシッカリ者がいる

「周囲にシッカリ者がいる」は感謝しない人の特徴の一つです。

感謝しない人の周りには、大概しっかり者がいるものです。両親、兄弟、親戚友人などが堅実な人であることが多いものです。

このように常に安定した人がいると、感謝をしない人は、さして努力しなくても頼る事が出来る人がいるため安心です。つまり、依存して何でもやって貰える保証が手に入るのです。

このような環境が常にあれば、それを当たり前だと感じ、感謝の気持ちは湧かなくなるでしょう。

自己中心的

自己中心的な人が苦手だわ。本人に悪気はないのかもしれないけれど・・

感謝しない人の特徴の一つは「自己中心的」です。

感謝というのは、他者との関係をシッカリ意識出来ている人が持つ感覚ではないでしょうか?

「あの人が自分に〇〇してくれた」「自分が同じ立場ならこんなことはしないのに、〇〇さんは私にこうしてくれた」など自分と相手の関係をシッカリ意識出来ている人ほど、感謝の気持ちが湧くでしょう。

ところが、自分を中心として考える視点しかなければ、相手が自分にしてくれた事に対してありがたみが湧く事などまずないでしょう。身勝手な人に感謝の気持ちが欠けていても不思議ではありません。

プライドが高い

「プライドが高い」人は感謝しない人の特徴の一つです。

人に感謝の気持ちを表すことは素晴らしいことであるはずです。ところが、捻くれ者はそうした気持ちを表すことを敗北であると考えます。

相手に「ありがとう」と言い、場合によっては頭を下げることが負けであると感じるのです。プライドが高いとこのような気持ちになってしまうかもしれません。

感謝の気持ちを表すことは勝ち負けではありません。無用なプライドは捨て去った方が良いでしょう。

自立していない

感謝の気持ちを忘れている時があるわ。自分が自立していないからだわ。

感謝しない人の特徴の一つは「自立していない」です。

大人になってからも、人からの援助に依存する事が当たり前となっている自立していない人がいます。

自立していない女性10の特徴

例えば、どこかに出かける時に交通費もかけたくない、労力も使いたくないので自分の親や兄弟にスグに電話で呼びつけ目的地まで運転させるような人がいます。

このような人はそのような行為を当たり前と考えているものです。精神的、経済的に自立していない人です。依存する事が根底にあるので、感謝の気持ちなど感じられないのかもしれません。

人に依存しない人からすると、考えられない状況かもしれません。

ありがたみがわからない

「ありがたみがわからない」のは感謝しない人の特徴の一つです。

毎日ご飯を食べている時に、感謝の気持ちを忘れていることが誰にでもあるのではないでしょうか?それは、ご飯を食べることが出来ることが当たり前だと無意識に思っているからではないでしょうか?

冷静に考えると、世界には毎日の食事にありつけない人も沢山いるものです。ですから毎日ご飯を食べるられることは本当にありがたい話です。

何もしなくとも手に入るものに対しては、人はありがたみを忘れてしまうものです。感謝しない人は、自分が手にしているもの、人がしてくれた事に対してありがたみを心から感じていないのでしょう。

苦労していない

若い頃に苦労したことで、人に対する感謝を本当の意味で学べたよ。

感謝しない人の特徴の一つは「苦労していない」です。

感謝の気持ちが一番感じられるのは、自分が困っている時ではないでしょうか?自分がピンチの時に助け船を出してくれた人には感謝の気持ちが大抵の人には湧くでしょう。

もし苦労する経験が人よりも少なければどうでしょうか?感謝の気持ちを体感するのが難しいのではないでしょうか?

例えば、社会人になり、毎日忙しいために自炊が出来なく、母親の温かいご飯が家にあった頃を思い出す時があるものです。この状態になって初めて、感謝の気持ちが湧くものです。食事作りの苦労という体験がなければ、そんな状況は理解出来ないでしょう。

身の周りの感謝しない人の中には、そういったささやかなものも含めて、苦労をしないでこれまで生きてきた人もいるかもしれません。

人を見下している

「人を見下している」は感謝しない人の特徴の一つです。

お店に買い物に行った時などに、時々店員さんなどに横柄な態度や攻撃的な言動をする人がいます。決して〝ありがとう〟などと言わないタイプの人達です。

これは人を見下しているからではないでしょうか?〝自分は客だ。こちらの方が立場が上だ〟などと勘違い野郎になってしまえば、相手に感謝の気持ちなど持つことなどないでしょう。

たかる人間

たかる人間になると、感謝の気持ちなんて持てないだろうな。

感謝しない人の特徴の一つは「たかる人間」です。

何か欲しいものがあれば、家族の誰かを呼び出し「これ欲しいな。買ってよ。」などとおねだりする人がいます。こんな時は買ってくれる人に対して、おべっかを使い相手の気分を良くするお調子者になったりもします。日常的にそのようなことを繰り返すものです。

このような人にとっては、たかる相手が自分の欲求を満たしてくれる便利な存在にしか映っていないでしょう。結果として感謝しなくなるのも無理はないでしょう。

相手の心理を理解していない

「相手の心理を理解していない」は感謝しない人の特徴の一つです。

ちょっとした感謝の言葉が不足しているだけで、家族のような親しい間柄であっても、例えば兄弟が仲悪い状態になってしまうこともあります。

感謝しない人の中には、相手の心理を理解していない人がいます。相手の心に対する想像力が欠けている時があるものです。それが感謝の言葉や姿勢の欠如に繋がるでしょう。

親しい人に対しても、過敏になる必要はないかもしれませんが、相手が何か自分の為にしてくれた時には「相手はどのような気持ちだろう?」「相手はどのような言葉をかけて欲しいだろう?」と想像してみることが大切かもしれません。

〝「ありがとう」と一言かけてくれることを相手は期待しているだろう〟と思うのであれば、そうしてみると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?感謝しない人の特徴は以下になります。

 

甘やかされて育っている・周囲にシッカリ者がいる

自己中心的・プライドが高い・自立していない

ありがたみがわからない・苦労していない

人を見下している・たかる人間

相手の心理を理解していない

 

感謝の気持ちを忘れると、人間はダメになってしまうのではないでしょうか?私達は、常日頃、身近な人から多くのサポートを受けているはずです。今一度、そのような人達に対して感謝の気持ちを持ってみることが大切でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました