口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう10の理由

人生

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう10の理由

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

口が悪い人は知らず知らずのうちに敬遠されてしまうことが多いと思うな。

イタチ
イタチ

きつい言い方のジョークならわかるけれど、いつもそうなら関わりたくないな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由は以下になるよ。

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由

育ちが悪い

口が悪い人は育ちと関係していることもあると思うわ。

「育ちが悪い」のは口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つです。

学生時代に「自分はお嬢様だ」と言っていた女性がいました。周囲の人はこの女性を「嘘つき」として扱い嫌っていました。人に認められたい為なのか、この女性はことあるごとに自分は金持ちの家出身なのだと嘘ばかりついていました。

母親から「言動に品が現れると言われて育った」などと、お嬢様の振りをする為にもっともらしいことを言っていたものです。ですが「バーロー(ばかやろう)」などと、時々言うことがあったのです。

口が悪い為に嘘のメッキは剥がれ、育ちが悪いという風に思われたのです。親の育て方に問題があったと周囲の人は感じていたことでしょう。

現状が悪い

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つは「現状が悪い」です。

人生には良い時もあれば悪い時もあるものです。自分に問題がなかったとしても、現状が悪くなるということは多々あります。ですが、多くの事柄は自分自身に問題がある場合が多いのではないでしょうか?

自分自身が原因で現状が悪くなっていると、口が悪い人になったとしても不思議ではありません。 逆を言えば、口の悪さは自分自身に問題があるということです。この状態がいつまでも続く人は、いい人でないと言っても過言ではないでしょう。 

精神的に幼稚

精神的に幼稚な人は口が悪くなると思う。

「精神的に幼稚」なのは口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つです。

口が悪い人の中には、精神的に幼稚である人も多いのではないでしょうか?それが原因で自ら評価を下げてしまうのです。

例えば、職場の上司から叱られたとしましょう。そんな時に「むかつく。何度も何度も同じことを言わないで下さい!」などと答えたとしましょう。

常識的な人は、この返答を聞いた瞬間に「ちょっとこの人ヤバい人だ」と判断してしまうことでしょう。

精神的な幼稚さが、口の悪さとなって現れるということも多々あるのではないでしょうか?

精神的に不安定

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つは「精神的に不安定」です。

いつも精神的に安定している人は、口が悪いということは少ないのではないでしょうか?一方で精神的に不安定な人の中には、非常に口が悪い人もいるものです。

例えば、経済的に不安を抱えていて 精神的に不安定になったとしましょう。そのような人の口からは、お金持ちの人に対する妬みや嫉妬、悪口が飛び出すことが多いのではないでしょうか?

精神的に不安定になるだけで口が悪くなり、そしてその結果人からの評価を落とすのはもったいないものです。 

社会常識に欠ける

「社会常識に欠ける」のは口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つです。

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つとして、社会常識に欠けるということがあるかもしれません。

以前ファミレスで食事をしていた時の話ですが、40歳を過ぎた女性が「私は結婚したいのに結婚できないの」と男性に対してぼやいていました。

結婚は別にしていてもしていなくても良いと思うのですが、この女性が結婚したいにも関わらず出来ない理由は、側にいてなんとなく察しがつきました。

話を聞いていると、社会常識に欠けているのです。ある程度の年齢になった人が、社会常識に欠けるような発言ばかりしていると、異性から引かれてしまうのも無理はないでしょう。社会常識の欠如が口の悪さとなって現れることはあるでしょう。

下品な場合がある

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つは「下品な場合がある」です。

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つとして、下品に感じてしまうという部分があるでしょう。

世間一般の人は、表立って言わなくても、品がある人とそうでない人を区別しているものです。もし、口悪く何かを話していれば、下品な人として知らない所でレッテルを貼られることでしょう。そして、いつのまにか 敬遠されてしまったりするのです。 これは実に残念なことです。 

性格が歪んでいる

性格が歪んでいる人には関わりたくないものだわ。

「性格が歪んでいる」のは口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つです。

いつも人にケチをつけたり難癖をつける人がいるものです。そして、このような人は大抵、口が悪いものです。

一般的な人から見ると、このような人を理解に苦しむものですが、性格が何らかの原因で歪んでしまっている場合も多いでしょう。幼少期に何かあったり、夫婦関係が悪かったりすると、だんだんと性格が歪んでしまい、気づけばトラブルメーカーとなってしまうケースもあります。

性格が良ければ、口が悪い人になってしまうことは少ないでしょう。 

調子に乗っている可能性

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つは「調子に乗っている可能性」です。

口が悪い人の中には、調子に乗っている人も多いかもしれません。有名人などがよく世間から叩かれてしまうことがあります。言動に調子に乗っていると思われる要素があったりする場合、そうなることがあります。

もしそれなりに成功していたとしても、謙虚な気持ちを持っていれば、 言葉のどこかに調子に乗っていると考えられる様子は感じられなくなるのではないでしょうか? 

自信がないことの裏返し

自信があれば、きついことを言わないと思うよ。

「自信がないことの裏返し」なのは口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つです。

自分に自信がない人は、口が悪くなる場合も多いのではないでしょうか?そもそも口が悪くなってしまう原因には、心の問題が関係しているものです。

心が充実していれば、口が悪くなることはあまりないはずです。逆に、自分に自信がないことが原因で人の悪口を言ったり、いちいち食ってかかるような言い方をしてしまうということは多々あるでしょう。 自信がないことが原因で口が悪くなってしまうのは残念なものです。

日頃から悪いことを考えている

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由の一つは「日頃から悪いことを考えている」です。

一般的に良いことを考えている人は、良いことが口から自然に出るのではないでしょうか?一方で、悪いことを考えている人は、悪いことが自然に口から出てしまうのも当然です。

もし口が悪い人がいたとしたら「この人は日常的に悪い事ばかり考えている可能性がある」と考えても良いかもしれません。 もしかすると、そのような人は将来的に自分に対して危害を加えてくるような人になることもあるかもしれません。 

まとめ

いかがだったでしょうか?口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由は以下になります。

 

育ちが悪い・現状が悪い

精神的に幼稚・精神的に不安定

社会常識に欠ける・下品な場合がある

性格が歪んでいる・調子に乗っている可能性

自信がないことの裏返し・日頃から悪いことを考えている

 

口は災いの元と言います。口が悪いことが原因で、悪い評価を受けるのは残念なものです。言葉遣いには気をつけたいものです。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました