いい加減な人10の特徴

人生

いい加減な人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

いい加減な人にはウンザリするな。

イタチ
イタチ

そうね。本人に自覚はなくても、そう思われている人が沢山いそうだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

いい加減な人の特徴は以下になるよ。

いい加減な人の特徴

大げさ

いい加減な人は大袈裟な人が多いと思うわ。

「大げさ」なのはいい加減な人の特徴の一つです。

いい加減な人と言うのは、実に大袈裟な人であることが多いのではないでしょうか?

例えば、自分に問題があり、人から叱られた時でも「ものすごい剣幕で怒られた。人に対してあんな言い方をするなんて信じられない。本当に怖くて殴られると思った」などと、大げさなことを言うことが多いのではないでしょうか?

そして、相手を貶めるような発言をする人も多いのではないでしょうか?聞いている方がこれに気づかないでいると、本来全く悪くもなかった人が、悪者にされることもあるのではないでしょうか?大げさな人の話は慎重に聞く必要があるでしょう。

話が二転三転する

いい加減な人の特徴の一つは「話が二転三転する」です。

いい加減な人と言うのは、話が二転三転することが多いのではないでしょうか?

何か問題が発生し、事実を追求された時に、いい加減な人は話が何度も変わるのではないでしょうか?それは、大抵の場合、事実に即して正直に話をしていないからでしょう。嘘の話をすると、どうしても話が二転三転してしまうのではないでしょうか?

相手が本当の話をしているかどうか疑わしい時には、時間をおいて、話をしてみるのが一番良いでしょう。嘘偽りなく話をしている人は、表現は変わっても必ず一定の話をするものです。ところがそうでない人は話が次々変わるものです。いい加減な人は話がコロコロ変わる人でもあります。

「相手が本当にいい加減な話をしていないのかどうか?」を見破るのはそんなに難しいことではないでしょう。

事実が不明な話をする

胡散臭い話をする人がいるよね。

「事実が不明な話をする」のはいい加減な人の特徴の一つです。

世の中が混乱している時に、デマが流れる時が多々あるものです。これには、いろいろな場合が考えられるものですが、いい加減な人が、事実不明な話をするケースも多々あるのではないでしょうか?これは非常に危険なものです。

現代はSNSが非常に発達していることもあり、情報の伝達速度は著しいものです。一人のいい加減な投稿や言動が、多くの人に迷惑をかけ、時には命を奪うこともあるかもしれないので注意が必要です。

口が軽い

いい加減な人の特徴の一つは「口が軽い」です。

いい加減な人と言うのは、口が軽い人が多いのではないでしょうか?

人から「絶対に言わないで」と言われた事は勿論、たとえお願いがなくても、状況から考えて絶対に他言してはいけないと言うことがあるものです。

いい加減な人は、そういう感覚が欠落している人が多いのではないでしょうか?ほとんど何も考えずに、その時の自分の気分に応じて軽々しくものを話す人が多いのではないでしょうか?短絡的な人と言って良いでしょう。

約束を取り消す

「約束を取り消す」のはいい加減な人の特徴の一つです。

いい加減な人と言うのは、一度決めた約束を一方的に取り消すことが多いのではないでしょうか?

いい加減な人を相手に、何か取り決めをする時には絶対に口約束だけはやめておいた方が良いのではないでしょうか?口約束だけで済ませた場合、このような人は「そんなことを私は言っていませんよ?」などと言ったり「聞き間違いではないですか?」などと、ごまかす人に変貌することが多いのではないでしょうか?

ですから、絶対にごまかすことが出来ないように、大事な約束は書面等で証拠として残すことが必要になるでしょう。

裏表がある

いい加減な人の特徴の一つは「裏表がある」です。

複雑な人間関係を生き抜くためには、裏表を使い分けることも必要になるでしょう。ただし、その裏表が激しすぎると、いい加減な人と思われることも多いのではないでしょうか?

例えば、本人の前ではすごく笑顔でフレンドリーな感じで接しているのに、その人がいないところで、悪口ばかり言っていればこれはかなり問題でしょう。

第三者がこの様子を冷静に見ていたときには、このように裏表がある人は「いい加減な人」と判断されてしまうでしょう。信頼を失う行為として映るでしょう。

悪知恵が働く

いい加減な人は悪知恵が働く人が多いと思うな。

「悪知恵が働く」のはいい加減な人の特徴の一つです。

いい加減な人と言うのは、不思議なことに、肝心な時にはほとんど頭が働かないのに、悪知恵を使う時にはすごく頭が働くことが多いのではないでしょうか?

悪知恵だけはものすごく働くので、このような人がいると厄介な問題に遭遇することもあるのではないでしょうか?

ただし、あまりにも悪い事ばかり考えて肝心なことをしない場合、今よりも増長しないように、事実を突きつけて、徹底的に相手に反論の隙を与えないようにし、いい加減な姿勢を取り締まることも必要になるのではないでしょうか?

聞こえてないフリをする

いい加減な人の特徴の一つは「聞こえてないフリをする」です。

いい加減な人がよくやる行動の1つは、聞こえないふりをすることではないでしょうか?

職場などで忙しい時に自分に仕事が回ってくると困るので、聞こえないふりをして、うまく手を抜く人などがいるのではないでしょうか?このような人は、自分が楽をするための方法を熟知している人と言って良いでしょう。

人が見ていなければサボる

目を離せばすぐにサボる人がいるね。

「人が見ていなければサボる」のはいい加減な人の特徴の一つです。

いい加減な人は、人が見ていなければサボる人が多いのではないでしょうか?

監視されなければ、好き放題手抜きをし、ほとんど働かないで給料泥棒のようになっている人も多いのではないでしょうか?抜き打ちで誰かがチェックをしに来た時に見つかると、ああでもない、こうでもないと言い訳ばかり並べるのではないでしょうか?

言い訳するスピードだけは舌を巻くものであることも多いのではないでしょうか?

真剣さが感じられない

いい加減な人の特徴の一つは「真剣さが感じられない」です。

職場などで、いい加減だと思われている人は、大抵真剣さが感じられないことが多いのではないでしょうか?仕事を真剣にやらないのはもちろんのこと、人が話をしていても真剣に耳を傾けている様子などが全く感じられない人です。

昔気質の上司などは、このような人を見ると、怒りを感じ激昂することもあるのではないでしょうか?いい加減な人は、そのような怒りに満ちた上司を見ていて「これだから、精神論で話をする人は嫌いだ」などと偉そうなことを言うことも多いのではないでしょうか?

周囲の同僚から「一丁前のことを言う前にしっかり仕事をしろ」などと思われている人が多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?いい加減な人の特徴は以下になります。

 

大げさ・話が二転三転する

事実が不明な話をする・口が軽い

約束を取り消す・裏表がある

悪知恵が働く・聞こえてないフリをする

人が見ていなければサボる・真剣さが感じられない

 

いい加減な人の行動や言動は大きな問題となり、最終的に自分に降りかかってくることが多いのではないでしょうか?人から多くの信頼を失い、そして自分が窮地に陥るのであれば、いい加減な行動は1日も早く改めた方が良いのは言うまでもないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました