子供に申し訳ないと思ったらするべきこと10選!

人生

子供に申し訳ないと思ったらするべきこと10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

子供に申し訳ないと思う事が親なら度々あると思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。言葉にしなくてもそう思っていると思うな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

子供に申し訳ないと思ったら、どのようなことをするべきかな?

子供に申し訳ないと思ったらするべきこと

必要以上に自分を責めない

自分をあまり責めないで欲しいな。

「必要以上に自分を責めない」のは子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つです。

子供に申し訳ないと思い悩み続ける親も沢山いるのではないでしょうか?

例えば、生活が貧しく子供に好きなことをさせてあげられなかったり、大学に通わせることができなかった親もたくさんいるのではないでしょうか?それは悲しいことですが、だからといって自分を必要以上に責める必要は無いのではないでしょうか?

自分が精一杯頑張ったとしても、タイミングが悪くてどうにもならないと言うことも人生にはあるのではないでしょうか?「自分は精一杯子供にした」と言う気持ちがあれば、子供もそれは分っているのではないでしょうか?子供もそれを理解しているのであれば、きっと立派に生きていけるのではないでしょうか?

子供が立派に生きていくことができるのであれば、親としては充分役目を果たしたと言えるのではないでしょうか?ですから、自分を必要以上に責める必要もないのではないでしょうか?

子供に謝る

子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つは「子供に謝る」です。

子供に申し訳ないと思うことには、様々なものがあるのではないでしょうか?

例えば、自分がかつて暴力的で、子供に何度も何度も暴力をふるってしまったとしましょう。これはもちろん許されることではありませんが、もし心から反省しているのであれば、子供に素直に謝れば良いのではないでしょうか?

謝っても許してもらえないことがあるかもしれません。ですが、謝罪の言葉があるか無いかでは、全くその後の状況は違ってくるはずです。「自分は本当にまずいことをした」と言う気持ちがあるのであれば、とにかくまず謝ってみるだけでも良いのではないでしょうか?そのような謝罪の言葉を聞くだけで、救われる子供もいるのではないでしょうか?

人との比較はやめる

ついつい誰かと比較してしまうわ。

「人との比較はやめる」は子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つです。

子供に申し訳ないと思う親の中には、よその親と比較する人も多いのではないでしょうか?

例えば、しっかりと家事をしながら、子供に優しく接することができる隣人がいたとしましょう。そのような人と比較をし「自分はなんてだめな母親なんだ」などと思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

他人と比較し劣等感を持つ10のデメリット

ですが、このような比較をする必要はないのではないでしょうか?自分の置かれている状況や能力が違えば子供にしてあげられることも違ってくるでしょう。また、自分から見れば素晴らしいと思う隣人も「自分はダメな母親だ」と思って苦しんでいるかもしれません。比較をする必要もなければ、上を見てもキリがなくなるのではないでしょうか?

悪かったことはこれからはしない

子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つは「悪かったことはこれからはしない」です。

子供に申し訳ないと思うという事は、子供に対して何か悪いことをしたと思う気持ちがあるからでしょう。

例えば、子供に「勉強しろ勉強しろ」と言ってばかりで、子供の気持ちを考えずにこれまで過ごしてきたと言う人もいるでしょう。結果的に、ある時から笑顔が少ない子供になってしまい、その責任が自分にあると思う場合もあるでしょう。

もし、そういう気持ちがあるのであれば、自分が悪いと思ったことを、これからはしないように努めていけば良いのではないでしょうか?そうすることで、子供もきっと変化を感じ取ってくれるのではないでしょうか?

これから埋め合わせをする

「これから埋め合わせをする」のは子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つです。

子供に申し訳ないと言う気持ちを持ったのであれば、かつて自分が子供にしてやれなかったことをこれからしていこうと思えば良いのではないでしょうか?

例えば、自分が共働きで働いており「母親らしい事は何一つしてあげられなかった」と反省したとしましょう。もし、そのように反省しているのであれば、これから埋め合わせをしてあげれば良いのではないでしょうか?

例えば孫が生まれ、子育てのサポートが必要であれば、積極的にしてあげると良いのではないでしょうか?そのような気持ちを持って孫に接していると、孫が喜ぶのは勿論、自分の子供も喜ぶでしょう。皆が幸せを感じられて良いのではないでしょうか?

明るく生きる

子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つは「明るく生きる」です。

子供に申し訳ないと思ってばかりいると、気持ちが非常に暗くなるのではないでしょうか?反省をすること自体は悪いことではありませんが、暗い気持ちになるのはあまり良いことでは無いでしょう。

もし子供が、そのような姿を見ていたとしましょう。子供も辛い気持ちになってしまうのではないでしょうか?そうすると、子供に対して過去に申し訳ないことをし、そして現在も申し訳ないことをしてしまうことになるのではないでしょうか?

過ぎ去った過去について悩んでもどうにもなるものではありません。ですが、今子供を暗い気持ちにしてしまうのであれば、それはすぐに止められることであるし、すべきことでは無いのではないでしょうか?

明るく楽しく生きることで、子供も元気な気持ちになり、結果として子供を幸せにすることに繋がるのではないでしょうか?

今できることをする

今できることをしっかりしようと思うわ。

「今できることをする」のは子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つです。

子供に申し訳ないと反省する気持ちがあるのであれば、どんなことでも良いので、今できることを一つ一つするのが良いのではないでしょうか?

そのように自分ができることをすることは、子供の幸福に繋がるのではないでしょうか?例えば、毎日子供に思いやりの心を持って接するというのでも良いのではないでしょうか?

思いやりの心を持って接していれば、それは子供に対する言葉遣いとなって現れたり、行動となって現れるのではないでしょうか?

そうすると、子供も非常に心温まり、幸せな気持ちになれるのではないでしょうか?

自分の得意なところで頑張る

子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つは「自分の得意なところで頑張る」です。

子供に申し訳ないと思うときには、自分の得意なところで頑張るのが良いのではないでしょうか?例えば「自分は料理が苦手であり、あまりおいしいものを子供に食べさせられなくて申し訳ない」と感じる母親もいるでしょう。

もしそのように感じるのであれば、料理以外の自分の得意なところで頑張れば良いのではないでしょうか?

例えば、自分が裁縫が得意であれば、子供に何か作ってあげるのでも良いでしょう。また勉強が得意なのであれば、子供の勉強を見てあげるでも良いでしょう。

全てのことを完璧にできる親はいないものです。自分の得意なことを精一杯やってあげるだけで、かなり状況は異なってくるのではないでしょうか?

子供に勘違いをさせない

子供に勘違いさせるのはダメだわ。

「子供に勘違いをさせない」のは子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つです。

子供に申し訳ないと思ったときに気をつけなければならないのは、子供に勘違いをさせないことではないでしょうか?

例えば、子供が小さかった頃に自分も仕事で忙しく、あまり手をかけられなかったとしましょう。そして、それに対する負い目があるとしましょう。

そのように思っている状況で、子供からお金をせびられると、過去の罪悪感からついつい子供にお金を渡してしまう親もいるのではないでしょうか?

子供にお金を与え、子供が悪くならないのであれば、それはそれで良いかもしれません。ですが、子供がその状態に味をしめ、たかる人になってしまうのであれば、子供をダメにする親になってしまうでしょう。どんなに自分が子供に対して過去に悪いことをしたとしても、現在の子供を悪い子供にしてしまう事はあってはならないのではないでしょうか?

元気に生きる

子供に申し訳ないと思ったらするべきことの一つは「元気に生きる」です。

子供に申し訳ないと思ったら、これから可能な限り元気に生きることが重要になるのではないでしょうか?

子供にすれば、親が毒親でない限り、親が生きているだけで充分幸せなものではないでしょうか?ですから、元気に生きていることが、子供の人生をより幸せな方向へ導くことになるのではないでしょうか?

ただ生きていること、それ自体が重要になるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?子供に申し訳ないと思ったらするべき事は以下になります。

 

必要以上に自分を責めない・子供に謝る

人との比較はやめる・悪かったことはこれからはしない

これから埋め合わせをする・明るく生きる

今できることをする・自分の得意なところで頑張る

子供に勘違いをさせない・元気に生きる

 

子供に申し訳ないと思うのは、どんな親でも思うことではないでしょうか?そのような気持ちになるのであれば、まず子供に素直に謝り、そしてこれから自分ができることをしっかりとやり、明るく元気に生きていくように努めるべきでしょう。どんな形であれ、親が元気に生きていてくれるのは嬉しいことではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました