ダイエット中のイライラ10の対処法

人生

ダイエット中のイライラ10の対処法

ダイエット中のイライラの対処法

早く寝てしまう

ダイエット中はイライラしたらスグに寝ることにしているわ。

「早く寝てしまう」のはダイエット中のイライラの対処法の一つです。

ダイエット中にイライラした時には、そのイライラを断ち切れなければなりません。夕食を済ませた後にイライラする場合は、早く寝てしまうのが一番良いでしょう。寝てしまえば、イライラする感情を断ち切ることができます。

また、余計なものを食べなくなるのでカロリーを摂りすぎる心配もなくなるでしょう。もしイライラした時には、寝るのが一番楽な解決方法でしょう。

目の前の作業に集中する

ダイエット中のイライラの対処法の一つは「目の前の作業に集中する」です。

ダイエット中は食べたいものを我慢したり、空腹感との戦いでイライラするものです。そして、これに耐えている時は、実に時間の経過がゆっくり感じられるものです。

空腹に耐える方法 10選!

人間は苦痛に耐える時間は長く感じるものです。そのような時には、目の前の作業に集中することが苦痛時間を早く経過させる良い方法です。

例えば、コンピューターを使い資料作成などをしていると、あっという間に時間が経過してしまいます。また、勉強している時も同じでしょう。

ダイエット中にイライラした時には目の前の作業に集中するのが良い方法になるでしょう。 

常に口に何かを入れる

カロリーに気を付けて、口にいつも何かを入れていると気が紛れるわ。

「常に口に何かを入れる」のはダイエット中のイライラの対処法の一つです。

ダイエット中にイライラする理由には様々なものがありますが、多くの人が「ダイエットしなければならないのは分かっているけれど、食べられないのは辛い」というストレスを感じることでしょう。

もしそうであれば、口に何かを入れるのも解決策の一つでしょう。飴玉一つでも良し、ガムを噛むのでも良しです。乾物なども良いかもしれません。ポイントは、カロリーが低いものを口の中に入れるということです。そうでなければ、太ってしまうのでダイエットの意味がなくなります。

痩せるために頑張っているのだと思う

ダイエット中のイライラの対処法の一つは「痩せるために頑張っているのだと思う」です。

もし自分がダイエット中にイライラした時には「痩せるために自分は頑張っているのだ」と言い聞かせることでしょう。

ダイエットは自分のためにしているケースがほとんどです。ですから、たとえダイエット中にイライラしたとしても、その怒りを他の人にぶつけたりすることはご法度でしょう。

イライラした時には「誰のためでもない。自分のために頑張っているのだ」と言い聞かせることも大切でしょう。 

たまにご褒美を与える

「たまにご褒美を与える」のはダイエット中のイライラの対処法の一つです。

ダイエットをしている人の中には、極限までカロリーを削り頑張っている人も多いと思います。ですが、カロリーを極限まで削ると、どうしてもイライラしやすくなるものではないでしょうか?

ですから、たまに自分に対するご褒美をあげることも必要でしょう。カロリーに気をつけながら数日に一回程度自分に褒美を与えれば、イライラも収まりまた頑張ろうと思えるのではないでしょうか?

食べ物を見えるところに置かない

ダイエット中のイライラの対処法の一つは「食べ物を見えるところに置かない」です。

ダイエット中は「食べたいのに食べられない」という気持ちでイライラすることが多いでしょう。そのような時は、食べ物を見えるところに置かないことも大切でしょう。目の前に大好きなスナック菓子などがありながら、食べるなと言われてもそれは無理というものではないでしょうか?

そんな状況に陥るくらいなら、一層のこと目の前から食べ物を無くしてしまえば良いのです。

停滞期があることを考える

ダイエット中は誰にでも停滞期があるわね。

「停滞期があることを考える」のはダイエット中のイライラの対処法の一つです。

ダイエット中にイライラしてしまう理由の一つは、なかなか体重が落ちないというものでしょう。自分の体重がなかなか落ちないと「どうして私はこんなに食事制限をし運動までしているのに、体重が落ちてくれないのだ!」と怒りが爆発しそうになるときもあるでしょう。

ですがこんな時こそ、停滞期と呼ばれる時期が誰にでも必ずあることを思い出す必要があります。この停滞期に頑張れるか頑張れないかで、その後のダイエットの成果に大きな違いが出るでしょう。

無理をしていないか?考える

ダイエット中のイライラの対処法の一つは「無理をしていないか?考える」です。

ダイエット中にイライラして困った時には、自分のダイエット計画に無理がないか?を考えてみる必要があるでしょう。長年自分が何気なくしてきたことというのは、習慣になっているものです。そして、それを大きく変えるというのはなかなかストレスがかかるものでしょう。また、イライラに繋がります。 こんな時には無理をしていないか?を考えてみることも必要でしょう。

例えば、長年スナック菓子ばかり食べてきた人が、ダイエットの為にスナック菓子が食べられなくなるとイライラすることでしょう。いきなりゼロにしてしまうのは、このような人にとっては無理な計画かもしれません。

ストレス要素は予め排除する

ダイエット中はイライラするから、ストレス要素は可能な限り事前に除きたいよ。

「ストレス要素は予め排除する」のはダイエット中のイライラの対処法の一つです。

ダイエット中は普段よりもナーバスになりがちです。普段穏やかな人でもイライラしてしまうことなどよくあることでしょう。そのような神経過敏な時には、ストレス要素をあらかじめ排除することで必要以上にイライラしなくて済むでしょう。

例えば、疲れて帰宅した後に調理をすることがイライラの原因になるのであれば、ダイエット中は出来合いのものを買ってきて食べるというのも一つの手でしょう。もちろん、カロリーに気をつけた上でです。

結果が出るまで時間がかかることを考慮する

ダイエット中のイライラの対処法の一つは「結果が出るまで時間がかかることを考慮する」です。

ダイエット中はイライラしがちですが、重要であるのは結果が出るまで時間がかかるということを理解することです。たとえ短期間でダイエットをしていた時にも、停滞期にぶつかることもあるでしょう。

そんな時は、自分が頑張っていても結果が出るまでタイムラグがあることを考慮するべきでしょう。もし今すぐに結果が出ないからと言ってダイエットを中断してしまうと、また元通りになってしまい後悔することになるでしょう。 

まとめ

いかがだったでしょうか? ダイエット中のイライラの対処法は以下になります。

早く寝てしまう・目の前の作業に集中する

常に口に何かを入れる・痩せるために頑張っているのだと思う

たまにご褒美を与える・食べ物を見えるところに置かない

停滞期があることを考える

無理をしていないか?考える

ストレス要素は予め排除する

結果が出るまで時間がかかることを考慮する

ダイエットをする時には、精神的に不安定になることがありがちです。ダイエットを成功させるためには、体に十分気をつけた上で精神状態をコントロールすることが重要になります。まず、停滞期が必ずあることは覚えておくべきでしょう。そして、イライラした時にはちょっとした工夫で乗り越えられる場合が多々あります。精神的に追い込まれた時には、少し冷静に自分を見つめ、自分を追い込み過ぎないことが大切でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました