妻を大事にしない夫15の特徴・診断

人生

妻を大事にしない夫15の特徴・診断

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

夫婦仲は平和な家庭生活にとって重要だね。

イタチ
イタチ

そうだね。夫婦両方が支えあって生きるのだから、関係が悪くなると悲しいね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

妻を大事にしない夫の特徴・診断は以下になるよ。

妻を大事にしない夫 診断 15項目チェック!

妻を大事にしない夫 診断

以下の質問に答えることで、妻を大事にしない夫 度合いが分かります。

 

Q1.浮気が何度もある。

Q2.暴力が日常的だ。

Q3.妻に対する尊敬を感じない。

Q4.妻である自分を見下していると思う。

Q5.夫は自分が悪いにも関わらず謝らない。

 

Q6.夫の言葉の暴力が酷くて日常的だ。

Q7.家事を手伝う事はほぼない。

Q8.夫に色々と尽くしているにも関わらず労いの言葉が全くない。

Q9.夫は自分のことしか考えない。

Q10.お金さえ稼げば文句はないだろう!という態度・言動である。

 

Q11.命令口調で話すことが多い。

Q12.夫は自分を支配したがる。

Q13.夫からのいじめがよくある。

Q14.自分が真剣に話しているのに聞こうとしないことが多い。

Q15.何かミスをしたらクドクドと咎める。

 

該当個数・・3個以下。妻を大事にしない夫 度合いは低いでしょう。

該当個数・・4~6個。妻を大事にしない夫 度合いは中程度でしょう。

該当個数・・7個以上。妻を大事にしない夫 度合いは高いでしょう。

妻を大事にしない夫の特徴

浮気をする

夫が私に隠れて浮気をしていたわ。

「浮気をする」のは妻を大事にしない夫の特徴の一つです。

妻のことを心から愛していたり大事に思っている場合には、浮気はしないyoうのではないでしょうか?たとえ目の前に魅力的な女性が現れたとしても、理性で思いとどまることができるでしょう。

夫婦の愛が強いカップルの場合は、本当に強力なものです。魅力溢れる女性が現れて、夫が揺さぶられることがあったとしても急ブレーキがかるのです。

一方で、夫婦愛という言葉すら忘れてしまったカップルの場合は、絆は実に弱いのです。愛のない夫婦 特徴の一つでしょう。

そんなカップルの夫は、そのような女性が現れた時に、ブレーキがかからなくなってしまう場合も多々あるのです。それはやはり妻を大事にしていない証ではないでしょうか?

略奪女10の特徴

浮気がバレた時に妻がどのように思うか?悲しむのではないか?という思いが欠けている証拠ではないでしょうか?

他の女に取られる人10の特徴

暴力を振るう

妻を大事にしない夫の特徴の一つは「暴力を振るう」です。

世の中には非常に凶暴な人もいるものです。以前、人から聞いたことがある話ですが、その人の職場に、時々顔に青いアザがある状態で現れる女性がいたのだそうです。周囲は家庭内暴力だと認識していたそうです。

夫が妻に暴力を振るうようになったとすれば、それは妻を大事にしていないと当然ながら見なされるでしょう。

身体的なダメージを与えるようになったとすれば、これは夫婦関係でかなり深刻な状況でしょう。 リコカツする時かもしれません。

妻を尊敬していない

妻を非常に尊敬しているよ。

「尊敬していない」のは妻を大事にしない夫の特徴の一つです。

夫が妻を大事にしない場合、夫が妻を尊敬していないことが非常に多いのではないでしょうか?仲の良い夫婦の場合、相手の長所をしっかりと認識し、感謝の気持ちを表していることが多いものの、そうでない場合、相手の粗探しばかりすることになりがちです。

夫が妻の悪いところばかり指摘し、良いところに目を向けなくなった場合、尊敬の気持ちもなくなってしまうでしょう。尊敬の気持ちがなくなれば、大事にしなくなったとしても不思議ではありません。 

性格が合わない夫婦10の特徴

妻を下に見ている

妻を大事にしない夫の特徴の一つは「妻を下に見ている」です。

不仲な夫婦は大抵、必ずどちらかがもう一方のことを下に見ている傾向があるものです。それは相手のことを大事に思っていない証拠でしょう。

もし夫が妻のことを下に見ている場合、 それは妻に対する愛情がなかったり、大切にしたいという気持ちが薄まってきているからでしょう。 夫婦の間で上下関係が発生してくると、これは後々大きな問題となる場合が多いでしょう。 

悪くても謝らない

「悪くても謝らない」のは妻を大事にしない夫の特徴の一つです。

時々意地っ張りな人がいるものです。自分が悪いと認識していればすぐに謝れば良いものですが、 そうすることができないという人がいます。

妻を大事にしない夫は、たとえ自分が悪いことをしたとしても、妻に対して謝罪しない場合が多いでしょう。いくらプライドがあるとしても、 自分のプライドよりも妻の方が大切ではないでしょうか?

自分が悪いことをしたにも関わらず、自分のプライドの方が優先されるのは変な話です。 

言葉の暴力が酷い

妻を大事にしない夫の特徴の一つは「言葉の暴力が酷い」です。

身体的な暴力ももちろんですが、言葉の暴力が酷い場合にも、夫が妻を大事にしていないと言えるでしょう。夫が酷いことを言った時に、傷つかない妻などいないでしょう。また、それが分からない夫もいないでしょう。

分かっていながらそれをするということは、夫が妻のことを大事に思っていないからでしょう。 日常的な言葉の暴力が酷くなると、関係を継続していくのは難しくなるのかもしれません。 

家事を手伝わない

夫がもう少し家事を手伝ってくれたら良いのに・・

「家事を手伝わない」のは妻を大事にしない夫の特徴の一つです。

現在は夫婦共働きという家庭も多いでしょう。たとえ子供がいなかったとしても、夫婦共働きの状況では、お互いに家事を分担し協力し合う姿勢がなければ、 とちらか一方が非常に疲れてしまい、毎日 クタクタになるでしょう。

妻が疲弊しているにも関わらず、夫が全く家事を手伝おうとしないのであれば、妻を大事にしていない証拠とみなされても仕方がないのではないでしょうか?

妻に全ての家事を押し付け、後々病気にでもなったりすれば取り返しがつきません。 

労いの言葉がない

妻を大事にしない夫の特徴の一つは「労いの言葉がない」です。

うまくいっている夫婦は大抵、お互いに労いの言葉をかけることが多いのではないでしょうか?「ごはん美味しかったよ。どうもありがとう。」などと、日常生活の中でちょっとした労いの言葉をかけるかどうか?で関係は良くも悪くも変わるでしょう。

妻を大事にしない夫は、このような労いの言葉が不足している可能性があります。もし自分が不足ていることを認識している場合は、今日からでも労いの言葉をかける方が良いでしょう。 

自分のことしか考えない

夫が自分のことしか考えなくなって、夫婦関係が悪化するのはよくある話かもしれないね。

「自分のことしか考えない」のは妻を大事にしない夫の特徴の一つです。

時々、自分の趣味などに没頭して、家庭を放置する夫がいるものです。夫は自分のことしか頭にないのでしょう。本来は一人暮らしに向いている人なのかもしれません。 それで夫婦関係や家庭がうまくいっているのであれば問題はありません。

ですが、それで夫婦関係に歪みが生じているのであれば、一刻も早い改善が必要です。 夫婦関係や家庭がうまくいっていないにもかかわらず、話し合いもせず、改善しようという姿勢が見られないのであれば、離婚を決意する時なのかもしれません。 

お金を稼げば良いと思っている

妻を大事にしない夫の特徴の一つは「お金を稼げば良いと思っている」です。

夫が外で働き妻が家を守るという形をとっている家庭もたくさんあるでしょう。このような夫婦関係では、 夫がお金を一生懸命稼ごうとするのは当然のことです。

ですが、だからといって、お金を稼げばあとは何をしても良いのか?という訳ではないでしょう。妻を大事にしない夫の中には、お金を稼ぎさえすれば後は何でも良い、という昔のような考え方をしているケースも多いでしょう。

命令口調

命令口調で言われるだけで、嫌な気分になるわ・・

「命令口調」なのは妻を大事にしない夫の特徴の一つです。

命令口調で相手が接してくると、不快感を覚えるのは当然ではないでしょうか?夫から常に命令口調であれこれ言われれば、妻は「私は大事にされていない」と思うことでしょう。

例えば、夫が急に出張することになったとしましょう。この時に「明日出張。出張の用意をしておけ。」と言われるのと「育児お疲れ様です。明日急遽出張で泊まりになっちゃった。育児で大変なところ申し訳ないけれど、出張の用意お願い出来ないかな?」と言われるのでは、どちらが不快に思うか?は言うまでもないでしょう。

命令口調の夫は、妻を大事にしていないと思われるでしょう。 

支配したがる

妻を大事にしない夫の特徴の一つは「支配したがる」です。

外を歩いていたりすると、妻を支配したがっているような印象を受ける夫がいるものです。誰かを支配したがるような気分にはならない人が、このようなタイプの夫を見ていると、少し不快な気持ちになったり、相手の奥さんを不憫に思ってしまうことでしょう。

妻の立場で、日頃からそのように感じている人も多いのではないでしょうか?夫が支配しようとすればするほど、妻は遠ざかってしまうのです。

家庭内でいじめをする

どうして夫は私をいじめるのかな・・?

「家庭内でいじめをする」のは妻を大事にしない夫の特徴の一つです。

夫が働いていれば、仕事の上でのストレスというのは確かにあるでしょう。ストレスを解消するには様々な方法がありますが、質が悪いのはそのストレスの解消を家庭内でいじめをする形で発散するケースです。

妻を陰湿のやり口でいじめる夫もいることでしょう。こうなってくると、家庭生活は非常に困難なものになるのではないでしょうか?

また妻の立場からすると、自分が大事にされていないと思ってしまうのも無理はないでしょう。 

妻の話に耳を傾けない

妻を大事にしない夫の特徴の一つは「妻の話に耳を傾けない」です。

妻が子育てで忙しかったりすると、色々と不安な事や不満が出てくるでしょう。

例えば、人間関係構築があまり上手ではない妻が、子供の関係でよそのママ達と交流しなければならなくなったりするでしょう。そうすると、色々と不満が出てくるものです。

このような時に話を聞かないで、適当に相槌などを打っていると、妻の立場からすれば「私は大事にされていない」と思うことでしょう。

必要以上にミスを咎める

必要以上にミスを責め立てる必要はないわね。

「必要以上にミスを咎める」のは妻を大事にしない夫の特徴の一つです。

人間誰しもミスがあるものです。 ミスを寛大に許せるかどうか?で人としての器の大きさか試されるのではないでしょうか?

例えば、 妻が皿洗いをしている時に、夫が大事にしているコーヒーカップを割ってしまったとしましょう。 意図的に割ったのであれば、怒られるのは当然かもしれませんが、そうでないのであれば仕方がないのではないでしょうか?

にもかかわらず、いつまでもそれを咎めるような夫は、妻を大事にしていないのかもしれません。

このページに興味を持った方にオススメのページ

男を見る目がない 診断 

離婚した方がいい夫婦 チェック

妊娠中 旦那が嫌いになる10の理由

家族にだけキレる旦那10の特徴

 

まとめ

いかがだったでしょうか?妻を大事にしない夫の特徴は以下になります。

浮気をする・暴力を振るう

妻を尊敬していない・妻を下に見ている

悪くても謝らない・言葉の暴力が酷い

家事を手伝わない・労いの言葉がない

自分のことしか考えない・お金を稼げば良いと思っている

命令口調・支配したがる・家庭内でいじめをする

妻の話に耳を傾けない・必要以上にミスを咎める

どんな夫も、結婚した当初は妻に対して愛情をもっていたり、大切に思っていたのでしょう。ところが、時間の経過や何かの事件を契機に、妻に対する愛情を感じられなくなる人もいるのでしょう。もし、夫が自分の過ちに気づき関係を改善したいと思うのであれば、本気で努力をしなければならないでしょう。ですが、それが出来ないのであれば、夫婦関係は終わりではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました