リコカツする人10の特徴

人生

リコカツする人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

リコカツという言葉が流行っているね。

イタチ
イタチ

世の中の多くのカップルは、結婚しても離婚という選択をするから、リコカツは身近なものだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

リコカツする人の特徴は以下になるよ。

リコカツする人の特徴

積もりに積もるものがある

夫と離婚したいと最近強く思うようになったわ・・積もりに積もったものがあるのよね・・。

「積もりに積もるものがある」のはリコカツする人の特徴の一つです。

自分が好きな人と結婚したはずなのに、不仲になる夫婦は多いものです。理由は様々ですが、積もりに積もるものがある場合が多いのではないでしょうか?

人それぞれ、我慢の許容量があります。許容量が少ない人は、限界にすぐに達してしまうでしょう。また、許容量が多い人であったとしても、時間の経過とともに、ある日突然限界を迎える場合もあります。

こういった積もりに積もった物が原因で、リコカツする人は多いのではないでしょうか?

根本的に性格が合わない

リコカツする人の特徴の一つは「根本的に性格が合わない」です。

たとえどんなに好きであったとしても、根本的に性格が合わない夫婦はやがて破綻を迎えるのではないでしょうか?全く違う性格であったとしても、相手の短所が気にならなかったり、嫌なことがあってもすぐに忘れてしまうタイプの人は、 問題はないのかもしれません。

ですが、性格が合わなくて、相手の欠点が気になり、嫌なことをいつまでも覚えているタイプの夫婦は、やがてリコカツという結果になることが多いのではないでしょうか?

価値観が違い過ぎる 

価値観が違うせいか、いつも喧嘩ばかりしているな。こんな結婚生活ならば、さっさとリコカツした方が良いね・・。

「価値観が違い過ぎる」のはリコカツする人の特徴の一つです。

結婚生活が上手くいかなくなる理由には様々な問題がありますが、価値観の一致は重要ではないでしょうか?

例えば、小さな頃から何不自由なく、欲しいものをすべて手にすることが出来て、節約したり貯蓄をしようという発想がない人と真逆の人では、価値観が違い過ぎてお互いイライラしてしまうのではないでしょうか?

そして、それはやがて結婚生活の崩壊へと向かい、リコカツへと走らせるのではないでしょうか? 

相手に合わせることが出来ない

リコカツする人の特徴の一つは「相手に合わせることが出来ない」です。

自分のやり方や考え方にこだわりが強い人ほど、相手に合わせることができなくなります。それはやがて、夫婦として終焉を迎えてしまうことに繋がるのではないでしょうか?

例えば、潔癖症の夫とずぼらな妻という組み合わせだとしましょう。掃除がいい加減な妻に対して、潔癖症の夫がうまく合わせることができれば、ストレスにはならないでしょう。ところが、それが上手くいかなければ、イライラが募り、やがてリコカツになる場合もあるでしょう。

精神的に追い詰められている

「精神的に追い詰められている」のはリコカツする人の特徴の一つです。

離婚するカップルの理由には、様々なものがあると思いますが、精神的に追い詰められている場合がかなり多いのではないでしょうか?

例えば、夫から妻がDVを受けているとしましょう。そうなると、精神的にかなり追い詰められるでしょう。また、夫が働かない人であり、家計を妻が支える場合もいずれ同じような運命となるのではないでしょうか?

「もうこれ以上は無理だ」というところまで追いつめられると、それはやがてリコカツという結果になるでしょう。

覚悟がある

リコカツする人の特徴の一つは「覚悟がある」です。

人間は何か大きな物事を進める時には、覚悟が必要になります。逆を言えば、覚悟を決めることさえ出来れば、ほぼ全てのことが可能と言っても良いのではないでしょうか?

それは、リコカツも同じでしょう。たとえ周囲が何を言おうとも「もう絶対別れる!」と覚悟を決めた人は、一気に進めてしまうことができるでしょう。ですが、腹をくくることが出来ない人は、そうすることが難しいでしょう。 

相手の家族とうまくいかない 

夫のお母さんとの関係が悪くて、もう限界だわ。夫にお願いしても話を聞いてくれないし・・。

「相手の家族とうまくいかない」のはリコカツする人の特徴の一つです。

リコカツをしたいと考えている人の中には、パートナーに何も不自由はないけれど、相手の家族とうまくいかないことが原因の人もいるでしょう。

例えば、専業主婦として家にいる女性が姑とうまくいかなければ、ストレスがたまり結婚生活に終止符を打ちたいと思うこともあるかもしれません。

相手の家族とうまくいかなくても、1年に数回程度会う位であれば我慢もできるかもしれませんが、ほぼ毎日顔を合わせる状況であれば、逃げ場がないので辛いかもしれません。

相手に幻滅し過ぎた

リコカツする人の特徴の一つは「相手に幻滅し過ぎた」です。

リコカツを開始する人の中には、相手に幻滅し過ぎた場合もあるでしょう。 例えば、信じていた夫が浮気の常習犯で、治る見込みがないという場合は、相手に幻滅し過ぎるのではないでしょうか?

また、金銭感覚がマヒしている妻が借金地獄に陥り、 働いても働いてもお金に苦労するという状態に夫が陥ると、幻滅し過ぎるでしょう。

幻滅し過ぎると、怒りを通り越して早く結婚生活を終了したいと思うのではないでしょうか?

経済的に自立できる

私は、手に職を持っているから、明日からでもリコカツ出来るわ。

「経済的に自立できる」のはリコカツする人の特徴の一つです。

経済的に自立できる状態の人は、リコカツをすぐに開始する場合も多いのではないでしょうか?例えば、今現在は専業主婦をしていても、元々専門職で働いており、すぐにでも仕事を見つけられる立場の人もいるでしょう。

そういう人は、生活に困る心配がないので、離婚しようと思えば即座に行動に移せるかもしれません。ところが、そういった基盤がない主婦の場合は、思い切った行動ができないことも多いでしょう。

早く次の相手を探したい

リコカツする人の特徴の一つは「早く次の相手を探したい」です。

若くして結婚した人が、結婚生活が上手くいかない場合、 だらだらと結婚生活を続けるよりも、相手に見切りをつけ、早く次の相手を探そうと思う人も多いのではないでしょうか?

例えば、女性の中には今現在子供はいないけれど、将来的に子供を持ちたいので、早めに次の相手を見つけたいと考える人も多いでしょう。そのような人は、リコカツを即座に始めるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?リコカツする人の特徴は以下になります。

積もりに積もるものがある・根本的に性格が合わない

価値観が違い過ぎる ・相手に合わせることが出来ない

精神的に追い詰められている・覚悟がある

相手の家族とうまくいかない ・相手に幻滅し過ぎた

経済的に自立できる・早く次の相手を探したい

一度は愛し合った夫婦が、離婚を決断するのは大変なものです。ですが、そこに至る背景にはそれなりの理由があるのでしょう。 離婚するのであれば、可能な限り円満離婚に繋げる方が、双方にとってしこりが残らず良いでしょう。良いリコカツが出来るようにしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました