生活音がうるさい人 育ち10選![エピソード]

人生

生活音がうるさい人 育ち10選![エピソード]

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

生活音がやたらとうるさい人がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。どういう育ちをするとそうなるのだろう?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

生活音がうるさい人の育ちは以下になるよ。

生活音がうるさい人 育ち

元気が一番だった

音など関係なく元気が一番という方針の元で育てられる人もいるよね。

「元気が一番だった」は生活音がうるさい人 育ちの一つです。

女性A: 最近、家の近くに引っ越してきた人がいるんだけど、毎朝早くから生活音がすごくうるさいのよね。

女性B: そうなの?どんな音がするの?

女性A: うーん、トントントンって足音とか、ポチャポチャって音がする水道とか、ドアがガチャンって音を立てる音とか。

女性B: それは確かにうるさいわね。でも、その人が育った環境によっては、元気が一番だったりする場合もあるんじゃないかしら。

女性A: そうね、そんなこともあるかもしれないわね。

女性B: 私も昔、音楽を大音量で聴いていた時期があって、周りの人に迷惑をかけていたわ。でも、私の家族はみんな元気で楽しくあることが一番であると考えて、朝から音楽をかけて、良い気分になりながら大きな声で話したりすることが当たり前だったのよ。

女性A: そうだったら、その人に対しても理解を示さなきゃね。

女性B: そうね。でも、もしもうるさい音が続くようだったら、上手くコミュニケーションをとって、解決策を探ることも大切だわね。

騒がしい家族の存在

生活音がうるさい人 育ちの一つは「騒がしい家族の存在」です。

女性A: 最近、隣の部屋から聞こえる音がうるさいんだよね。

女性B: 何の音?

女性A: いろいろあるけど、特に子供たちの騒ぎ声とか、テレビの音とか。

女性B: そういうことってあるよね。私も昔、同じような状況にいたことがあるわ。

女性A: うん、でも、どうしてあんなにうるさいのかなって思ってたんだ。

女性B: 私の場合は、向かいに住んでいた家族がけっこう騒がしかったの。子供たちも元気いっぱいで、毎日うるさい音が聞こえてきたわ。

女性A: そうなんだ。でも、なんであんなに騒がしいのかなって思うよね。

女性B: 私は、その家族の育ちの背景があると思うんだよ。私がよく話を聞いていたら、彼らは昔から大家族で、いつも一緒に暮らしていたみたい。そうすると、自然と騒がしい環境に慣れてしまうんだろうね。

女性A: それはあるかもしれないね。でも、私にはちょっと理解できないかな。

女性B: そういう家庭環境で育った人たちは、静かな環境で過ごすことに慣れていないからね。だから、自分たちが騒いでいることに気づかないんじゃないかな。

女性A: なるほど、それであんなにうるさいんだね。

女性B: そうだね。でも、私たちが我慢しないといけないのかなって思うと、ちょっとイライラするよね。

女性A: うん、そうだね。でも、その家族が変わることは難しいから、私たちも諦めるしかないのかな。

女性B: そうだね。でも、忍耐力を身につけることも大事だよね。

暴力的な家庭環境で育った

暴力的な家庭で育てば、多少の音など気にしなくなることもありそうだね。

「暴力的な家庭環境で育った」は生活音がうるさい人 育ちの一つです。

女性A: あの人、生活音がうるさいよね。私ならあんなにうるさかったら耳が痛くなっちゃうわ。

女性B: うん、私もそうだよ。でも、あの人が暴力的な家庭環境で育ったって聞いたことがあるんだ。

女性A: 本当に?それは大変だったね。

女性B: うん、私もそう思う。でも、あの人がそんな環境で育ったからこそ、生活音がうるさいというクセがあるんじゃないかなと思うんだ。例えば、両親が暴力を振るいながら大声で叫ぶような環境で育ったら、多少の物音など気にしなくなることもあると思うんだ。

女性A: そうかもね。でも、それって自分で改善できるものじゃないの?

女性B: そうかもしれないけど、過去のトラウマや育ちの影響って、自分では簡単に克服できないものだよ。私も昔は同じような感じだったからわかるんだ。

女性A: なるほど、そういうことなんだね。私ももっと理解を深めるように努めたいと思うわ。

女性B: そうだね、互いに理解し合うことが大切だよね。あの人がうるさいときは、気持ちを切り替えて、彼女の育ちの背景を思いやってあげよう。

騒音が許容される背景で育った

生活音がうるさい人 育ちの一つは「騒音が許容される背景で育った」です。

女性A: 先週、私の家の隣に引っ越してきた人がうるさいんだよね。毎晩、遅くまで音楽を聴いたり、大声で話したりしていて、本当に迷惑なんだ。

女性B: そうだよね。でも、もしかしたら彼女は騒音が許容される背景で育ったとか、そういう育ちの背景があるのかもしれないよ。

女性A: それって本当にあるの?

女性B: あるよ。私も以前、同じような人がいたんだけど、その人は田舎で育っていたらしく、夜でも騒いでいても、誰からもクレームが来たことがなかったそうなんだ。

女性A: そういう背景があるんだ。でも、私たちが住んでいる場所は都会だし、そういうことができる環境ではないと思うんだけど。

女性B: そうかもしれないけど、彼女がそれを知っていたとしても、やめられないかもしれないよ。それに、育ちの背景って、人それぞれだからね。

女性A: それはそうだけど、私たちも迷惑なんだから、何か対策を考えなきゃいけないよね。

女性B: そうだね。まずは、彼女に優しく注意してみるとか、管理会社に相談するとか、いろいろ試してみる価値はあるかもしれないね。

テレビやラジオを常につけていた

「テレビやラジオを常につけていた」は生活音がうるさい人 育ちの一つです。

女性A: 最近、隣の家からうるさい音が聞こえるんだけど、あの人テレビとかラジオを常につけてるみたいなんだよね。

女性B: ああ、私も昔、そういう家に住んでたことがあるわ。私が小さい頃、母親が常にラジオを聴いていたのよ。

女性A: それで、うるさかったってこと?

女性B: うん、うるさいし、静かにしている時間がなかったの。朝起きて、ラジオがついてた。寝る前に、ラジオがついてた。家にいるときは、ずっとラジオがついてた。

女性A: それは大変だったわね。

女性B: そうなの。でも、私にとってはそれが当たり前だったから、あまり気にしていなかったのかもしれないわ。そして、結婚して夫から生活音がうるさいと注意されるまで、気づかなかったんだ。その人もそんな感じで気づいていないのかもね。

女性A: それは理解できるけど、私にはそういう生活は辛そうだわ。

女性B: あの家の人がどんな育ち方をしたかは分からないけど、私の母親は幼い頃から一人でいることが苦手だったみたい。だから、ラジオをつけて、ずっと音がある状態を作っていたのかもしれないわ。

女性A: それは納得できるけど、周りの人のことも考えてほしいわね。

女性B: そうね、でも、人それぞれ理由があるんだと思うわ。私たちも、他人から見たら理解できない行動をとっていることもあるかもしれないし。

女性A: そうだね、自分自身も意識しなきゃいけないわね。

音を大きく出す趣味や娯楽がある

生活音がうるさい人 育ちの一つは「音を大きく出す趣味や娯楽がある」です。

女性A: 最近、隣に引っ越してきた人の生活音がうるさいんだよね。

女性B: そうなんだ。どんな音がするの?

女性A: 毎晩、大音量で音楽を聴いたり、ドンドンと足音が鳴ったりしてるんだ。本当にうるさい。

女性B: それは辛いね。でも、そういう人って育ちの背景によることもあるんじゃないかな。

女性A: え、どういうこと?

女性B: 私が前に住んでたアパートにも、音を大きく出す人がいたんだ。その人は音を大きく出す趣味があったんだけど、実はその人の育ちの環境がそうだったんだよ。

女性A: どういう環境?

女性B: その人の親はミュージシャンで家で練習をすることが多かったみたい。そういう環境にいると、音にこだわりが出来てしまって、普通の音では満足できなくなるんだと思う。

女性A: それはなるほどね。でも、うるさいのはやっぱり困るんだよね。

女性B: 確かにそうだけど、それでも相手の気持ちを考えて、まずは話し合いが必要かもしれないよ。そうすれば、解決策を見つけることができるかもしれないし。

女性A: そうだね。でも、なかなか話し合いって難しいよね。

女性B: そうかもしれないけど、まずは相手の立場や気持ちを理解することが大切だよ。そして、自分の気持ちもきちんと伝えて、共通の解決策を模索することが大切だと思う。

騒音に敏感でない家庭環境で育った

音に鈍感な家庭もありそうね。

「騒音に敏感でない家庭環境で育った」は生活音がうるさい人 育ちの一つです。

女性A:最近、新しい隣人が引っ越してきたけど、毎晩のように大きな音がうるさいのよね。私は騒音に敏感で、寝付けなくなるわ。

女性B:あら、私はあまり気にならないわ。子どもの頃に、騒音に敏感でない家庭環境で育ったからかもしれないわね。

女性A:そうなの?私も同じように育ったけど、それでもうるさい音には敏感になったわ。あの人たち、本当にうるさくて困るわ。

女性B:でも、あの人たちも自分たちにとっては育ちの影響で普通の音に感じるのかもしれないわよ。私たちがうるさく感じる音でも、彼らにとっては普通の生活音なのかもしれないわ。

女性A:そうなのかもしれないけど、それでも私にはうるさいのよ。でも、確かに育ちの環境って影響があるのかもしれないわね。

女性B:そうよね。私たちはそれぞれの背景や経験によって、物事を受け止める感覚が違うのかもしれないわね。ただ、今後もうまく付き合っていけるように、話し合いの場を作ってみるのもいいかもしれないわね。

騒音を制御する方法が教えられなかった

生活音がうるさい人 育ちの一つは「騒音を制御する方法が教えられなかった」です。

女性A:あのさ、今朝もまた向かいの家から生活音がうるさかったよ。あの人たちってどうしてあんなにうるさいんだろう?

女性B:それはね、その人たちの育ちの背景によるものかもしれないんだよ。

女性A:育ちの背景?

女性B:そう、例えば、家が騒がしかったり、周りが騒がしかったりする環境で育った人は、静かな環境に慣れていないから、自然に騒音を出してしまうことがあるんだよ。

女性A:そうなんだ。

女性B:でも、その人たちには騒音を制御する方法が教えられなかったかもしれないから、うるさくても仕方がない場合もあるんだよ。

女性A:そうだね、そういうこともあるんだろうね。でも、向かいの家からのうるささが本当に気になるんだよね。

女性B:わかるよ。私も以前、隣人からの騒音に悩まされたことがあるから。でも、まずは話しかけてみるといいかもしれないよ。相手の立場に立って、やさしく言ってみると、効果があるかもしれないから。

女性A:そうだね、話しかけてみるよ。

多人数で共同生活をしていた経験がある

大人数で暮らしていれば生活音など気にならなくなるかも。

「多人数で共同生活をしていた経験がある」は生活音がうるさい人 育ちの一つです。

女性A: 最近、隣の部屋の人の生活音がうるさいんだよね。特に夜中になると、ガシャガシャと音がするのが気になるんだ。

女性B: そうなんだ。私も前に住んでいたアパートの上の階の人が、いつも足音がうるさくてストレスだったな。

女性A: でも、あの人たちって、多人数で共同生活をしていた経験があるかもしれないよ。そのせいで、自分の生活音に対して鈍感になってしまっているのかもしれないね。

女性B: それは確かにありそうだね。私も大学の寮で一緒に住んでいた時、何人かのルームメイトがいたけど、その中には物音がうるさくて注意したこともあったな。ところが気づけば自分も慣れていた。

女性A: そうなんだよね。共同生活をしていると、どうしても自分たちの生活音に慣れちゃうから、周りからはうるさく感じられるかもしれないね。

女性B: そうかもね。でも、やっぱりうるさいのは困るし、注意してもらわないと。

女性A: そうだね。でも、注意する時には、相手の育ちの背景にも思いを馳せてあげると、より効果的になるかもしれないね。

住んでいる地域が交通量の多い場所である

生活音がうるさい人 育ちの一つは「住んでいる地域が交通量の多い場所である」です。

女性A: 最近、私たちのアパートに引っ越してきた人がいるんだけど、毎日うるさいんだよね。夜中にも関わらず、テレビの音がうるさくて眠れないんだよ。

女性B: それはつらいね。でも、もしかしたら彼女には育ちの背景が関係しているかもしれないよ。

女性A: どういうこと?

女性B: 私も以前、似たような人を知っていたんだけど、彼女が育った地域が交通量の多い場所だったの。そのため、音に対する感度が鈍くなってしまったみたいなんだ。

女性A: そうなの?それは知らなかった。でも、うるさい音に慣れるってこと?

女性B: そうみたい。子どものころからそういう音に普通に暮らしてきたから、気にならなくなってしまったんだと思うよ。

女性A: なるほど。でも、私たちにとってはうるさいわけだから、彼女にも理解してもらえるように伝えてみようかな。

女性B: それが一番だね。彼女も気づかないうちにうるさくしてしまっているかもしれないし、話し合いは大事だよ。

このページに興味がある方にオススメのページ

都会向いてる人 診断

家庭環境が悪い人の特徴

家で過ごすのが好きな人の特徴

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

生活音がうるさい人の育ちは、様々な要因によって影響を受けます。個人的な性格や環境、社会的な文化や価値観などが、その原因となっていると考えられます。

生活音がうるさい人になってしまう原因の一つは、子供の頃の環境や教育にあると考えられます。例えば、家庭で騒がしい生活をしていたり、親から注意を受けることが少なかった場合、自分の行動に制限を感じなくなり、周りに迷惑をかけることがあるでしょう。また、社会的な背景や価値観によっても、騒音を気にしない傾向がある地域や家庭が存在することも考えられます。

ですが、これらの原因がすべての人に当てはまるわけではありません。生活音がうるさい人は、自分の行動が周りに与える影響を理解し、配慮することが大切です。また、周りの人たちも、相手の状況や性格を理解し、適切な方法でアプローチすることが重要でしょう。

生活音がうるさい人の育ちには様々な要因があると言えますが、自分の行動について周りとコミュニケーションをとることが、問題の解決につながると考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました