扱いにくい人10の特徴・診断

人生

扱いにくい人10の特徴・診断

ピゴシャチ
ピゴシャチ

扱いにくい人っているよね。

イタチ
イタチ

そうだね。だけど、具体的にどんな特徴を持っている人だろう?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

扱いにくい人の特徴は以下になるよ。

扱いにくい人診断

以下の質問に答えることで、扱いにくい人度合いが分かります。

 

Q1.面倒ばかり起こすと思う。

Q2.癖があると思う。

Q3.不機嫌なことが多い。

Q4.頑固だと思う。

Q5.捻くれていると思う。

Q6.わがままなところがあると思う。

Q7.ネガティブな性格だと思う。

Q8.短気だと思う。

Q9.反抗的なところがある。

Q10.考えていることが分からない。

 

該当個数1-2・・扱いにくい人度合いは低いでしょう。

該当個数3-4・・扱いにくい人度合いは中程度でしょう。

該当個数5以上・・扱いにくい人度合いは高いでしょう。すでに周りからそう思われている可能性が高いでしょう。

扱いにくい人特徴

面倒ばかり起こす

面倒ばかり起こす人は扱いにくいわ。

「面倒ばかり起こす」のは扱いにくい人の特徴の一つです。

世の中には色々な扱いにくい人がいますが、面倒ばかり起こす人はその中の一人ではないでしょうか?他人とすぐに揉め事を起こしたり、暴力沙汰の事件を起こしたり、他人の世話にばかりなる人です。

このようなタイプの人が家族の中にいると、非常に疎まれる存在となるのではないでしょうか?また、そのような状態に陥ることにより、更に扱いにくい人になってしまうことが多いのではないでしょうか?そして「自分は邪険な扱いをされる」と文句を言う人も多いのではないでしょうか?

癖がある

扱いにくい人の特徴の一つは「癖がある」です。

人とは違った言動や行動をするような癖がある人も扱いにくいことが多いのではないでしょうか?

別に人と同じ言動や行動をする必要はありませんが、人と同じようなことをする人は、周囲の人と同じような考え方をすることが多いのではないでしょうか?結果として、対応する側がおおむね予測ができる言動や行動をすることが多いものです。

ところが癖がある人はどうでしょうか?人とは違うので対応する側が予想することが難しくなります。結果として扱いにくい人になるのではないでしょうか?

不機嫌

いつも不機嫌な人は扱いにくいな。

「不機嫌」なのは扱いにくい人の特徴の一つです。

いつも不機嫌で気難しい人がいます。機嫌が悪い時には挨拶をしても無視する人です。相手をするのが面倒くさいからと話しかけないでいれば、相手のプライドを傷つけてしまうためなのか、機嫌が悪くなります。

このような人が組織にいると、大変その場の雰囲気が悪くなったり、仕事をやりづらくなることが多いのではないでしょうか?

頑固

扱いにくい人の特徴の一つは「頑固」です。

自分の周りに非常に頑固な人がいて困ってる人もいるのではないでしょうか?頑固な人が非常に困るのは、人の話を聞かない人であることが多いからではないでしょうか?

自分の考え方にこだわって、周りの話になかなか耳を傾けることができない人がいるものです。このような人が年をとると更に厄介になることも多いのではないでしょうか?年をとればとるほど、頑固さに磨きがかかり、手がつけられなくなることも多いのではないでしょうか?頑固な人は非常に扱いづらいものです。

捻くれている

「捻くれている」のは扱いにくい人の特徴の一つです。

なんでも物事をねじ曲げて解釈する人がいるものです。例えば、 こちらが相手のことを褒めたとしましょう。そうすると「白々しい。この人はゴマばかりする人だ」といった表情を浮かべる人はいないでしょうか?

人の言ったことを素直にそのまま受け取れず、捻じ曲げて解釈する人でしょう。捻くれ者は扱いにくい人と言っていいのではないでしょうか?

わがまま

扱いにくい人の特徴の一つは「わがまま」です。

人の事を全く考えないわがままで身勝手な人がいるものです。人に多くのリクエストをするにも関わらず、自分が要求される側になる時には、すごく嫌な顔をしたり怒り出す、身勝手な人はいないでしょうか? どのように接すればよいのか距離感に困ってしまうタイプではないでしょうか?

ネガティブ

ネガティブな人は対応に困るよ・・。

「ネガティブ」なのは扱いにくい人の特徴の一つです。

ポジティブな人からアドバイスを求められた時には、こちらの話を真剣に聞いて、素直にそのままを受け入れてくれることが多いので、非常に対応するのが楽になります。

一方で、いつも否定的な話ばかりし、表情も暗い人を相手にするのは非常に大変ではないでしょうか?関わらない方がいい人と考える人も多いでしょう。相手に相談を持ちかけられ、こちらが親身になって色々とアドバイスしても、なかなか否定的な発想を変えることができず、いつも暗い気持ちの人は、非常に扱いにくい人と言っていいのではないでしょうか?

短気

扱いにくい人の特徴の一つは「短気」です。

ちょっとしたことでもすぐに腹を立て怒り出す人がいるものです。例えば、ジョークのつもりで言ったことにものすごく立腹し、一日中機嫌を損ね、口を聞いてもらえないことがあるものです。また、人から何か気に障ることを言われると、我慢せずにすぐに怒ってしまいます。このような人は扱いにくい人ではないでしょうか?

怒り出す沸点が状況によってマチマチなので、判断に困ってしまうことが多いのではないでしょうか?

反抗的

なんでも反抗する人は扱いにくいな。

「反抗的」なのは扱いにくい人の特徴の一つです。

社会や周囲の人に対して反抗的な人がいるものです。人の話にすぐにケチをつけたり、まず相手を否定することから話し始める人がいます。また、何かを言えばすぐに食ってかかる人もこのタイプの人でしょう。

こういった人を相手にする時は、常に相手の機嫌を伺いながら、話をしたり対応しなければならないことが多いので、非常に扱いにくいことが多いものです。面倒くさければ、放置しておくのが良いでしょう。

考えていることが分からない

扱いにくい人の特徴の一つは「考えていることが分からない」です。

怒っているのか、悲しんでいるのか、喜んでいるのか無表情すぎて全く分からない人がいないでしょうか?

何を考えているのかわからない人も、扱いにくい人ではないでしょうか?ひどい場合には、こちらが何を話しかけても、無表情で会話が成り立たない人もいるものです。そのような状況に置かれると、早くその場から立ち去りたい気分になることも多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?扱いにくい人の特徴は以下になります。

 

面倒ばかり起こす・癖がある・不機嫌

頑固・捻くれている・わがまま

ネガティブ・短気

反抗的・考えていることが分からない

 

世の中には様々な扱いにくい人がいるものです。相手の性格に問題があってそうなることも多いでしょう。ですが相手に悪気がないこともありそうです。円滑な人間関係を考えると、扱いにくい人には距離感を保って接することが一番ではないでしょうか?人間関係は距離感で解決できることも多いものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました