エネルギーが落ちてる時10の特徴

人生

エネルギーが落ちてる時10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

エネルギーが落ちていると感じる人がいるね。

イタチ
イタチ

見るからにそうだという人が確かにいるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

エネルギーが落ちてる時の特徴は以下になるよ。

エネルギーが落ちてる時の特徴

表情が悪い

エネルギーが落ちると表情も自然に悪くなりがちね。

エネルギーが落ちてる時の特徴の一つは「表情が悪い」です。

「この人は意地悪そうだな」「優しそうな人だ」などと人のことを判断することがあるものです。 人を判断する根拠には様々なものがありますが、相手の表情から判断することが多いのではないでしょうか?

もし誰かがエネルギーが落ちている時にも、それが表情になって表れるものです。エネルギーが落ちている時は、暗い表情をしていたり、なんとも憂鬱な表情をしていることが多いでしょう。 

人に文句を言う

「人に文句を言う」のはエネルギーが落ちてる時の特徴の一つです。

人に文句ばかり言う人がいるものです。話をすればほとんど人の文句を言っている人がいないでしょうか?

「〇〇はたまたま運が良かっただけなのに・・」「こんな会社辞めてやる」「〇〇はちょっとお金を持っているからいい気になって・・」などと、会う人や目につくものに対して文句ばかり言う人です。

このような人は、元々持って生まれた気質もあるのかもしれませんが、置かれている環境などによってストレスを受け、エネルギーが落ちている場合も多々あるでしょう。 

人に厳しくなる

人にやたらと厳しい人は、エネルギーが無いように感じるな。

エネルギーが落ちてる時の特徴の一つは「人に厳しくなる」です。

最近は世の中が色々と厳しくなったので、上司が部下にプレッシャーをかけるようなことをすれば、パワハラ認定されることが多いでしょう。ですからパワハラは昔よりは少ないのかもしれません。

ですが、それでもやはり「この上司はきつい人だな・・」と思う事もあるのではないでしょうか? 人はエネルギーが落ちると、心に余裕がなくなり人に対して優しくなれない場合が多いのではないでしょうか?結果として人に厳しく当たるようになってしまうのです。 

ネガティブになる

「ネガティブになる」のはエネルギーが落ちてる時の特徴の一つです。

物事は考え方次第でポジティブにもネガティブにもなれるのではないでしょうか ?例えば、自分が長年愛用している食器が壊れたとしましょう。この時に「ずっと大切に使ってきたけれど、役目を終えたのだ。欲しかった新しいものを買おう」と前向きに考えるポジティブにな人もいれば、「長年愛用していたものが壊れた・・何か不幸が起きる兆候だ」などとネガティブになる人もいるでしょう。

エネルギーが落ちている時には、物事を客観的に考えることができずに、否定的に捉えることが増えるでしょう。

やる気が起きない

エネルギーが落ちてる時の特徴の一つは「やる気が起きない」です。

どんなに体力がある人でも、疲れるとやる気が起きなくなるものです。これは、肉体的な疲労がある場合も勿論ですが、 精神的に疲れている時も同じではないでしょうか?

もし多少肉体的に疲れている時でも、心がエネルギーでいっぱいの状態の時には、多少きつい状況に置かれている時でも弱音を吐かずに頑張ることができるものです。

一方で、肉体的には何ら問題がなかったとしても、精神的に落ちている時にはやる気が全く湧かなくなるでしょう。

人と関わりたくなる

「人と関りたくなる」のはエネルギーが落ちてる時の特徴の一つです。

学生時代に仲が良く定期的に集まっていたものの、時間の経過とともにその数がだんだん減ってくるという場合があります。その理由には様々なものがあるものです。

例えば、子育てが忙しく参加出来なかったり、親の介護で余裕がない場合もあるでしょう。 そのような理由で、クラス会に行きたくない人がいるのはよくある話です。

また、その他のよくある理由の一つに、劣等感や自分の置かれている境遇が原因でエネルギーが落ちている状態となり、人と関わりたくなくなる場合も多いのではないでしょうか?そのような人には連絡を入れても、既読スルーされてしまいうことがあるものです。

同じような人が集まる

自分の境遇が悪い時は、同じように境遇の悪い人ばかり集まることが多いね。

エネルギーが落ちてる時の特徴の一つは「同じような人が集まる」です。

「類は友を呼ぶ」と言います。 人間は良くも悪くも磁石の様に何かを引き付ける力を持っているのではないでしょうか?

もし自分が好調の時には、同じように好調な人達と集まりたいと思うのではないでしょうか?一方で、もし自分が不調な時には同じように不調な人達と集まりたいと思うことでしょう。

エネルギーが落ちている時には、同じようにエネルギーが落ちている人が自分の周りに集まることが多いでしょう。 

不幸な出来事が起きる

「不幸な出来事が起きる」のはエネルギーが落ちてる時の特徴の一つです。

不幸を呼ぶ女と呼ばれる人がいるものです。このような人は、不幸な出来事を吸い寄せる力を持っている厄介な存在でしょう。

自分のエネルギー状態が落ちていて、人に会えば文句を言い、人に厳しくなり、物事に対して前向きに挑戦する気にもなれず、同じような人しか 周りにいない状態になれば、良い出来事が起きるほうがが不思議ではないでしょうか?

負の連鎖を断ち切れない限り、同じような状況がしばらく続くこととなるでしょう。 

不幸な出来事が気になる

自分が不幸な時は、人の不幸に意識が言っていたわ。

エネルギーが落ちてる時の特徴の一つは「不幸な出来事が気になる」です。

他人の幸せを喜べない人がいるものです。そのような人は、不幸な出来事を気にしている場合が多いのではないでしょうか?

実際に私が聞いたことがある話ですが、Aさんには娘さんがいたのですが、短大を中退しフリーターをやっていました。娘さんは楽しんで生活していたようですが、Aさんは娘のそのような状態に肩身が狭いと思っていたようです。

ちょうどその頃、Bさんという長年の知り合いの息子さんが会社を辞めたのだそうです。そうすると、Aさんは事あるごとにBさんに「息子さん何をしているの?」と聞くようになったのだそうです。

Bさんの息子さんは、まもなく自分の会社を立ち上げ成功したのだそうです。そうすると 、A さんからは全く連絡が来なくなったのだそうです。

エネルギーが落ちている状態の時には、不幸な出来事が気になり、幸福な出来事を素直に喜べなくなることが多いのではないでしょうか? 

自分に自信を持てなくなる

「自分に自信を持てなくなる」のはエネルギーが落ちてる時の特徴の一つです。

自信過剰な人は勘違い野郎と思われることが多いですが、本人は幸せな場合が多いのではないでしょうか? 自分に自信を持っているが故に、 人からどのように思われようと、それなりに楽しく暮らすことが出来るからです。 エネルギーが高い状態にあると言えるでしょう。

一方で、世間一般から見ればかなり恵まれていたり評価されている人であっても、エネルギーが落ちていて、自分に自信が持てなくなり生きづらさを感じて暮らしている人もいるものです。

今現在自分に自信がない時は、気づかぬ間にエネルギーが無くなっている兆候かもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?エネルギーが落ちてる時の特徴は以下になります。

表情が悪い・人に文句を言う

人に厳しくなる・ネガティブになる

やる気が起きない・人と関わりたくなる

同じような人が集まる・不幸な出来事が起きる

不幸な出来事が気になる・自分に自信を持てなくなる

毎日快適に暮らすためには、肉体的に健康であるのと同時に、心にもエネルギーが必要でしょう。 自分がエネルギー不足の状態にある兆候を感じたら、無理をせずに精神的にリラックスすることを心がけたり、自分が心からわくわくすることを積極的にする必要があるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました