離婚を決意した瞬間10選!

人生

離婚を決意した瞬間10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

離婚する人が増えているね。知り合いにも多いよ。

イタチ
イタチ

離婚し幸せになるのであれば、良い決断だと思うね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

知り合いから聞いた、離婚を決意した瞬間は以下になるよ。

離婚を決意した瞬間

愛を感じなくなった

愛を感じなくなった時に、私は離婚を決意したわ。

「愛を感じなくなった」のは離婚を決意した瞬間の一つです。

結婚をした時には、愛が溢れる家庭にしたいと誰しも思うことでしょう。それが時間の経過と供に薄れてくることが多いのではないでしょうか?どのような時に愛を感じなくなるのかは個人差があるでしょう。

例えば、毎年必ず誕生日になるとプレゼントをくれていたのにも関わらず、ある時を境にくれなくなった・・という時に愛を感じなくなる人もいるでしょう。冷めてしまった愛は、なかなか温め直すのは難しいものではないでしょうか?

子供に手を上げた

離婚を決意した瞬間の一つは「子供に手を上げた」です。

子供というものは、愛の結晶であると言って良いでしょう。一部の毒親などは別として、自分の子供は可愛いものです。かけがえのないものでしょう。そのような我が子に対して、配偶者が手を上げるようになれば 、多くの人は離婚を決意することとなるのではないでしょうか?

子供が大きくなった時ももちろんのことですが、子供が抵抗することができない小さい時に、配偶者がそのようなことをすれば、離婚したいと思うのは当然かもしれません。

自分のお金に手を付けた

自分がコツコツ貯めたお金に手を付けられた時、もう許せないと思ったわ。

「自分のお金に手を付けた」のは離婚を決意した瞬間の一つです。

お金にだらしない人がいるものです。配偶者がギャンブルなどでお金にだらしなくて困っている人も多いでしょう。 お金にだらしない人は他人からお金を借りたりするだけではなく、配偶者のお金に手をつける時もあるのではないでしょうか?

独身時代にコツコツと貯めたお金をギャンブルなどに勝手に当てられ、発狂したくなるケースもあるでしょう。また、子供の将来の教育資金のために貯蓄しておいたお金が、同じように使われてしまう場合も離婚を決意したくなる時ではないでしょうか?

一緒に居て疲れるようになった

離婚を決意した瞬間の一つは「一緒に居て疲れるようになった」です。

一緒にいて心地良い人とそうではない人がいるものです。配偶者が家にいるだけで、神経が疲れてしまうというケースもよくあるのではないでしょうか?

例えば、ちょっとした事に関して細々と文句をつけるパートナーであれば、だんだん家にいるのも辛くなってくるでしょう。家は安らぎの場であるにも関わらず、そうならなくなった時は離婚を決意する瞬間となっても不思議ではないでしょう。

暴力を振るうようになった

「暴力を振るうようになった」のは離婚を決意した瞬間の一つです。

腹が立つと暴力を振るったり、配偶者が口答えなどをするとすぐにパンチが飛んできたり、蹴り飛ばす暴力的な人もいるものです。

精神的にコントロールできなくなると暴力を振るうタイプの人は、半分病気だと言っても過言ではないでしょう。このような人はよほど決意しない限り、治ることはないのではないでしょうか?

日常的に暴力を振るわれ、怪我までするようになれば、離婚したいと思うのも当然でしょう。

考え方が違い過ぎると感じた

離婚を決意した瞬間の一つは「考え方が違い過ぎると感じた」です。

考え方が違い過ぎると離婚になっても不思議ではないでしょう。例えば、 自分は我が子を立派な職業に就かせたいと思い教育が最優先だと考えるとしましょう。一方でパートナーが教育に関心があまり無いタイプであれば、どこかで妥協しなければ喧嘩ばかりになるのではないでしょうか?

自分が考えることと配偶者の考え方に大きな違いがあり、その違いを話し合いなどにより埋めることができなければ、離婚することになる場合もあるでしょう。

未来を不安に思った 

元妻の言動と行動から未来を不安に思い、離婚を決意したよ。

「未来を不安に思った」のは離婚を決意した瞬間の一つです。

いくら相手の事は好きであっても、相手とこのまま人生を歩むと大変なことになると危機感を覚えることもあるのではないでしょうか?

例えば、配偶者がお金にだらしない人で、何度も何度も借金を重ね、その埋め合わせを自分がしなければならなくなると、老後生活などで大変な思いをすることになると想像するのは当然でしょう。

人生を一緒に歩み、お互いを向上させて行けるのであれば良いかもしれませんが、相手が足を引っ張られる人であり続ければ、離婚を決意する瞬間になるのではないでしょうか? 

言葉の暴力が酷い 

離婚を決意した瞬間の一つは「言葉の暴力が酷い」です。

身体的な暴力はもちろんのことですが、言葉の暴力も大きなダメージを与えるものです。普段は良い人であるにも関わらず、怒り出すと言葉の暴力がひどくなったり、酒に酔った勢いで暴言を吐く人がいるものです。

しっかりと話し合って約束したにも関わらず、何度も何度も約束が反故にされ言葉の暴力が長期間に及べば、ダメージは身体的なものを上回ってしまう時もあるのではないでしょうか?そんな時が離婚を決意する瞬間となることもあるでしょう。

浮気を知った

夫の浮気を知って離婚しかないと思ったわ。

「浮気を知った」のは離婚を決意した瞬間の一つです。

離婚の原因として一番多いのは浮気ではないでしょうか?配偶者の浮気に関して寛容であるという人もいるかもしれませんが、大抵は許せないものではないでしょうか?

自分が愛する人が他の異性に触れられているかと思えば、吐き気すらしてくるものではないでしょうか?また、浮気は自分に対する裏切り行為です。この裏切りを簡単に許すことなどできないでしょう。

もう許すことができないと思った時は、離婚の時なのではないでしょうか?

態度が変わった

離婚を決意した瞬間の一つは「態度が変わった」です。

離婚の原因の一つとして、配偶者の自分に対する態度の違いを挙げる人もいるでしょう。「昔はこんな時こうしてくれたのに・・」などと相手に対して思うことがあるでしょう。

そういった不満が小さい時は、問題はないかもしれませんが、その不満が大きくなり、どこかでガス抜きができなければ 、いつか爆発してしまうことでしょう。

爆発が大喧嘩だけで終われば良いかもしれませんが、そうならない時には離婚となるでしょう。

このページに興味がある方にオススメのページ

不仲な夫婦14の特徴

仲のいい夫婦13の特徴・診断

結婚生活 うまくいかない夫婦15の特徴

旦那の様子が変な時に注目するべきこと10選!

旦那に愛されていない可能性が高い15のケース

旦那がよそよそしい10の理由

旦那が嫌い どうすれば?10の解決策

夫の意地悪に苦しめられる妻10の特徴

夫の冷たい言葉10選!

家に帰りたくない夫が考える10の理由

旦那がストレスで離婚したくなる11の理由

略奪女10の特徴

まとめ

いかがだったでしょうか?離婚を決意した瞬間は以下になります。

愛を感じなくなった・子供に手を上げた

自分のお金に手を付けた

一緒に居て疲れるようになった

暴力を振るうようになった

考え方が違い過ぎると感じた

未来を不安に思った ・言葉の暴力が酷い

浮気を知った・態度が変わった

一度愛し合った二人が離婚を決意するのは悲しいことでしょう。離婚を決意する前にまずしっかりと話し合いをすることが大事になるでしょう。ですが、話し合いをしても状況は改善されない時は離婚を決意するべき時かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました