イライラさせる人10の特徴

人生

イライラさせる人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

妙にイライラさせる人がいると思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。人によってイライラの対象は違うけれど、そんな人がいると思うな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

イライラする人の特徴は以下になるよ。

イライラさせる人の特徴

ルールを守らない

ルールを守らない人にはイライラさせられるわ。

「ルールを守らない」のはイライラさせる人の特徴の一つです。

ルールや約束を守らない人にはイライラさせられることが多いのではないでしょうか?

例えば「書類の提出は来週の水曜日まで」と決められているにも関わらず、期限をかなり過ぎたところで提出してくる人はいないでしょうか?また、ゴミを出す日が決まっているのにもかかわらず、全くルールを気にすることもなく好きなタイミングでゴミを出し、カラスに荒らされ周辺の人々を不快にさせている人もこのようなタイプではないでしょうか?

空気を読まない

イライラさせる人の特徴の一つは「空気を読まない」です。

空気を読まない人も他者をイライラさせるのではないでしょうか?

例えば、良い雰囲気になった男女がいる時に、周囲が気を遣い2人だけでゆっくりと時間を過ごすことができるように配慮しているとしましょう。そんな時に、そのような空気を読むことができずに、2人の間に割って入って話をし始め、せっかくの雰囲気をぶち壊しにするような人がいないでしょうか?

ぶち壊しにされた2人も怒るでしょうが、同時に、そのような場を作り上げた周囲の人もイライラさせられるのではないでしょうか?

人のことを考えない

人の事を考えない人にはイライラさせられるね。

「人のことを考えない」のはイライラさせる人の特徴の一つです。

人のことを考えずに、自分のことばかり主張したり、自分の行動を優先させる人には多くの人がイライラさせられるのではないでしょうか?

そして「どうして他者に対する配慮ができないのだろうか?」と思うのではないでしょうか?中には悪気がなくて自分のことしか見えない人もいるものです。ですが、相手に悪気があっても無かったとしても、人のことを考えない言動や行動は周りの人の顰蹙につながるので、気をつけなければならないでしょう。

間が悪い

イライラさせる人の特徴の一つは「間が悪い」です。

間が悪い人がいないでしょうか?

例えば、家族揃って出かけようとしている時に、何の連絡もなく突然やってきて、こちらの出発を遅らせるような人がいないでしょうか?

誰しもこのような形で相手に迷惑をかける事はあるものです。ですが、何度も何度もこのように相手に迷惑をかけ続けると、間が悪い人と思われ、相手をイライラさせてしまう可能性が高いのではないでしょうか?

また、こちらが気持ちよく仕事をしたい時に、仕事に関する質問を、何度も何度も実に間の悪いタイミングでばかりしてくる人がいないでしょうか?自分の仕事をなかなか出来ない状態にさせられると非常にイライラしてしまうものではないでしょうか?

間が悪い人は人をイライラさせるでしょう。

気に障ることを言う

「気に障ることを言う」のはイライラさせる人の特徴の一つです。

自分が気にしていることを相手に指摘されると、すごく嫌な気分になるのではないでしょうか?

例えば、自分が肌が弱く肌荒れを気にしているとしましょう。そんな時に「あなた、お肌荒れているわよ」などと言われると、すごくイライラさせられるでしょう。

また、自分はあまり勉強ができるタイプではないとしましょう。それなりに勉強しているのにも関わらず、あまり成績が良くなくて悩んでいる時に両親が「お前、ほんとに勉強ができないな」などと言われると、ものすごくイライラさせられるのではないでしょうか?

気に障ることを言う人は他者をイライラさせるものです。可能な限り会いたくない人でしょう。

自分の感覚と違いすぎる

イライラさせる人の特徴の一つは「自分の感覚と違いすぎる」です。

自分の感覚と違いすぎる相手には、誰でもイライラさせられるのではないでしょうか?

例えば、自分がせっかちであり、次々に素早く行動するタイプであるとしましょう。そんな時に、自分のペースでゆっくりとやるマイペースな人が側にいたとしましょう。その人と一緒に仕事をする必要があれば、ものすごくイライラさせられるのではないでしょうか?

また、次のような場合もイライラさせられるのではないでしょうか?例えば、同棲しているとしましょう。自分がかなり潔癖症であり、一緒に住んでいる彼氏が散らかし放題のタイプで、きれいに部屋を保とうという意識があまりない場合に「どうしてこんなに汚くしていられるのだろうか?」などと思い、イライラさせられるでしょう。

さらに、自分が落ち着きがあるタイプであるのに、相手が落ち着きがない人であれば「どうして落ち着きがないのだ!」とイライラするでしょう。

自分と相手の感覚が違う時にはイライラさせられることが多いのではないでしょうか?

ずるい

ずるい人にはイライラしてしまうわ。

「ずるい」のはイライラさせる人の特徴の一つです。

ずるい人にもいろいろなタイプがいるものです。ごまかす人、人を巧みに利用する人、たかる人など様々な人がいるものですが、非常にイライラさせられるのではないでしょうか?

特に、自分が正直な人であれば、すごく憤りを感じるのではないでしょうか?そして「ずるい人が得をするなんて世の中は不条理だ」などと思ってしまうのではないでしょうか?ずるいことをしている人の方が、自分よりも得をしている姿を見ていると、許せない気持ちになることも多々あるのではないでしょうか?

文句ばかり言う

イライラさせる人の特徴の一つは「文句ばかり言う」です。

口を開けばいつも文句を言う人がいるものです。このような人にはすごくイライラさせられるのではないでしょうか?

例えば、夫の健康を考え料理をしている妻がいるとしましょう。血圧が高い夫のために薄味にし、あれこれ工夫を凝らして調理をしているにも関わらず「この料理はあまり美味しくないなぁ。全然味気がない。」などと、料理を食べる度に妻に文句を言い続ければ、妻はイライラが募るどころか怒りが爆発してしまうのではないでしょうか?

文句ばかり言う人は他者をイライラさせるものです。

偉そう

偉そうな人にはイラっとするな。

「偉そう」なのはイライラさせる人の特徴の一つです。

ネット上で叩かれる人がいるものです。理由には様々なものがありますが、上から目線でものを言う人は叩かれる対象になるのではないでしょうか?

では、なぜ叩かれてしまうのでしょうか?その理由の1つは、実に偉そうに聞こえるからでしょう。どんなに正論を述べていても偉そうな言葉遣いをしていれば、相手の考えの良し悪しよりもまず先に、その偉そうな言葉遣いに意識が行ってしまう人が大半ではないでしょうか?

偉そうな言葉遣いをしていると言うだけで、イライラさせられるのであれば、誰も耳を傾けなくなるのではないでしょうか?

妬む要素がある

イライラさせる人の特徴の一つは「妬む要素がある」です。

イライラさせられる要素の1つに、相手に対する妬みがあるのではないでしょうか?

たとえ相手が悪い人では無いと分かっていても、相手に自分よりも優れたところがたくさんあれば、イライラさせられてしまう人が多いのではないでしょうか?

例えば、自分が毎日 クタクタになるまで働いているにも関わらず、なかなかお金が貯まらないとしましょう。一方で、毎日ほとんど仕事をしていないにも関わらず大金を手にしている人がいるとしましょう。

お金が無い人がそのようなお金持ちを目の前にすると、自分の不甲斐なさを感じるのと同時に、イライラさせられることが多いのではないでしょうか?

良くも悪くも、妬まれる人には、妬む人がイライラしてしまう要素を持っていることが多いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?イライラさせる人の特徴は以下になります。

 

ルールを守らない・空気を読まない

人のことを考えない・間が悪い

気に障ることを言う・自分の感覚と違いすぎる

ずるい・文句ばかり言う

偉そう・妬む要素がある

 

イライラさせる人には様々な特徴があるものです。もし、自分が人をイライラさせることが多いのであれば「他者をイライラさせる特徴を自分は持っているのかもしれない」と、一度考えてみるのも良いのではないでしょうか?もし、イライラさせる要素を持っていることに気付いたのであれば、それを改善するように努めてはいかがでしょうか?ビックリさせる位、周囲の印象を変えることができるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました