雰囲気を悪くする人10の特徴

人生

雰囲気を悪くする人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

良い雰囲気をぶち壊す人は困った存在だよね。

イタチ
イタチ

そうだね。折角楽しい時間を過ごしているのに、ぶち壊されると皆不愉快な気持ちになるよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

雰囲気を悪くする人の特徴は以下になるよ。

雰囲気を悪くする人の特徴

不機嫌

いつも不機嫌な人とは関わりたくないわ。

「不機嫌」なのは雰囲気を悪くする人の特徴の一つです。

近所で嫌われているおじさんなどを見ていると、大抵不機嫌な人であることが多いのではないでしょうか?

どうしてそんなに不機嫌でいるのか?理解に苦しむでしょう。いつも怒ったような顔をしているのではないでしょうか?挨拶をしても無視をしたり、全身から不機嫌オーラを出しているような人です。非常に気難しい人でしょう。

このような人は近くをちょっと通ったり、姿を見るだけで雰囲気が悪くなってしまうような人でしょう。

相手の不機嫌さに翻弄され、自分の気持ちが暗くなってしまっては損ばかりです。遭遇しても、存在しなかったように考えると良いのではないでしょうか?

余計な事を話す

雰囲気を悪くする人の特徴の一つは「余計な事を話す」です。

本人に悪気はなくても、ついつい余計なことを話す人がいないでしょうか?そして、その一言がその場の雰囲気を一気に悪くするケースです。

例えば、職場に独身の女性がおり、結婚に関する話題などを避けているのにも関わらず、そういった空気や状況を全く考えようとせずに、結婚に関する話をし始めたりする人がいます。このような状況では一気に雰囲気が凍りつくことでしょう。

余計な事を話さないで欲しいとき程、話したがるものです。

文句を言う

口を開けば文句ばかり言う人は厄介者だよ。

「文句を言う」のは雰囲気を悪くする人の特徴の一つです。

友達同士で久しぶりにお酒を飲んでいる時に、雰囲気を一気にぶち壊すパターンは何でしょうか?

多くの人が思い当たるのが、誰か1人が文句を言い始めることではないでしょうか?「こんな会社やめてやる!」などと会社の文句を言い始めたり、その場にいるメンバーのことをあれこれとケチをつけたりする人です。

人間誰しもストレスを抱えているので、時にはそんなこともあるかもしれませんが、雰囲気が悪くなるのは確かでしょう。

悲しい話ばかりする

雰囲気を悪くする人の特徴の一つは「悲しい話ばかりする」です。

親戚の中には、1人や2人悲しい話ばかりする人がいないでしょうか?戦争中に物が食べられなかった時の苦しい思い出ばかり語ったり、家庭が貧しかったために進学することができなくて悲しい思いをした話ばかりするような人がいるでしょう。

本人は悪気は無いのかもしれませんが、雰囲気は一気に悪くなってしまうでしょう。昔の話をすることで、現実が変わるのであればまだ良いのかもしれませんが、雰囲気ばかり悪くなり、現実が何も変わらないのであれば、そのような事はやめた方が良いでしょう。

タイミングを考えない

「タイミングを考えない」のは雰囲気を悪くする人の特徴の一つです。

家族の中で嫌われている人がいる家庭もあるでしょう。そのような嫌われ者は大抵、タイミングを考えないで問題行動を起こすからではないでしょうか?

家族が楽しく団欒をしている時に、不機嫌な父親が帰ってきて、なごやかな雰囲気が一気に吹き飛んでしまうと言うことがあるのではないでしょうか?父親が帰ってくる度に「また面倒が起きるのか・・」と思うだけで、気持ちが下がってしまうことでしょう。

大抵このような父親は、タイミングを読まないで文句を言い出したり、怒り出したりするからでしょう。

喧嘩を売るような物言いをする

雰囲気を悪くする人の特徴の一つは「喧嘩を売るような物言いをする」です。

職場の誰かがミスをした時に「お前何度も言っただろ!」と言われるのと「またやっちゃったか」と言われるのでは、どちらの言われ方の方が、言われた人も周りの人も雰囲気が悪くならないで済むでしょうか?答えは言うまでもないでしょう。

落ち着いて普通に話をすれば良いものの、喧嘩を売るような物言いで話をすれば、相手は聞く耳を持たなくなってしまうでしょう。喧嘩腰の人が、身近なところにいるだけで、雰囲気が悪くなる機会は増えてしまうことでしょう。

マイペース過ぎる

あまりにもマイペース過ぎる人は困った存在ね。

「マイペース過ぎる」のは雰囲気を悪くする人の特徴の一つです。

何事にもマイペースな人がいます。自分の世界を持っている事は良い事ですが、あまりにもマイペース過ぎて世間一般の基準からズレ過ぎている時には、雰囲気を悪くしてしまうのではないでしょうか?

例えば、7時から皆で集まり、食事をしようと言っているにもかかわらず、1時間位何の連絡もなく遅れてやってきて、詫びの1つもないと言うのでは皆イライラしてしまうことでしょう。世間一般の基準を理解するべき時でしょう。

人に絡む

「人に絡む」のは雰囲気を悪くする人の特徴の一つです。

酒癖が悪い人がいるものです。お酒が入ると必ず人に絡む人は雰囲気を一気に悪くするでしょう。

本人がそれを自覚し行っている場合と、そうでない場合があるでしょう。ですが、どちらにしろ雰囲気が悪くなる事は確かです。

もし自分がそれを自覚しているのであれば、お酒を飲むことをやめた方が良いのではないでしょうか?自分で止めるのが難しいと思うのであれば、専門家に診てもらうのが1番でしょう。

すぐに怒る

すぐに怒る人は嫌だな。

「すぐに怒る」のは雰囲気を悪くする人の特徴の一つです。

すぐに怒る人は、雰囲気を悪くする人だと多くの人が思うのではないでしょうか?ちょっとした冗談を皆で言って笑っているのにも関わらず、冗談を受け流すことが出来ずに、ものすごい勢いで怒り始める人がいないでしょうか?

また、家族でピクニックに行こうとドライブを楽しんでいる時に、運転が下手な人に遭遇し、運転手が激昂し相手のドライバーを引きずり降ろそうとするなども同様です。たとえどんなに楽しい気分であったとしても、一気にそれが吹き飛んでしまうことでしょう。

嫌味を言う

「嫌味を言う」のは雰囲気を悪くする人の特徴の一つです。

口を開けば嫌味しか言わない人がいるものです。嫌われるおばさんなどにそのような人が多いでしょう。

例えば、私が実際に目撃した例ですが、以前職場に文句ばかり言うおばさんがいました。このおばさんは新婚旅行に行く予定となっていた女性社員に対して「新婚だからって何浮かれているの?」と言っていました。せっかく職場の皆で、その女性の新婚旅行先についての話で盛り上がっていたのに、雰囲気が一気に悪くなってしまったのです。

まとめ

いかがでしょうか?雰囲気を悪くする人の特徴は以下になります。

 

不機嫌・余計な事を話す

文句を言う・悲しい話ばかりする

タイミングを考えない

喧嘩を売るような物言いをする

マイペース過ぎる・人に絡む

すぐに怒る・嫌味を言う

 

もし、自分が雰囲気を悪くする人だと言うことを理解しているのであれば、改善に努めた方が自分にとっても他者にとっても良いでしょう。雰囲気ばかり気にするのも良くないかもしれませんが、悪い雰囲気よりも良い雰囲気の方が、多くの人にとってプラスとなる場合が多いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました