人の話を聞かない人5つの原因と5つの対処法

人生

人の話を聞かない人5つの原因と5つの対処法

ピゴシャチ
ピゴシャチ

人の話を聞かない人がいるね。これに頭を抱える人も多いと思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。相手に非があるのに、こちらの話を聞かない人がいて腹立たしいことがあるわ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

人の話を聞かない人の原因と対処法にはどのようなものがあるかな?

 

人の話を聞かない人の原因

自分が正しいと思い込んでいる

自分が正しいと思い込んだら、相手の話を聞こうと言う意識はなくなるかもね。

人の話を聞かない人の原因の一つは「自分が正しいと思い込んでいる」です。

自分が正しいと思い込んでいる人が、人の話をなかなか聞き入れないのは経験的に皆知っていることではないでしょうか?

例えば、高齢者に何か問題がある時に、周囲の人間の客観的判断に照らし合わせると明らかにおかしいので指摘すると、高齢者が急に不機嫌になったり、怒り出すことがあります。

頑固な性格であるケースもありますが、本人が「自分が正しい」と思い込んでいるので、人の話を聞かないことは多々あるのではないでしょうか?

負けず嫌い

「負けず嫌い」なのは人の話を聞かない人の原因の一つです。

人の話を聞かない人の中には、負けず嫌いな性格の為である人がいます。相手の話は正しいと思うものの“相手の話に同意するのはプライドがあるから出来ない・・”このように考える人も多いのではないでしょうか?相手にすると厄介なタイプです。

例えば、一人暮らしが出来なくなってきている高齢者などにもそのような部分が見受けられるのではないでしょうか?明らかに問題を抱えているために、こちらが指摘すると話を聞こうとしないなどです。

相手が負けず嫌いな人で話を聞いてもらうのが大変だと感じたら、まず相手のプライドを潰さないことを優先するのが良いでしょう。

自分の世界に夢中

自分の世界に没頭する人は、人の話を聞かないことがよくあると思うな。

人の話を聞かない人の原因の一つは「自分の世界に夢中」です。

人の話を聞かない人の中には、何かに没頭して自分の世界に夢中になっている人もいるものです。何かに打ち込む人にもそのような傾向があるかもしれません。

特に悪気はないものの、よく考えごとをするような人の中にはこのような人がいるものです。「こちらの話を聞いてくれないな」と思ったら「相手に悪気はなくて自分の世界に夢中なのではないか?」と考えてみましょう。

相手を見下している

「相手を見下している」のは人の話を聞かない人の原因の一つです。

世の中には一定数、どうしようもない人もいるものです。あちらが明らかに間違っているので話をしても、人の話を無視する人、ああだこうだと理由をつけごまかす人もいます。

このような人達が、人の話を聞かない理由の一つは、相手を見下していることがあるでしょう。人を見下す人は、相手の話を真摯に聞こうとする意識もないことは、誰しも経験から知っていることが多いのではないでしょうか?

相手の性格の良さにつけ込んでいる

相手の性格の良さにつけ込もうとする、ずるい人がいるな。

人の話を聞かない人の原因の一つは「相手の性格の良さにつけ込んでいる」です。

相手から何かを指摘されることが分かっている時に、相手の性格の良さにつけ込む人がいるものです。

例えば、先生の言うことを聞かない子供などがそうですが、怖い先生の時には必ず言うことを聞く子供が、やさしい先生の時には「この人はやさしい人だから別に言う事を聞かなくても許してくれるだろう」とつけ込む子供がいます。

人の話を聞かない人5つの対処法

まず相手の言いたいことを言わせる

「まず相手の言いたいことを言わせる」のは人の話を聞かない人の対処法の一つです。

人の話を聞かない人は頑固であることが多いものです。ですから、こちらの話に聞く耳を持たない時に、力づくで押し通そうとしてもうまくいかないのは誰でも経験があるでしょう。

人の話を聞かない人には、相手の話をジックリ聞く姿勢が必要になるでしょう。こちらが聞く姿勢があることが分かれば、相手が心を開く場合もあるものです。

喧嘩腰にならない

相手が喧嘩腰であれば、相手の話を聞こうと言う気持ちになれなくなるな。

人の話を聞かない人の対処法の一つは「喧嘩腰にならない」です。

こちらが何かを言っても、なかなか話を聞こうと言う姿勢が無い人がいます。このような人の中には、プライドがあるからなのか、なかなか自分が悪いと分かっていても認めないことが多々あります。

こういう時は、確かにイライラするものですが、ここで感情に任せて喧嘩腰になれば相手は益々意地を張る時があります。こうなると非常に厄介です。ですから、腹が立っても決して喧嘩腰にならないことが大切です。

何度か伝える

「何度か伝える」のは人の話を聞かない人の対処法の一つです。

人の話を聞く姿勢が無い人に対処するのは大変なものですが、どうしても聞いてもらわなければならないことも時にはあります。そのような時には、何度か伝えてみるのも一つの手でしょう。

相手の状況に応じて、何度か伝えるのにも方法があります。何度か感覚をおいて相手に伝え意識させれば済むこともあるでしょう。また、絶対に守ってもらわないと困る時には、強気で迫ることも必要になるでしょう。

知り合いから聞いた話ですが、遅刻を繰り返す社員に生活態度を改めるように指導したものの、改善されないので、ある日こう言ったそうです。

「遅刻はしないで下さい!」これを本人に複数回連続で言ったのだそうです。そうすると「そんなに何回も言われたことがない」と相手は答えたのだそうですが「私も初めてだ」と返答したのだそうです。これ以降遅刻は無くなったのだそうです。

事実を突きつける

ビシッと事実を突きつけるのも一つの手よね。

人の話を聞かない人の対処法の一つは「事実を突きつける」です。

人の話を聞かない人に聞いてもらうための方法の一つは、事実を突きつけるです。

言い訳をすることが得意な人や口が巧みな人は、こちらが話をしても、のらりくらりとかわすものです。そうされない為には、事実を突きつけるのも方法の一つです。

例えば、事前に取り決めをしていたことに関して文書やメールと言った形で保存しておけば、相手が言い逃れしてくることがあっても、それを提示することによってそうできなくなるでしょう。

また、この方法のもう一つのメリットは相手がずるい人の場合、事実を証拠として残すことによって、相手に「この人にずるい真似は出来ない」と意識させることが出来ます。そう思わせるだけで相手がのらりくらりしたり、言い訳をしなくなることもあります。ずるい人への対処法の一つです。

ただし、事実を突きつけられると逆切れをして威圧する人もいるので、タイミングには注意が必要です。

言っても聞き入れない人もいると割り切る

「言っても聞き入れない人もいると割り切る」は人の話を聞かない人の対処法の一つです。

相手が明らかにおかしなことを主張しており、こちらがあらゆる手段を尽くし話をしても、それを受け入れない人もいるものです。愛想を尽かすような人です。場合によっては悪質なケースもあるでしょう。

このような状態になったら「世の中言ってもわからない人が一定数いるものだ」と割り切ることも必要でしょう。ですが、このような人は天罰が下る人です。黙ってその時を待っていれば良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?人の話を聞かない人5つの原因は以下になります。

自分が正しいと思い込んでいる・負けず嫌い

自分の世界に夢中・相手を見下している

相手の性格の良さにつけ込んでいる

 

人の話を聞かない人5つの対処法は以下になります。

まず相手の言いたいことを言わせる・喧嘩腰にならない

何度か伝える・事実を突きつける

言っても聞き入れない人もいると割り切る

 

人の話を聞かない人を目の前にすると、イライラするものです。そんな時に声を荒げたりすると相手は益々聞く耳を持たなくなるでしょう。まず冷静に対応することが必要になるでしょう。また、様々な手段を尽くしても、聞く耳を持たない人は一定数いるものです。そのような時は残念ですが、諦めも肝心でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました