人間関係の距離感は2つの視点で良好に保たれる!

人生

人間関係の距離感は2つの視点で良好に保たれる!

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

知っている男性に〝複雑な人間関係の職場〟で30年以上ストレスを貯めずに楽しんで働いている人がいるよ。

 

イタチ
イタチ

へー凄いねー

ピゴシャチ
ピゴシャチ

どうしてそんな事が出来るのか?と疑問に思ったので様子をみていると、状況によって臨機応変に相手との理想の距離感を保っているからではないか?と思ったんだ。

 

様々な人間関係における距離感

如何なる場合も何らかの距離感はある。

 

イタチ
イタチ

人間関係の距離感は難しいよね。職場で気を遣ってつかれるよ。

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

人間関係があるからには何らかの距離感もそこにあるよね。人間関係を良好に保とうと思ったら、状況に応じて距離感を変えるのが良いと思うよ。

 

イタチ
イタチ

なるほど

ピゴシャチ
ピゴシャチ

そうすると、お互い疲れずにやれると思うな。

 

会社・職場の距離感

 

私の上司は距離感をつめてくるタイプの人なのです。〝飲みに行こう〟と誘われます。また、プライベートな部分を尋ねてくることもあります。

 

別に上司を悪いと思っている訳ではないのですが、私は少し疲れてしまいます。

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

なるほど。上司と真逆で少し距離感を保ちたいんですね。だけど、職場の上司であるから悩むんですね。

 

会社・職場の人間関係は良好に保たれなければ、円滑に仕事を進めることが出来ません。

 

会社や職場で重要なのは仕事を行うことで、距離感はそこを重視して考えると良いかもしれません。自分の性格・相手の性格などによって距離感覚を少しずつ測っていくと良いでしょう。

 

仕事を優先に考えつつも、仲間との関係が近くなることもあるかもしれません。そんな時は、自分が望む距離感、相手の望む距離感を考えてみると良いでしょう。

 

親族との距離感

あんた。彼女との結婚真剣に考えているの?

 

うるせえな。母さんに前に言ったように、そんなのまだわからないって。ほっといてくれよ。

相手の親御さんだって心配するでしょう。

 

俺たちだって大人なんだから。自分たちで決めるから。母さんは昔からそうだけど、細かい事まで干渉してきてうざいよ。

 

なんてことを!

『お隣さんは〝親子の仲がよくて羨ましい〟・・ なのに、我が家はなぜ・・』と思う人もいるかもしれません。

 

ですが、親子といえども、別の人間です。生まれ持った個性、育った状況はバラバラですから、考え方は当然異なってきます

 

自分が近い距離感を求めても、相手は望まない場合もあります。相手の望む距離感をお互い理解することが大切です。

 

友人との距離感

この間楽しかったね。また一緒に遊びに行こうよ。

 

そうだね。

 

友人との関係の方が親子関係以上に良い場合もあります。これは、近過ぎず、遠すぎることのない調度良い距離感をうまく保てていからではないでしょうか?

 

このバランスが崩れると、友人関係が壊れてしまうこともあります。程よい距離感を見極めることで友人関係を長く保つことができるかもしれません

 

知人との距離感

奥さん悪いけど〇〇貸してくれない?

はいどうぞ。(またか・・・。この間、少し立ち話をしてからよく家に来るようになったけど、疲れるな・・。ご近所さんだから、冷たくするわけにもいかないしね・・・。)

 

 

生まれ育った環境や背景が、親子や友人よりも更にわからない場合、距離感の取り方は難しくなるかもしれません。ただ、お互いよく知りえないからこそ、適度な距離感が保たれうまく行く場合もあるでしょう。

 

人間関係の距離感がわからないと悩む場合

相手の望む距離感・自分の望む距離感

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

知り合いの結婚式に行った時に、招待されており絶対来るはずだと思っていた人が来なかった事があったな。周りにいた人は皆驚いていたよ。僕はこの状況をみていて、人間関係には色々な距離感があるのだと思ったよ。

 

イタチ
イタチ

へー 招待した方が親近感があったけれど、招待された方はそうは思っていなかったのかな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

そうかもしれないな。

 

人間関係の距離感について悩む場合は・・・

 

自分の考える距離感

他者の考える距離感

 

2つの距離感があると考えると、ストレスを抱えずスムーズに行くでしょう。

 

自分が近い距離を求めても、相手がそう思わない場合もあります。また、その反対もあります。自分が遠い距離感を望んでも相手は近くを望む場合もあります

 

自分がまず相手とどのような距離感を望むのか?〟を考えてみます親密になりたいのであれば、そうなるように行動し、相手もそれを望む場合は近くの距離感で接すると良いのです。

 

一方、自分が近くを望んでも相手がそれを望まない場合もありますその時は、そういう距離感が理想なのだと一歩引いてみると良いでしょう。

 

こんな場合に〝相手から冷たくされた〟とか〝感じが悪い人だ〟考えてしまうと、こじれた関係になってしまいます。

 

相手は冷たくしようと思っていないかもしれません。単にそういう距離感を望んでいる場合もあります

 

たまに『〇〇さんは招待されたのに自分は招待されなかった・・悲しかった』という話を聞くことがたまにあります。

 

これは、自分が〝相手との距離感が近い〟と思っていても、相手は〝ほどほどの距離感〟で考えていたということなのでしょう。

 

そういう距離感もあると考えてみることで、あまり悩まずに良い関係を構築できるかもしれません

 

距離感を良好に保ったり最適な距離感を掴むには、試行錯誤してみれば良いでしょう。近すぎるようであれば、少し離れてみる・・と言うように、何回か試してみると程よい距離感が掴めます。

 

全ての関係を近づける必要もなく、逆に遠ざける必要もありません自分の気持ちと相手の状況に応じて臨機応変に考えてみると良いでしょう

 

人には人の考え方があると考える

近い距離感、遠い距離感 2つの距離感があるのは、人それぞれが、育った環境、現在置かれている境遇などによって様々な考え方をするためです。

 

人間は自分を基準に物事を考えてしまう傾向がありますこの傾向があることを頭の片隅において置かないと、人間関係のトラブルを引き起こしたり、巻き込まれたりします

自分を基準に考える人が損をする4つのケース

 

自分には自分の考え方がある一方で、相手には相手の考え方や考え方の癖があると考えてみることで、人と人の距離感も含めて人間関係をより良いものにしていけるのではないでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました