笑顔が少ない子供10の特徴

人生

笑顔が少ない子供10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

近所の子供が最近無表情になってしまって、心配だよ。笑顔がなくなったんだ。

イタチ
イタチ

笑顔が消えたということは、何かあるのかも。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

笑顔が少ない子供の特徴は以下になるよ。

笑顔が少ない子供の特徴

家庭内がうまくいっていない

主人と揉めていた時、まだ小さかった娘の顔から笑顔が消えたわね。

「家庭内がうまくいっていない」のは笑顔が少ない子供の特徴の一つです。

父親と母親がいつも言い争いばかりしていたり、お互い顔を背けるなど、不仲な夫婦の子供は笑顔が少なくなるのは多くの人が思うことではないでしょうか?

両親に仲良くしてもらいたいと思い、自分の気持ちを伝えようと思っても、大人の事情があることを感覚的に察して、何も言えないと言う事は多々あるでしょう。

ですが、子供の心は正直なものです。そんな時は、いつの間にか子供の顔から笑顔が消えてしまっているのではないでしょうか?

友人関係がうまく行っていない

笑顔が少ない子供の特徴の一つは「友人関係がうまく行っていない」です。

大人の間の人間関係も、昔と比べて複雑になってきているのではないでしょうか?

会社で働いている多くの人にとって、ストレスの主要な要因は人間関係でしょう。ストレスを抱えると、顔から笑顔が消えてしまうでしょう。子供も同様ではないでしょうか?

友人関係が複雑になれば、自然に顔から笑みがこぼれることなど、皆無となってしまうのではないでしょうか?一方で、良い友人関係を構築できる子供からは、自然に笑顔が溢れるでしょう。

親の愛情を感じられない

母親が毒親で酷かった時は、笑顔が消えたな。

「親の愛情を感じられない」のは笑顔が少ない子供の特徴の一つです。

世の中には毒親がいるものです。子供に日常的に肉体的な暴力を加えたり、言葉を使って精神的にダメージを与えたりするような親でしょう。

このような家庭環境の中で育っていれば、子供が親の愛情を感じられなくなっても、不思議ではありません。そして、顔から笑顔は自然に消えるのではないでしょうか?

「我が家の子供は全然笑わない」などと言う親に限って、子供にとっては毒親である可能性が高いかもしれません。

毎日が楽しくない

笑顔が少ない子供の特徴の一つは「毎日が楽しくない」です。

もし、大人が楽しさを感じられない生活を毎日送っていれば、笑顔が少なくなってしまうのは当然でしょう。

子供も同じではないでしょうか?むしろ繊細な心を持つ子供だからこそ、笑顔はさらに少なくなってしまうかもしれません。

ワクワクすることが毎日あるような楽しい生活をしていれば、笑顔は自然に溢れるのではないでしょうか?一方で、楽しみのない生活や苦しい日常を送っていれば、笑顔は消えてしまうことでしょう。

日常的なストレスがある

「日常的なストレスがある」のは笑顔が少ない子供の特徴の一つです。

笑顔が少ない子供は、日常的にストレスがあるのではないでしょうか?ストレスの要因は、子供によって様々でしょう。

母親が教育ママで塾通いを強要されたり、様々な習い事をさせられて自分の自由な時間がなくなることで、うんざりしていると言う場合もあるでしょう。

また、成績が上がらなかったり何かヘマをすると、母親が癇癪を起こして止まらなくなるなどといった場合にも、子供に相当なストレスがかかるのは言うまでもないでしょう。

結果として、子供の笑顔が少なくなるのではないでしょうか?

人と接するのが苦手

笑顔が少ない子供の特徴の一つは「人と接するのが苦手」です。

もし、人と接するのが苦手な大人が、人との関わりを避けようと思っている時はどうなるでしょうか?大抵、顔から笑顔が消えるのではないでしょうか?

子供も同じでしょう。対人関係を築くのが苦手な子供は、ストレスを感じたり恐怖を感じて、顔から笑顔が自然に消えるのではないでしょうか?

もし、我が子から笑顔が消えている時には、人と接するのが苦手だったり、人と関わりたくない時かもしれません。

人に関心がない

笑顔が消え無表情な時は、人に関心がない時かもね。

「人に関心がない」のは笑顔が少ない子供の特徴の一つです。

いつも1人で遊んでいたり、人との交流が少なくなると、なかなか他の人に関心が持てなくなるのではないでしょうか?そうなると、他の人と顔を合わせても無表情になったり、笑顔が少なくなるでしょう。

人間関係が気薄になる世の中においては、このような子供がいても、別に不思議なことでは無いのかもしれません。

将来に希望を持てない

笑顔が少ない子供の特徴の一つは「将来に希望を持てない」です。

経済発展が停滞し、働いても働いてもあまり給料も上がらず、自分の将来がどのように進むのか先行きが全くわからないというのが、現代人の多くが抱えている悩みではないでしょうか?

生まれてからずっと、親のそのような姿を見て育った子供は、将来に希望を持てないことが多いのではないでしょうか?将来が不安な時には、顔から自然に笑顔が消えてしまうのは当然かもしれません。

冷淡を装っている

気持ちを悟られたくない時、笑顔が消えるかもね。

「冷淡を装っている」のは笑顔が少ない子供の特徴の一つです。

身の周りに、冷淡を装う子供がいないでしょうか?挨拶をしても無視したり、聞こえないふりをしている子供がいるものです。

別に本人に悪気は無いのかもしれません。自分の心理的な状況を外部の人に見せたくないと言う思いから、冷淡を装っているのかもしれません。

そのような子供は大抵、笑顔を人に見せないでしょう。笑顔を見せると言う事は、自分の心の中を正直に他人に晒してしまうことになるからです。

疲れている

笑顔が少ない子供の特徴の一つは「疲れている」です。

毎日 クタクタになるまで働いていると、大人でも気づけば笑顔がなくなっているものです。子供も同じでしょう。

笑顔が少ない子供は、精神的、肉体的に疲れている場合が多いのではないでしょうか?もし、我が子から笑顔が見られなくなったのであれば、心か体のどちらかが疲れているのかもしれません。気をつけて見守る方が良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?笑顔が少ない子供の特徴は以下になります。

 

家庭内がうまくいっていない

友人関係がうまく行っていない

親の愛情を感じられない・毎日が楽しくない

日常的なストレスがある・人と接するのが苦手

人に関心がない・将来に希望を持てない

冷淡を装っている・疲れている

 

笑顔が1つあるだけで、生活に潤いを与えるのではないでしょうか?もし、子供の顔から笑顔が消えたら、それは何か問題がある兆候でしょう。状況をしっかり把握することが大切ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました