夜勤に向かない人10の特徴

人生

夜勤に向かない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

夜勤をするのは大変だね。

イタチ
イタチ

そうだね。体のリズムの問題があるからね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

夜勤に向かない人の特徴は以下になるよ。

夜勤に向かない人の特徴

体力がない

体力がないから、私は夜勤は無理だと思うわ。

「体力がない」のは夜勤に向かない人の特徴の一つです。

運動などで、体力をつけることも可能かもしれませんが、元々持っている体力と言うものがあります。仕事の性質上、夜勤をしなければならない職業があります。このような職業に就いている人の多くは大抵、もともと体力がある人も多いのではないでしょうか?

もし、あまり体力がなければ、夜勤に向かないかもしれませんが、少しずつ状況に慣れていくことで克服できる場合もあるでしょう。

精神が不安定

夜勤に向かない人の特徴の一つは「精神が不安定」です。

精神状態が安定している人と不安定な人がいるものです。元々持っている気質も関係しているのかもしれません。精神的に安定している人でも、割合生活リズムが狂うと不安定になる事があるものです。日勤しかなくて精神的に安定している人でも、残業ばかり続き帰宅が毎日深夜になれば、精神不安定な状態に陥ってしまった人もいるのではないでしょうか?

日勤と夜勤がある人は、生活リズムが崩れることになります。そういった人は、夜勤をすることでリズムが崩れ、精神が不安定になってしまう可能性もあるかもしれません。

朝型の人

僕は朝型人間だから夜勤は厳しいな。

「朝型の人」なのは夜勤に向かない人の特徴の一つです。

人間にも朝型の人と夜型の人がいます。長年に渡って朝型の生活をしてきた人が、夜勤を必要とする仕事に就くと、大変になることが多いのではないでしょうか?

本来夜11時位に寝る人が、夜間に働くことを迫られて、本来起きるべき時間に仕事を終える状態になると、家に帰ってもなかなか寝付けないこともあるのではないでしょうか?そのような人にとっては、夜勤は大変かもしれません。

体のリズムを取り戻すのに苦労する

夜勤に向かない人の特徴の一つは「体のリズムを取り戻すのに苦労する」です。

日勤と夜勤どちらがあっても、体のリズムを取り戻すのに苦労しない人がいるものです。休みの日に、しっかり寝れば大丈夫と言うタイプの人は、勤務が変動してもあまり苦労しないで済むでしょう。

一方で、体のリズムを取り戻すのに苦労する人がいるものです。どんなに寝ても、何となく体がだるかったり、頭がぼーっとしていると言う人は、体のリズムをうまく取り戻せてない可能性が高いのではないでしょうか?そのような人にとっては、夜勤は辛いかもしれません。

パートナーとのトラブルの原因になる

「パートナーとのトラブルの原因になる」のは夜勤に向かない人の特徴の一つです。

自分が付き合っている彼女や、夫が日勤で働いているとしましょう。一方、自分は夜勤が時々入る勤務体系であるとしましょう。日勤を中心として土日祝日は必ず休みの人、夜勤が時々入り土日祝日も関係ないと言う人では、休みが合わないためにお互いのコミュニケーションがうまく取れなくなったり、なかなか遊びに行くことができなくて、ストレスが溜まってしまうと言う事もあるでしょう。

パートナーとの相性にもよるかもしれませんが、休みなどが合わないことが原因でトラブルになる場合は、夜勤に向かないと言えるでしょう。

家族の協力を得られない

夜勤に向かない人の特徴の一つは「家族の協力を得られない」です。

子供がある程度大きくなり、夜勤に出かけても心配ないと言う状態であれば、安心して夜勤に出かけることができるでしょう。

一方で、子供が小さければ、突然熱を出して病院に連れて行かなければならなかったりするなど、想定外なことが起こり、予定通り行かないことなど日常茶飯事です。

そういった時に、自分の身近なところに頼れる家族がいれば、安心して夜勤をすることができるかもしれませんが、協力を得られなければ、夜勤はなかなか厳しいものとなるかもしれません。

家事が疎かになる

夜勤があると、家事が疎かになりがちね。

「家事が疎かになる」のは夜勤に向かない人の特徴の一つです。

夜勤をしている人の中には、家が散らかってる人も多いのではないでしょうか?それは、体のリズムが乱れ、家事をするのが億劫になってしまうからではないでしょうか?

自分1人で暮らしていれば、家が汚くなるだけで済むかもしれませんが、家族がいればそうもいかないでしょう。どうしても夜勤をしなければならないのであれば、家族の理解と家事をする上での協力が必要になるでしょう。

公共交通が不便な人

夜勤に向かない人の特徴の一つは「公共交通が不便な人」です。

都会に住んでいれば、公共交通が発達しているために夜勤に出かけるのも簡単でしょう。もし、公共交通が不便なところに住んでおり、自動車を所有していない人にとっては、夜勤に行く術がないでしょう。こういった人にとっては夜勤は向かないでしょう。

公共交通があまり発達していない不便なところに住んでいる人は、夜勤をしたいと思えば、車を持っていることが前提となる場合が多いのではないでしょうか?

食生活が乱れる

夜勤になると食生活が乱れがちになるわ。

「食生活が乱れる」のは夜勤に向かない人の特徴の一つです。

夜勤をして朝帰ってきても、すぐに寝ることができないでしょう。体のリズムが乱れてしまっているためです。

そうなると、昼近くまで起きているケースも多いのではないでしょうか?その後、眠くなってきて眠ると、起きた時には夜になっているでしょう。それから食材を買い求め、夕飯の準備をしようと思っても、体が動かないことも多いのではないでしょうか?

結果として、栄養のある食べ物をしっかり食べることができず、食生活が乱れると言うケースもあるでしょう。食生活が乱れる人は、体力も低下させることになります。健康を害してしまうリスクもあるでしょう。そのように考えると、食生活が乱れる人は夜勤にはあまり向いていないのかもしれません。

休むべき時に休めない

夜勤に向かない人の特徴の一つは「休むべき時に休めない」です。

一人暮らしなので「夜勤を終えて帰宅すれば、後は自分のことだけ考えれば良い」と言う人にとっては、夜勤をしていてもあまり苦労にならないかもしれません。

ですが、もし家族がいればどうでしょうか?家事をしたり、様々なことをしなければならなくなり、なかなか休むべき時に休めないかもしれません。

そうなると、短期間では問題は無いかもしれませんが、長期的になると健康上の問題を引き起こしてしまうリスクがあると言えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?夜勤に向かない人の特徴は以下になります。

 

体力がない・精神が不安定・朝型の人

体のリズムを取り戻すのに苦労する

パートナーとのトラブルの原因になる

家族の協力を得られない

家事が疎かになる・公共交通が不便な人

食生活が乱れる・休むべき時に休めない

 

様々な職業に夜勤をすることが求められています。夜勤をする上で重要になるのは、とにかく健康管理でしょう。自分の健康管理をしっかりすることができなければ、夜勤をするどころではなくなってしまうでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました