無視する人10の特徴

人生

無視する人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

挨拶しても無視する人がいるよね。

イタチ
イタチ

そうだね。挨拶に限らず無視する人が案外世の中には多いかもしれないね。そして、他人の無視に対してそんなものかと割り切れる人と割り切れない人がいるよね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

無視する人の特徴は何かな?

 

無視する人の特徴

プライドが高い

無視する人は凄くプライドが高いと思うわ。

「プライドが高い人」は無視する人の特徴の一つです。

こちらから「こんにちは」などと挨拶をしても無視する人がいます。このような人達は、挨拶をして返すという事は敗北に値するのかもしれません。

プライドが高い人は、基本的に頭を下げるということが嫌いなものです。挨拶をするということも、頭を下げることと同じなのかもしれません。ですから、人から挨拶をされてもなかなか返答することが出来ないのでしょう。

エリート意識が強い

無視する人の特徴の一つは「エリート意識が強い」です。

「自分は世の中の頂点に位置するエリートなんだ」このような思いが強いと、非エリートや一般人が馬鹿に見えてくることもあるのではないでしょうか?

「馬鹿は相手にしてもしょうがない。」「社会の末端の人間を相手にしても仕方がない」などと思い込み、自分よりも格下と見なす者達を無視するようになるのでしょう。

ですが、世の中は上には上がいるものです。更に上の者から見下される時は、屈辱的な気持ちになるかもしれません。

図に乗っている

無視するのは図に乗っている証かもしれないね。

「図に乗っている」のは無視する人の特徴の一つです。

急に売れた芸能人などが、業界関係者が挨拶に来ても無視するようになって態度が悪いという話がゴシップ誌に書かれているものです。本当の場合もあれば、嘘の場合もあるかもしれませんが、少なくともそんな人がいるのは確かなのでしょう。

調子に乗るなよ と思わず声を荒げたくなるような言動や行動をする人の中には、この無視するという行動をする人が多いのではないでしょうか?人間ちやほやされてもそれに踊らされないような謙虚さを身につける必要があるでしょう。無視するというのは言語同断ではないでしょうか?

自信がある

無視する人の特徴の一つは「自信がある」です。

無視する人は、自分にかなり自信がある人もいるのではないでしょうか?人を無視すれば、相手は気分が良い訳がありません。この感情が原因となり、無視するという行動一つが、様々な軋轢を生み出す可能性があります。これは、仕事をしたり、社会生活を営む上でかなり大変な問題でしょう。

無視する人は、このような問題を抱えながら生き続けることになります。これは、相当な自信がなければ出来ることではないでしょう。

無視する人は、かなりの自信家であるとも言えるでしょう。

相手を馬鹿にしている

「相手を馬鹿にしている」のは無視する人の特徴の一つです。

挨拶をして無視をするという行動の背景には様々なものがあるかもしれません。

例えば「この人と関わると厄介だから、出来る限り遠ざけよう」という思いから、そうさせることがあるかもしれません。また「話しかけたいけれど、照れてしまうな」という思いから、そうすることもあるかもしれません。

ですが、相手を馬鹿にしている行動であることも多いのではないでしょうか?そして、人によって無視する人としない人がいるのであれば、しない人に対しては馬鹿にしている思いが強いのかもしれません。

「こいつだから無視しておいて良いだろう。」位に考え、鼻であしらうような真似をするのです。

器が小さい

無視する人の特徴の一つは「器が小さい」です。

無視する人は、器が小さい人であると言えるのではないでしょうか?

人を無視することで、相手よりも上の立場にいると錯覚したり、妙なエリート意識が無視する行動へと向かわせるということは、それだけの器の大きさであるということです。

器が大きい人は、もう少し大きな視点から物事を考えるのではないでしょうか?ですから、立場が上であるとか下であるとか妙な発想をすることは少ないでしょう。

無視する人は器が小さい人であると言えるのではないでしょうか?

無視される環境にいる

自分が無視されていて、誰かに同じことをする人もいるんじゃないかな。

「無視される環境にいる」のは無視する人の特徴の一つです。

人から無視されるというのは、気分が良くありません。日常的にこのような経験をしている人は、同じことを誰かにしたくなるのではないでしょうか?

例えば、学校で毎日無視されている学生がいたとしましょう。そうすれば、同じことを学校外で誰かにやりたくなるのではないでしょうか?

自分がされたことと同じことを誰かにやることによって、自分の心のバランスを取るのではないでしょうか?

階級社会で生きている

無視する人の特徴の一つは「階級社会で生きている」です。

無視する人は、普段ストレスを抱えて生きていることが多いのではないでしょうか?

例えば、階級社会の中で仕事をするなどし、生きているとしましょう。そうすれば、自分の意志に反して上からの命令に従わなくてはならないことが日常茶飯事でしょう。自分の判断の方が正しいにも関わらずそれが認められなかったり、新たな考え方を受け入れる風土が無い環境で暮らしていればストレスは相当なものでしょう。上の権力が絶大で、それに従う生活を何十年も繰り返していれば、もともと普通であった人も段々と感覚がずれてくるでしょう。

日常的に自らの意思に反して上からの指示に従う生活をしていれば、自分が支配したい感覚にかられるのではないでしょうか?支配欲の強い人に変貌させるのです。その気持ちが、他者を無視する行動へと繋がるのでしょう。

体面を気にする

体面を気にする人に無視する人が多いと思うな。

「体面を気にする」のは無視する人の特徴の一つです。

他人の目が気になる人がいます。人からどう思われるかを過剰に気にするタイプの人です。このような人は、人から挨拶をされたり、話しかけられても無視することが多いのではないでしょうか?

無視することでこちらの方が立場が上である、そちらは下であるとアピールすることによって他人の目に映る自分の存在をより大きく見せたいのでしょう。

相手や世間がどう考えているかは分かりません。本人が満足していれば、それで良いのでしょう。

考え方に偏りがある

無視する人の特徴の一つは「考え方に偏りがある」です。

無視する人は、考え方に偏りがあるのではないでしょうか?

「自分が他者よりも立場が上であるから無視してよい」などと考えているのであれば、考え方が偏っているのではないでしょうか?

自分の方が立場が上であるというのも、社会全体の大きな枠組みから考えるとおかしなものです。例えば、お金持ちが貧しい人よりも立場が上か?ということを考えてみれば、そのような考え方では違和感があるものです。

確かにお金持ちは経済的には豊かなのかもしれませんが、それだけで立場が上であると考えたり、エリートであると考えるのは、考え方に偏りがあるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?無視する人の特徴は以下になります。

プライドが高い・エリート意識が強い・図に乗っている

自信がある・相手を馬鹿にしている・器が小さい

無視される環境にいる・階級社会で生きている

体面を気にする・考え方に偏りがある

 

無視するという行動には様々な背景があるかもしれません。ですが、人間関係を円滑に進めるためにはあまり良いことだとは言えないでしょう。改善しようという思いがあるのであれば、まず挨拶から始めるのが良いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました