難癖をつける人の心理10選!

人生

難癖をつける人の心理10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

難癖をつける人が少なからずいるね。そんな心理を理解できない人も多いと思うね。

イタチ
イタチ

世の中には様々な人がいるからね。だけど、そんなことばかりしていたら、いつか痛い目に遭うと思うけど。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

難癖をつける人の特徴は以下になるよ。

難癖をつける人の心理

この人なら大丈夫

難癖をつける人は、必ずターゲットを決めていると思うわ。

「この人なら大丈夫」は難癖をつける人の心理の一つです。

難癖をつける人はずるい人であることが多いものです。それは必ず相手を選んでいるからです。

もし難癖をつけて大変な目に遭わされると分かっている人には、決してそのようなことはしないでしょう。難癖をつけても大丈夫な人だと思っているからそうするのです。

ずるい人 末路は?長期的にも得をするのか?

相手を選びそうするのは、根本がずるい人であるからです。真面目な人ほど痛い目にあわされるものです。 ですが、そこで怯んではいけません。 

ずるい人 対処法10個の方法

自分もされている

難癖をつける人の心理の一つは「自分もされている」です。

難癖をつける人の中には、自分がそうされているからという人も多いのかもしれません。例えば、嫌われるおばさんなどの中には、非常に性格が悪くて難癖をつけたがる人がいるものです。

このような人の中には、家庭生活がうまくいかず不仲な夫婦関係になっていたりして、夫からいつも難癖をつけられている人も多いでしょう。その怒りやストレスを他の人にぶつけて解消したがるのです。

これでこの人は満足するのかもしれませんが、やられた方は一生覚えているものです。 いつか思わぬところで足を引っ張られたり復讐されて痛い目にあうことでしょう。 

脅せばこっちのもの

脅せばこっちのものと考える悪い人も多いと思うわ。

「脅せばこっちのもの」は難癖をつける人の心理の一つです。

難癖をつける人は「脅せばこっちのもの」と思っているケースもあるでしょう。時々強い口調で難癖をつけて困らせる人がいるものです。このような人は相手を選んだ上で、気が弱い人をターゲットにして好き放題やるものです。そして気が弱い人はこのような人に屈してしまいがちです。

自分は気が弱くてそのようにされるタイプだと思うのであれば「絶対ここだけは譲れない」というポイントを明確にし、意地でも譲らない覚悟が必要です。 

気が弱い人の生き残り方11の方法

幸せそうで許せない

難癖をつける人の心理の一つは「幸せそうで許せない」です。

世の中には、他人の幸せを喜べない人や許せないという人も多いのではないでしょうか?個人個人の考え方があるので、思ったように生きることが一番幸せだと思うのですが、それでも自分と他の人を比較し劣等感が強い人がいるものです。

そのような人は、自分よりも上だと思う人が幸せで仕方がないのでしょう。例えば、自分は結婚したいと思っているにも関わらず出来ていない人は、結婚し幸せな家庭を持っている人は許せなかったりするのです。そんな時には、難癖をつけたくなるでしょう。 

ストレスを発散したい

「ストレスを発散したい」のは難癖をつける人の心理の一つです。

世の中にはたくさんのストレスを抱えてる人がいるものです。自分の好きなことをやったり趣味でストレスを発散できている人は、毎日楽しい時間を過ごしていることでしょう。ですが、そのような人は数少ないでしょう。大抵はモヤモヤしながら生きているものです。

そんな心の中のストレスを誰かにぶつけることで、解消しようとする困った人もいるものです。難癖をつける人がいたら、“ストレスをたくさん抱えている可哀そうな人”だと思えば、少しは納得できるでしょう。 

いい思いをしやがって

難癖をつける人の心理の一つは「いい思いをしやがって」です。

自分があまり楽しいと思えない仕事を朝から晩まで毎日 クタクタになるまで働いているものの、あまり高いサラリーをもらっていないとしましょう。

一方で友人は、仕事を楽しみながらそれなりの労働環境で楽しそうに働いているとしましょう。このような状況に自分が陥っているのを客観的に見た時に「いい思いをしやがって」という心理が湧き出てくることでしょう。こうなると、難癖をつけたくなる人も多いのではないでしょう? 

人を馬鹿にしやがって

性格がねじ曲がっている人の中は、勝手に馬鹿にされていると思い込む人もいるから面倒だわ。

「人を馬鹿にしやがって」は難癖をつける人の心理の一つです。

難癖をつける人の中には、性格が捻じ曲がっている人もいるものです。このような人は「人を馬鹿にしやがって」 と思っているケースもあるでしょう。 例えば、笑顔で「おはようございます」と挨拶をしたとしても「自分の方が若くても早く出世しているから人を馬鹿にしている」と思い込む人もいるものです。そのように人から馬鹿にされたと思う人は、 難癖をつけて攻撃したがる場合もあるでしょう。

こちらの方が立場が上だ

難癖をつける人の心理の一つは「こちらの方が立場が上だ」です。

難癖をつける人の中には小心者であるものの人一倍高いプライドの持ち主の人もいるのではないでしょうか?

例えば組織に入って働くと、自分よりも出身大学のレベルが低い人がスイスイと出世することもあります。一方で、いわゆる難関大学を卒業しているにも関わらず出世街道から外れてしまった人もいるものです。

このような人の中には、自分の方が立場が上だと思っている手前、いつのまにか立場が逆転しまった事が許せなくなり、難癖をつけたくなる心理が湧くこともあるでしょう。

余計な手間を取らせるな

手間を取らせることが多い人は、難癖をつけたがる人から狙われることが多いと思うな。

「余計な手間を取らせるな」は難癖をつける人の心理の一つです。

会社などで仕事をしていると、テキパキと仕事をこなすことができる人とそうではない人がいます。通常であれば半日もかからない仕事を、要領が悪くて何日もかかるタイプの人がいます。

その上、このような人に限ってミスが多く、フォローしなければならないことも多いのではないでしょうか?せっかちな人からすれば、このような人はイライラさせる対象ではないでしょうか?いつもこのようなことばかりしている同僚に腹が立ち「余計な手間ばかり取らせるな」という思いから難癖をつけたくなる人も多いでしょう。

自分の感覚と違うから腹が立つ

難癖をつける人の心理の一つは「自分の感覚と違うから腹が立つ」です。

世の中には、 自分の親兄弟を含めて誰一人自分の感覚と同じ感覚を持っている人はいません。「自分だったらこうするのに・・」「自分だったらこのような時にそんなことは言わないだろうに・・」などと、自分と感覚が違う人を見てイライラすることも多いのではないでしょうか?

たまに会うのであればまだしも、日常的にこのような人と接することが多い場合、思わず難癖をつける人も多いのではないでしょうか? 

まとめ

いかがだったでしょうか?難癖をつける人の心理は以下になります。

この人なら大丈夫・自分もされている

脅せばこっちのもの・幸せそうで許せない

ストレスを発散したい・いい思いをしやがって

人を馬鹿にしやがって・こちらの方が立場が上だ

余計な手間を取らせるな・自分の感覚と違うから腹が立つ

難癖をつける人が身近にいると非常に厄介でしょう。可能な限り関わらない方がいい人です。ですが、学校で勉強をしていたり仕事をしていると、そうも行かなくなる場合もあるでしょう。そんな時には、完全ではないかもしれませんが相手の心理を理解することで、少し自分の気が楽になるかもしれません。難癖をつける人がいても、必要以上に悩まずストレスをためないようにしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました