身近な危険10選!

人生

身近な危険10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

日本は他国と比べて安全な国だと思うけれど、身近なところに危険が沢山あると思うな。

イタチ
イタチ

安心が油断を生むから気を付けないとね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

身近な危険は以下になるよ。

身近な危険

高齢者が運転する車

たまに、認知に問題がありそうな高齢者が、車を運転しているのを見るよ。

「高齢者が運転する車」は身近な危険の一つです。

ちょっと前と比べて、老人の数が増えたと思うことがないでしょうか?言うまでもなく、超高齢化社会だからでしょう。

車を運転している時や信号を待っている時などに隣の車の運転手をチラリと見てみると、高齢者が運転しているケースが多いものです。

高齢者の中にも、体力や認知に問題がなく、心身ともに健康な人がいるでしょう。しかし、そうでない人もたくさんいるでしょう。

そのような人達が車を運転している時には、たとえ青信号でこちらが前進できる状況であったとしても、横から車が突っ込んでくる可能性があることを考えておかなければならないでしょう。

身近な人間関係

身近な危険の一つは「身近な人間関係」です。

闇を抱えている人は、自分が思っているよりも案外多いのではないでしょうか? SNS好きな人が、知り合いの投稿を見ている時に心の闇を垣間見た・・などと言うことは日常茶飯事なのではないでしょうか?

実社会において顔合わせで接している時には笑顔溢れていても、心の中では嫉妬で狂っているのかもしれません。そんな身近な人がある日突然、自分の足を引っ張る人に変わるかもしれません。

身近な人間関係が案外危険であることはよくあるでしょう。仮に自分が信じていた人から裏切られることがあったとしても「現代はそのような複雑な社会なのだ」と客観的に淡々と割り切れる気持ちが大切ではないでしょうか?

心を病むリスク

うつ病で仕事を休んでいる人が、職場にもいるわね。

「心を病むリスク」は身近な危険の一つです。

昔と比べて、うつ病になる人が増えてきているものです。人間関係が複雑であったり、ストレスがかかる社会においては、心を病むリスクは上がるのでしょう。

性格的に真面目な人が、ついつい頑張りすぎて、心を病んでしまうリスクは至るところにあるのかもしれません。

人生は長いものです。良い気分でいることを心掛けながら、楽しく生きることを優先し、あまり無理はしたくないものです。

また、心を病んでしまった時には、とにかく焦らずゆっくりと静養したいものです。

変態

身近な危険の一つは「変態」です。

昔から変態は一定数いたことでしょう。そのような人達の被害にあって、泣き寝入りしたケースもかなりあるのではないでしょうか?とんでもない状況です。

もちろん現在でも変態は一定数いることでしょう。問題は、現代は携帯電話を始めとするネットワークが普及していることもあり、か弱い女性や我が子が、スマホ等を通じて変態と接触する可能性が昔と比べれば格段に高いことです。

いつ変態からメッセージが届くかわかりません。そのような悪人は、巧妙な誘い文句とともに接触しようと試みることでしょう。ネット社会の恐ろしさについて安全意識が低いと、致命的な結果になり得ることがあることを、意識する必要があるでしょう。

詐欺

「詐欺」は身近な危険の一つです。

高齢者の数が増大したことで、連日連夜と言って良いほどニュースで目撃するのが詐欺でしょう。

巧みな言葉を並べて、ある程度資産を持っている無知で正直な老人に接触し、だまし取ろうと企てる悪人がいるものです。詐欺のやり方も様々あり、その手口も日々進化していると言って良いでしょう。

年老いた老人が自分の身内の中にいる時には、こまめに連絡を取り、おかしな人が接触していないか?確認を取る必要があるでしょう。

盗撮

身近な危険の一つは「盗撮」です。

技術の発展とともに、様々な機器は小さくなるものです。カメラも例外ではないでしょう。そのような小型化されたカメラを良い目的で使う人もいれば、残念ながら悪用する人も出るでしょう。例えば、盗撮する人などがそうではないでしょうか?

変態は、目視できない部分を目視するために、ありとあらゆる手を尽くすことでしょう。その行きつく果てが盗撮です。

身近なところにいる変態が盗撮すると言う脅威が案外身近にあるかもしれません。

盗聴

自分の会話を誰かが盗聴していたら、恐ろしいわ。

「盗聴」は身近な危険の一つです。

テレビ等を見ていると、いつの間にか仕掛けられた盗聴器を見つけ出し、取り除く場面があります。これを見ていると、他人事のように思えるかもしれませんが、案外気づかぬうちに自分の家や職場などでも仕掛けられているのかもしれません。

例えば、盗み聞きする人がいます。このような人は、ある特定の人に対して異常なまでに興味を持っていることが考えられるのではないでしょうか?そのような場合は、何らかの形で盗み聞き可能な装置を設置するかもしれません。

情報漏洩

身近な危険の一つは「情報漏洩」です。

自宅の電話に、時々情報を提供した覚えのない場所などから電話がかかってくることがないでしょうか?

「最近は自宅の電話もあまり使っていないので、電話番号を教えている事は無いのだけれど、どうしてこの人は知っているのだろうか?」などと思うことがあるのではないでしょうか?

自分の知らないところから情報が漏洩している可能性があります。この漏洩した情報が悪用されると、詐欺などに使用され、自分の身辺に危険が及ぶかもしれません。情報流出には気をつけなければならないでしょう。

監視

いつ、どこで監視されているのか分からないね。

「監視」は身近な危険の一つです。

昔はたまに誘拐事件等を聞きましたが、今ではそんな話も聞かなくなりました。誘拐事件が減った背景には様々なものがあるかもしれませんが、至るところにカメラが設置されていることで誘拐する事はかなり難しくなったのではないでしょうか?これは実にありがたいことですが、見方によっては監視されているとも言えるかもしれません。

監視は何もカメラなどの機械ではなくても、人目もそうでしょう。壁に耳あり障子に目がありではありませんが、案外監視の目は身近なところにもあるかもしれません。

自分は知らなくとも、相手が自分のことを監視しているかもしれません。身近に不審な出来事がある時には、周囲と情報共有し、安全意識を高めることが大切ではないでしょうか?

ウイルスとの戦い

身近な危険の一つは「ウイルスとの戦い」です。

ウイルスを意識して生活しなければならない毎日がやってくるとは、誰も思わなかったのではないでしょうか?

コロナウイルスの蔓延とともに、日常的にマスクを身に付けることと、手洗い・うがいをする事は以前に増して求められることとなりました。いずれワクチンや特効薬ができるのかもしれませんが、ウイルスとの戦いはしばらく続くと考えておく方が安心ではないでしょうか?

そのような意識を持つことで、衛生的な環境での生活に一層近付けるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?身近な危険は以下になります。

 

高齢者が運転する車・身近な人間関係

心を病むリスク・変態

詐欺・盗撮

盗聴・情報漏洩

監視・ウイルスとの戦い

 

生きていく以上、様々な危険があるでしょう。危険に対する意識を持って生活することが、安全に暮らす上での第一歩でしょう。ですが、必要以上の警戒や心配は自分の心を疲れさせます。うまくバランスをとって生活したいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました