子供にイライラする時10の対処法!

人生

子供にイライラする時10の対処法!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

毎日子供にイライラさせられるという親は多いと思うな。

イタチ
イタチ

そうね。子供が思春期になると、そういう事が多いかも。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

子供にイライラする時の対処法は以下になるよ。

子供にイライラする時の対処法

子供は思い通りにならないと考える

子供は思い通りにならないものだわ。

子供にイライラする時の対処法の一つは「子供は思い通りにならないと考える」です。

お子さんがいる方の中には、毎日子供にイライラさせられているという人も多いでしょう。イライラする理由には様々なものがあるかもしれませんが、子供が自分の思い通りにならなくて、歯がゆい思いをしたり、イライラの原因となっていることが多いのではないでしょうか?

そのような時には、子供は思い通りにならないものと割り切るのが一番ではないでしょうか?思い通りにならないと割り切ることができれば、必要以上に腹を立てなくて済むでしょう。

自分に問題がないか考える

「自分に問題がないか考える」のは子供にイライラする時の対処法の一つです。

子供にイライラする時には、自分に問題はないか?と問いかけすることも対処法の一つでしょう。

例えば、夫との関係がギクシャクしており、日常的にストレスを感じている状況であるとしましょう。そのような時に、子供が少しばかり自分の言うことを聞いてくれなくて、イライラすることもあるかもしれません。

ですが、これは自分に問題があることが大きな原因でしょう。ですからまず、この原因を取り除くことを考えた方が良いでしょう。

疲れていないか考える

最近子供に怒ってばかりいるのは、疲れているからかもしれないね。

子供にイライラする時の対処法の一つは「疲れていないか考える」です。

人間は疲れている時には、イライラするものです。例えば、仕事が忙しかったり、睡眠不足気味であったりすると、普段怒らない程度の些細なことで怒ってしまうことがあります。

もし、これが原因で子供に対するイライラが募り、すごい剣幕で怒ったり、八つ当たりすることになれば子供がかわいそうです。

子供に申し訳ないと思ったらするべきこと10選!

まず、疲れを取ることを第一に考え、ゆっくりと休養することが大切です。

楽しく過ごすことを考える

「楽しく過ごすことを考える」のは子供にイライラする時の対処法の一つです。

子供に叱るべき時は叱る必要がありますが、いつも子供が悪いことをしているわけでもないでしょう。ですが、顔を合わせるたびにガミガミ言ったりすると 、子供は親や家が嫌になってしまうかもしれません。

子供と居る時にはまず、楽しく過ごすことを意識すると良いのではないでしょうか?楽しく過ごそうという気持ちが少しでもあれば、多少腹が立つ出来事があっても、イライラしなくてすむでしょう。

反抗期は必ずあると考える

子供にイライラする時の対処法の一つは「反抗期は必ずあると考える」です。

子供が思春期の間は反抗期でしょう。親の言うことに対して口答えをしたり、態度が悪かったりするものです。こんな時は親として凄く腹が立つこともあるでしょう。

ですが、自身にもそのような時期が必ずあったはずです。また、 子供が反抗期になっているということは、成長している証でもあるでしょう。反抗期は必ずあると考えることで、子供に必要以上にイライラしなくて済むでしょう。

しっかり話し合う

「しっかり話し合う」のは子供にイライラする時の対処法の一つです。

子供にイライラする時に重要なことは、まず話し合おうとすることでしょう。いつも怒ってばかりいる場合と、子供に真剣に向き合うことを示す場合では、後者の方が子供は親と向き合おうとするでしょう。

喧嘩腰に怒ってばかりいたりガミガミ言うだけでは、親として自分が伝えたいことがうまく伝わらないかもしれません。ですからまず、しっかり話し合おうと試みることが大切でしょう。

間違っていることはハッキリ伝える

間違っていることは、ハッキリ伝えなければならないわ。

子供にイライラする時の対処法の一つは「間違っていることはハッキリ伝える」です。

子供の意見を尊重することは大事ですが、間違っていることはハッキリと伝えなければいけないでしょう。 たとえイライラしていても、相手が間違っている時には毅然とした態度で伝えなければならないでしょう。

例えば、子供が非行に走り、度々警察の世話になっているとしましょう。 このような時は、まず子供がハッキリと間違っていることを伝え、それ以上悪くならないような手立てが必要になるでしょう。

配偶者と話し合う 

「配偶者と話し合う」のは子供にイライラする時の対処法の一つです。

子供にイライラする時には、配偶者としっかり話し合うことも大切でしょう。例えば、専業主婦の妻が子供に手を焼いているとしましょう。妻一人の力だけではどうにもならなくなれば、夫の協力が必要になります。その場合、夫も状況を詳細に理解する必要があります。

そのためには、夫婦でしっかりと話し合いをしなければならないでしょう。 夫が「教育は母親の役割だろう」などと言い、話し合いをしようとしない場合は「我が子がこのままでは大変なことになるかもしれない」などと真剣に訴えることが大切です。

自分の苦労を理解してもらえるだけでも、精神的に楽になります。相談される側も相手が真剣に話をした時にはしっかりと聞く姿勢が大切でしょう。

配偶者の協力を得る

配偶者の協力があれば、気持ちがラクになるわ。

子供にイライラする時の対処法の一つは「配偶者の協力を得る」です。

子供に手を焼きイライラさせられる場合、配偶者と話し合いをした後には、日常的に協力を得ることも一つの手でしょう。

例えば、子供が男の子の場合、母親の意見よりも父親の意見に耳を傾ける場合もあります。また逆に、女の子の場合、父親よりも母親のほうが相性が良い場合も多々あるでしょう。配偶者の協力が解決に繋がることもあるものです。

夫婦で連携することで、 一人で抱え込むことはなくなり、気が楽になることで、イライラすることも減るでしょう。

イライラする時期も良い思い出になると考える

「イライラする時期も良い思い出になると考える」のは子供にイライラする時の対処法の一つです。

子育てをしている時には、親としてイライラすることもありますが、大抵の場合、子供もある程度の年齢になれば、親の言うことが分かるようになるでしょう。

子供が親の考え方に賛同して行動を改めたり謝罪をする頃には、手を焼いてイライラさせられた事も良い思い出となるでしょう。今はイライラし辛くても、自分の考えをしっかり伝え、親として果たすべき責任を全うする必要があるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?子供にイライラする時の対処法は以下になります。

子供は思い通りにならないと考える

自分に問題がないか考える・疲れていないか考える

楽しく過ごすことを考える・反抗期は必ずあると考える

しっかり話し合う・間違っていることはハッキリ伝える

配偶者と話し合う ・配偶者の協力を得る

イライラする時期も良い思い出になると考える

小さい時は素直で優しい子だったにも関わらず、親の言うことを聞かなくなりイライラさせられることが多くなると、ストレスが溜まりやりきれない気持ちになるでしょう。そんな時には、子供や配偶者としっかりと話し合い、お互いの意見を共有することが大切です。また、夫婦で協力し支え合わなければならないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました