劣等感が強い人の10の特徴

人生

劣等感が強い人の10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

自信過剰も良くないけれど、劣等感の塊になるのも良くないね。

イタチ
イタチ

そうだね。劣等感が強くなると、人生暗くなると思うわ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

劣等感が強い人の特徴は以下になるよ。

劣等感が強い人の特徴

過去の失敗を引きずる

何をやっても失敗ばかりしてきたから、良い事なんてこれからもないです。

「過去の失敗を引きずる」のは劣等感が強い人の特徴の一つです。

劣等感が強い人は、過去の失敗を引きずっていることが多いのではないでしょうか?人間誰でも失敗をするものですが、劣等感を感じる人とそうでない人との差は、過去の失敗を引きずるかどうかが多分に関係してくるのではないでしょうか?

例えば、結婚生活がうまくいかず離婚したとしましょう。そのような時に、離婚を失敗や汚点と捉え引きずってしまうと、次の恋愛に進むことが出来なくなります。

そして「どうせ自分は平穏な結婚生活をするのは無理なのだ」などと諦めてしまうケースも多いのではないでしょうか?

〇〇だったらと言う

劣等感が強い人の特徴の一つは「〇〇だったらと言う」です。

劣等感が強い人は「〇〇だったら」と言うことが多いのではないでしょうか? 例えば、昔の同級生との集まりなどでは、案外平凡だと思われた人が出世したりしていることが分かり驚くものです。

そんな時に、学生時代は優秀だと思われた人が強烈な劣等感を持っている場合があります。優秀ではあったものの、人生の選択を間違ったりすることがあれば不遇な状況になるのは別に不思議な話ではないでしょう。

例えば、新卒採用の時に、A社、B社、C社と三つの会社から内定をもらっていたとしましょう。その時分に一番良いと思ったA社に入社したものの、不運なスキャンダルの為に経営が傾き、以後その影響を受け続けているというケースです。

そんな時に「俺はあの時A社を選んでいなければ、今頃は・・」などと、強い劣等感を持ちながら話をする人も多いのではないでしょうか? 

人への悪口が多い

劣等感が強い人は、人への悪口が増えて厄介者になることが多いと思うわ。

「人への悪口が多い」のは劣等感が強い人の特徴の一つです。

劣等感が強い人ほど、人への悪口が多いのではないでしょうか?例えば、金銭面に関して劣等感を持っている人がいるものです。

本当はお金がすごく欲しいものの、自分の思うように手に入れることができなくて、それを楽々と手にしている人を目の前にした時に「物ばかり持っていても仕方ないわよね・・」などと、人に悪口や嫌味を言う人は多いのではないでしょうか? 劣等感がなければ、そんなことなど言わないでしょう。

自分を持ち上げる 

劣等感が強い人の特徴の一つは「自分を持ち上げる」です。

人から見れば能力的にすごく優れている人の中にも、2つのタイプがいます。やたらと自分のことを持ち上げる人とそうでない人です。

前者は、心の中の何処かに劣等感を持っていることが多いのではないでしょうか?例えば、金銭的に満たされていても、家庭がうまくいっていなくて、精神的には満たされていない・・などという人もいるでしょう。

そのような人の中には、自分の事を持ち上げることによって、心の中の足りない部分を満たそうとするのではないでしょうか? 

人と比較ばかりする

「人と比較ばかりする」のは劣等感が強い人の特徴の一つです。

劣等感が強い人ほど、人との比較ばかりするケースが多いのではないでしょうか?冷静に考えてみれば、世の中には自分よりも優れている人もたくさんいる一方で、そうでない人もたくさんいるものです。

上の人と比較ばかりし、自分が足りないものに焦点を当ててしまうと、劣等感が沸々と湧いてくるのではないでしょうか?自分がどう生きるか?ということに焦点をあてている人は、あまり劣等感を抱かないのではないでしょうか?

嘘を頻繁につく

劣等感が強い人の特徴の一つは「嘘を頻繁につく」です。

劣等感が強い人の中には、嘘を頻繁につく人も多いのではないでしょうか?例えば、本当はお金持ちではないのに「私はお金持ちだ」などと嘘を言う子供がいます。

このような子は、自分の家が経済的に潤っていないことを自覚しているのでしょう。そして、それに対して人一倍コンプレックスを持っている場合が多いのではないでしょうか? 自分が経済的に何不自由なければ、そんなことは言わないはずです。

人を見下す

人を見下してばかりいる人は、劣等感の塊だと思うな。

「人を見下す」のは劣等感が強い人の特徴の一つです。

人間誰しも人を見下す瞬間があるはずです。ですが、それは一過性であることが多いのではないでしょうか?

一方で、いつも人を見下す人がいます。このような人は大抵、劣等感が強い人が多いのではないでしょうか? 自分が実は取るに足らない存在であることを認識しており、いつも劣等感を持っているからこそ、人を見下す言動や行動を取る場合が多いのではないでしょうか? そうでなければ、劣等感に押しつぶされるのでしょう。

悩み相談ばかりする

劣等感が強い人の特徴の一つは「悩み相談ばかりする」です。

人間誰しも悩みを抱えているものです。そのような時には、人に相談するのが一番でしょう。ですが、一つだけ困ったことがあります。「どうせ自分は〇〇なんだ」などといつも相談する人です。

このような人は、劣等感の塊なので話を何時間も続けたり、話を聞かなければ一方的に関係を切ったりする、実に面倒な人である場合も多々あるものです。

悩み相談ばかり聞いていると、エネルギーを奪われてしまう場合もあるでしょう。

褒められると過剰に喜ぶ

褒められると嬉しいけれど、過剰に喜ぶとあまり良いことはないと思うな。調子に乗って足元をすくわれることもあるね。

「褒められると過剰に喜ぶ」のは劣等感が強い人の特徴の一つです。

人から褒められると過剰に喜ぶ人がいます。このような人の中には、劣等感を抱いている人も多いのではないでしょうか?

劣等感が強い人は、自分に対する肯定感が低いものです。 そのような人が、人から褒められると自分の中の肯定感が爆上がりするのかもしれません。

一方で、自分の中で肯定感が高い人は、人から褒められたとしても「ちょっと褒められ過ぎじゃないかな?」などと、冷静になることが多いのではないでしょうか?

過去の成功体験ばかり話たがる

劣等感が強い人の特徴の一つは「過去の成功体験ばかり話たがる」です。

「自分は昔〇〇だった」などと、過去の成功体験ばかりする人がいます。これはもしかすると、現在の自分が落ちぶれていることを冷静に認識し、劣等感を抱えていることを反映しているのかもしれません。

劣等感を抱いていない人の中にも、過去の成功体験を話す人もいるかもしれませんが、繰り返し言うことは、あまりないのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?劣等感が強い人の特徴は以下になります。

過去の失敗を引きずる・〇〇だったらと言う

人への悪口が多い・自分を持ち上げる

人と比較ばかりする・嘘を頻繁につく

人を見下す・悩み相談ばかりする

褒められると過剰に喜ぶ・過去の成功体験ばかり話たがる

劣等感は誰しも持っている感情でしょう。これにどう向き合うかによって、人生の展開が変わってくるのではないでしょうか?劣等感を持つ人が「なにくそ」と思えば、エネルギーに変えることができます。一方で、劣等感を持ち何もしなければ、その感情はさらに強くなり、人に嫌味を言ったりするなど、問題行動が増えるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました