勘違い野郎10の特徴

人生

勘違い野朗10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

「アイツは勘違い野郎だ」などと言われる人がいるよね。

イタチ
イタチ

どんな人がそう言われてしまうのかな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

勘違い野郎の特徴は以下になるよ。

勘違い野朗の特徴

職場などに「勘違い野郎」「勘違い女」などと言われている人がいないでしょうか?そのように呼ばれる人には共通する特徴があるのではないでしょうか?勘違い野郎の特徴は以下になります。

ズレている事に気付かない

ズレている事に気付かないと勘違いしていると言われてしまうと思うわ。

「ズレている事に気付かない」のは勘違い野郎の特徴の一つです。

勘違い野郎は自分がズレていることを全く考えたこともないタイプではないでしょうか?

よくありがちであるのは「あいつはズレている」などと文句を言っている方が、実はかなりズレていて集団から浮いているケースです。変わり者であっても、それが個性として認められている時には「一風変わった人」と扱われるでしょう。

ですが、世間一般とズレていることが、他者をイライラさせたり、気分を害する人は「勘違い野郎」と呼ばれてしまうのではないでしょうか?

また、勘違いブサイク女などと強烈な悪口を言われる女性がいるものです。世間が「可愛い」「綺麗だ」と考えている基準を理解しておらず、自分はその基準に達しているとズレた感覚を持っていると、そのように酷いことを言われてしまうのではないでしょうか?

空気を読めない

勘違い野郎の特徴の一つは「空気を読めない」です。

「ちょっと空気を読んで欲しいなぁ」と人に対して思うことがないでしょうか?このようなタイプの人は、多くの人から勘違い野郎と呼ばれることが多いのではないでしょうか?

例えば、生意気な態度の新入社員が「あの新入りは勘違い野郎だ」と呼ばれたりするのは、その職場において空気を読めていないことが原因であることも多いのではないでしょうか?周りが見えない人になっているのかもしれません。

「新入社員であれば〇〇のように振る舞う」といったような暗黙知があるにもかかわらず、そういったものを察することなく、自分の事しか考えないマイペースな人であれば、勘違い野郎と言われてしまうことも多いでしょう。

マナーが悪い

勘違いしている人はマナーが悪い人も多いと思うな。

「マナーが悪い」のは勘違い野郎の特徴の一つです。

勘違い野郎の中にはマナーが悪い人も多いのではないでしょうか?挨拶をしっかりしなかったり、組織で働いているにもかかわらず、言葉遣いが悪かったりするような人がいないでしょうか?

このようにマナーが悪いことを日常的にしていると「あいつは勘違いしてる」などと陰口を叩かれてしまうのではないでしょうか?言葉遣いがちょっと悪いだけで、他の行動には何ら問題がなくても、相手を不快にさせイライラさせる人がいるものです。

マナーが悪いと勘違い野郎と思われてしまう事は多々あるでしょう。

年齢の割に幼稚

勘違い野郎の特徴の一つは「年齢の割に幼稚」です。

勘違い野郎は年齢の割に幼稚な人も多いのではないでしょうか?

例えば、小学生位の子供が言っているような、たわけた話を社会人になっても平然と続けている人を見ていると思わず「勘違い野郎だ」と感じてしまう人は多いのではないでしょうか?これは他人に対してばかりではなく、自分の身内に対して感じることもあるのではないでしょうか?

例えば、自分の子供がある程度の年齢になっても実家暮らしを継続し気ままに生活しているにもかかわらず「またこんな飯か」などと文句を言えば、聞いている母親も「この勘違い野郎!」と思わず言いたくなるのと同時に「我が子はなんて幼稚なのだろう」と悲しくなるのではないでしょうか?

常識がない

「常識がない」のは勘違い野郎の特徴の一つです。

勘違い野郎と呼ばれる人は常識感覚が欠落していることが多いのではないでしょうか?

例えば、私の知り合いが最近ぼやいていた話ですが、仕事について若手の同僚が教えて欲しかったらしくメールを送ってきたそうなのです。その言葉遣いを見ていると、常識がないと思ったのと同時に「なんて生意気な勘違い野郎だ」と憤慨したのだそうです。

メールを送った相手は悪気はなかったのかもしれませんが、少しばかり常識が欠落していたせいで、このように相手に思われたのかもしれません。

考えが甘い

勘違い野郎の特徴の一つは「考えが甘い」です。

勘違い野郎と呼ばれる人を見ていると、考えが甘いと感じることも多々あるのではないでしょうか?

昭和的な内容のドラマや映画を見ていると、よく主人公が「人生をなめているのか!」などと怒られるシーンがありますが、こういった状況では人生に対する考えの甘さから来る勘違いを指摘されていると言って良いでしょう。

また、上司から仕事に関する計画を出すように求められ、若手社員が提出した時に「こんな計画でうまくいくと思っているの?」と言われる場面でも、その考えの甘さから仕事に関して勘違いしていると思われているでしょう。

人に迷惑をかける

人に迷惑をかけるのは勘弁して欲しいよ。

「人に迷惑をかける」のは勘違い野郎の特徴の一つです。

勘違い野郎と呼ばれる人達を見ていると、人に迷惑をかけることが多々あるのではないでしょうか?

その理由の一つは、短絡的な発想が根本にあるのではないでしょうか?もう少ししっかりと考えてから何かを言ったり行動してみれば良いものを、思いついた時に思いつくまま行動してしまうので、最終的に人に迷惑をかけ、勘違い野郎と呼ばれることが増えてしまうのではないでしょうか?

短絡的な人は勘違い野郎と呼ばれることも多いのではないでしょうか?

恥知らず

勘違い野郎の特徴の一つは「恥知らず」です。

勘違い野郎と呼ばれる人は恥知らずで厚かましい人も多いのではないでしょうか?

私が昔ある女性から聞いた話ですが、職場に少し勘違いをしている若手同僚がいたのだそうです。その若手のことで知り合いはよくイライラさせられていたので、私が「どうしてそんなにイライラするの?」と尋ねると、「いつもあの人は厚かましいお願いばかりするんだよ。例えばこの間も、ろくに仕事もしていないのに、突然人に話しかけてきたかと思えば“クッキーの一枚でもありませんか?“と尋ねるんだよ。お腹がすいたのなら何か買いに行けば良いのに、自分でお金を使いたくないからそんなことを言い出すんだよ。本当に勘違い野郎だよ」と言っていました。

勘違い野郎は恥知らずであることが多いのではないでしょうか?

だらしない

勘違いしている人は様々な面において、だらしない人が多いと思うわ。

「だらしない」のは勘違い野郎の特徴の一つです。

勘違い野郎と呼ばれる人はだらしない人であることも多いのではないでしょうか?

だらしないと言うのは単に身なりばかりではありません。お金にだらしない人、生活にだらしない人、身持ちが悪い人なども含まれるのではないでしょうか?

だらしなさが言動や行動になって現れて、そして他人から「勘違い野郎」と言われることにつながるのではないでしょうか?

無茶苦茶な事を言う

勘違い野郎の特徴の一つは「無茶苦茶な事を言う」です。

世の中には悪質なクレーマーがいるものです。常識に反した無茶苦茶なことを言うものです。自分が世間の常識を理解していないことを棚に上げておきながら、自分の主張だけは堂々とするものではないでしょうか?

例えば、私が実際に聞いたことがある話ですが、飲食店でいつもツケにするお客さんに対して、ある日店主が言ったのだそうです。「お客さん、そろそろツケを払ってもらわないと困りますよ」そうするとその客は「金のことでいちいち細かいことを言うなよ。うるせえな」と答えたのだそうです。

勘違い野郎は無茶苦茶なことを言うダメ人間であることも多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?勘違い野郎の特徴は以下になります。

 

ズレている事に気付かない・空気を読めない

マナーが悪い・年齢の割に幼稚

常識がない・考えが甘い・人に迷惑をかける

恥知らず・だらしない・無茶苦茶な事を言う

 

勘違い野郎になると一番困る事は社会的な信用を著しく下げてしまうことではないでしょうか?そうならないためにも、社会的な常識を最低限知っておかないといけないのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました