礼儀正しい人10の特徴

人生

礼儀正しい人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

礼儀正しい人を観ていて感心することはあっても、不快になることはないよね。一方で、礼儀を欠いた行為は非常に相手を不快にさせるものだよね。

イタチ
イタチ

そうだね。礼儀作法が身についているかいないかで相当印象は変わるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

礼儀正しい人の特徴は以下になるよ。

礼儀正しい人の特徴

相手の気持ちに配慮出来る

礼儀正しい人は、相手の気持ちに配慮出来る人だわ。

「相手の気持ちに配慮出来る」は礼儀正しい人の特徴の一つです。

「この人はどうも礼儀正しさに欠けるな・・」という人を観ていると「相手の気持ちをあまり考えない人だ」と感じるのではないでしょうか?

例えば、人に助けられても感謝しない人が、多くの人から首を傾げられたり、嫌われてしまう理由の一つは「ここで礼くらい言うものではないかな?」と不満な気持ちを周囲の人に与えてしまうからでしょう。

礼儀正しい人は、同じ場面で、常識として礼を述べることを知っていることもありますが、それと同時に、感謝を示さなかった場合に周囲がどのような気持ちになるのか?を理解しているのではないでしょうか?

挨拶をする

礼儀正しい人の特徴の一つは「挨拶をする」です。

会社の中でも挨拶をしない人をたまに見かけるものです。礼儀正しい人は、ほぼ皆挨拶をするでしょう。

挨拶をしない人にもそれなりの考えがあるのかもしれませんが、一般的に挨拶をしないというだけで「常識がない」「礼儀がない」とレッテルを貼られてしまうことが多いのではないでしょうか?

挨拶をしないだけでそのような評価を受けるのは、実に損なものです。

愛想が良い

礼儀正しい人は愛想が良い人が多いかもね。

「愛想が良い」のは礼儀正しい人の特徴の一つです。

愛想が悪い人がいるものです。色々とストレスの多い現代社会で、他人に愛想など振り撒いていられないと考える人もいるのかもしれません。

ですが、人と交わる以上、愛想は良いに越したことはないのではないでしょうか?

話をすることで相手とのコミュニケーションを取り、会話という行為を人間関係における潤滑剤と考える人もいるものです。このような人に対して「ああそうですか。」「わかりました。」とぶっきらぼうに答えると「なんて愛想の悪い人だ。礼儀がなっていない。」と思われてしまうでしょう。

愛想の悪い答え方をした本人に悪気はなくても、相手にそのように映るのは損なことではないでしょうか?

真面目

礼儀正しい人の特徴の一つは「真面目」です。

時には、上っ面の礼儀正しさを見せるお調子者もいるかもしれません。ですが、礼儀正しい人は基本的に真面目な人が多いのではないでしょうか?真面目過ぎる人も多いのではないでしょうか?

真面目な人は、基本的に道徳心や倫理観というものを持っています。そのような考えがシッカリ身についている人が、礼儀正しくないわけがないのではないでしょうか?

常識がある

「常識がある」のは礼儀正しい人の特徴の一つです。

人から挨拶をされても無視する人のことを「あの人は常識があるね」とは言わないでしょう。むしろ「挨拶をしたのに無視するなんて、非常識だな」と感じるのではないでしょうか?

礼儀正しい人は、挨拶に限らず常識感覚がきちんと身についている人だと言えるのではないでしょうか?

謙虚

礼儀正しい人の特徴の一つは「謙虚」です。

謙虚さを忘れると礼儀正しい人とは見なされなくなるのではないでしょうか?

例えば、どんなに社会的に地位が高い人でも、誰の世話にならずに生きていける人はいないでしょう。生きていれば、何らかの形で人から世話になるものです。

それを忘れ「こんな立場の奴だから無視で構わないな」などと、謙虚さを忘れた態度になると誰も礼儀正しい人だとは思わないでしょう。

むしろ、相当な地位の人であるにも関わらず、極々普通の人に対しても心からの感謝の気持ちを述べることが出来る謙虚な人が、礼儀正しい人だと思われるのではないでしょうか?

躾をされて育った

礼儀正しい人は、躾をされて育っていると思うわね。親御さんの人物像まで何となく想像できるわね。

「躾をされて育った」のは礼儀正しい人の特徴の一つです。

公共の場所で大声で騒いだり、走り回っている子供がいます。また、自分の家と他人の家の区別がついておらず、帰るべき時間になっても帰らない子供などがいます。そして、そのような状況になっているのにも関わらず注意すらしない親もいます。このような親子を観て誰も「礼儀正しい」とは思わないでしょう。

一方で、場所をわきまえて行動したり、自分の家と他人の家の区別が出来ており、帰宅するべき時間に挨拶をして帰る子供は「礼儀正しい子だ」と思うものです。

礼儀正しいのかそうでないのかは、躾をされて育ったかどうかが大きいのではないでしょうか?

体育会系に属していた

礼儀正しい人の特徴の一つは「体育会系に属していた」です。

上下関係の厳しい体育会系に属していた人は、礼儀がシッカリしている人が多いのではないでしょうか?長年に渡ってスポーツをしている人で「挨拶もろくにできない」という人にあまり会わないのではないでしょうか?

剣道、空手、柔道などを真面目にやっている人などは特に精神的な部分まで教育される為なのか、あまり礼儀を知らない人はいないのではないでしょうか?

義理堅い

義理を欠いたら世の中おしまいだね。

「義理堅い」のは礼儀正しい人の特徴の一つです。

人にたかる人などを観ていると、義理を欠く行為をする人が多いのではないでしょうか?

例えば、日頃から両親や兄弟から金銭的にも精神的にも世話になっているのにも関わらず、お礼の一言も言わないという話を聞くことがあります。義理を欠いていると言えるでしょう。

一方で、礼儀正しい人は、人から世話になったり贈り物を受け取ることがあれば、礼を言うのは勿論のこと、後々後からお返しをすることが多いのではないでしょうか?本人は義理を果たすことが常識だと思っているものでしょう。礼儀正しい人は義理堅い人であるでしょう。

顔の表情が良い

礼儀正しい人の特徴の一つは「顔の表情が良い」です。

礼儀正しい人全てでは無いかもしれません。ですが、礼儀正しい人で顔の表情がおかしい人はあまりいないのではないでしょうか?

礼儀正しいという状態は、社会常識を理解していたり、他者の気持ちを理解できるのと同様に、心身共に健康である状態でしょう。つまり、内面の充実ぶりが礼儀正しさになって現れるということです。

顔と内面には強い結びつきがあります。ですから、内面に何か問題があれば、顔の表情がおかしくなっても不思議ではないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?礼儀正しい人の特徴は以下になります。

相手の気持ちに配慮出来る・挨拶をする

愛想が良い・真面目・常識がある

謙虚・躾をされて育った

体育会系に属していた

義理堅い・顔の表情が良い

 

礼儀正しいかどうか?だけで長い人生、大きく変わってくることがあるのではないでしょうか?子供がいる人の場合、子供が小さい時から礼儀を躾けることは、子供に宝物を与えているのと同じではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました