我慢して爆発する人10の特徴

人生

我慢して爆発する人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

おとなしい人が突然大爆発する場面を人生で何回か目撃したよ。

イタチ
イタチ

あの人が怒るなんて信じられない!というケースがあるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

我慢して爆発する人の特徴は以下になるよ。

我慢して爆発する人の特徴

良い人

周りから良い人だと言われるけれど、爆発すると手が付けられなくなるタイプだよ。

「良い人」なのは我慢して爆発する人の特徴の一つです。

我慢して爆発する人を見ていると、 良い人であったり真面目な人が多いのではないでしょうか?

昔、ちょっと変わった人だなという女性に会ったことがあります。 この人は、中学生位の時から人とうまくいかないことが多かったのだそうです。

基本的に良い人なので、普段周囲からはおとなしい感じに見えるのですが、内心ものすごく我慢していることが多かったようです。

適度に怒りを発散することができれば良いものの、 そうすることができずに爆発してしまい多くの人間関係を失う人生を歩んでいる様です。 我慢ばかりして嫌いな人が増えてしまうのです。

多くを失う

我慢して爆発する人の特徴の一つは「多くを失う」です。

昔先輩から聞いた話ですが、ある中小企業の社長さんがいました。この人は非常に良い人だったのですが、ある時に全てを失ってしまったのだそうです。

能力もあり基本的に良い人だったのですが、ひとつだけ致命的な欠点があったのだそうです。それは、我慢して爆発するタイプであったということです。

キレるとすごい剣幕で従業員を叱責するため、会社を辞める人が後を絶たなかったのです。結果として会社まで失うことになり、家族も失うことになったようです。

我慢して爆発する人は、多くを失うことがあることも心に留めておかなければならないでしょう。 

相手を恨む

いつの間にか相手を恨んでいることが多いと思うわ。

「相手を恨む」のは我慢して爆発する人の特徴の一つです。

誰しも人のことを嫌いになることがありますが、我慢して爆発する人とそうでない人との違いの一つに、相手を恨むかどうか?があります。

恨みを買う人10の特徴

相手の事が嫌いになったとしても「あの人は嫌いだ」で済む人と「あいつはタダでは済ませない」と思うと場合があります。

人をついつい恨んでしまう人は、人のことをとことん嫌いになってしまう人でしょう。心底嫌いになると、相手を恨むことは増えるでしょう。 

人への恨みが消えない時の10の対処法

物に当たる

我慢して爆発する人の特徴の一つは「物に当たる」です。

昔、ある女性の話を聞いていて、その人のことを我慢して爆発する人だと思ったものです。 当時その女性は同棲相手の男性と暮らしていたのですが、ある時相手と思いっきりケンカをすることになり、家中の物を投げつけ家の中がぐちゃぐちゃになったのだそうです。

後から冷静になって考えてみると「どうして自分はあのようなことをしたのだろう?」と思ったのだそうですが、気づけば部屋はぐちゃぐちゃになり、 相手の男性との関係も悪くなったのだそうです。

この女性は、普段怒らず我慢に我慢を重ね、爆発した時に制御不能な状態になり、物に当たるしか術がない人だったのでしょう。 

人が嫌になる

「人が嫌になる」のは我慢して爆発する人の特徴の一つです。

良い人は我慢して爆発することが多いと思いますが、そのような人は案外孤独であることが多いのではないでしょうか? その理由は多岐に渡ると思いますが、人と接する際に限界まで我慢することが多く、その挙句、周囲の人間の多くを嫌いになってしまう人嫌いな人なってしまうことが多いからではないでしょうか?

そして「こんなに嫌な思いをするのであれば一人の方が良いな・・」と思ってしまうケースが多いのではないでしょうか? 

なんでも疑う

我慢して爆発する人の特徴の一つは「なんでも疑う」です。

我慢して爆発するタイプの人は、 人の事を心底嫌いになり信用できなくなることが多いものです。そうすると、気付けば何でも疑うようになっているのではないでしょうか?

例えば、義母のことが嫌いになりある時大爆発したとしましょう。そうすると、義母の発言全てを疑ったり斜めから構えて見るようになることが多いでしょう。酷い場合には、全てを自分に対する悪口と捉えることさえあるかもしれません。

例えば、 自分が作った料理を義母が食べた際に「美味しいわね。」と心からそう思って言っているなどとは考えず「どうせ嫌味を言いたいのだろう」などと考えてしまいがちです。 

小言を言わない

私は小言は殆ど言わないけれど、怒ると手が付けれないと夫から言われるわ。

「小言を言わない」のは我慢して爆発する人の特徴の一つです。

小言を言う人は嫌われることが多いですが、共通点は大爆発して怒らないことではないでしょうか? 小出しにして人の悪口や嫌味を言ったりするため、 周りから嫌われてしまうことは多いものの、大爆発までには至らないのです。

一方で大爆発してしまう人は、普段ほとんど小言を言わないタイプでしょう。ですから、人から好かれているタイプも多いものです。

小言を言わない分ストレスを溜め込み、ある時大爆発し周囲をすごくびっくりさせてしまいます。 

我慢する役割が多い

我慢して爆発する人の特徴の一つは「我慢する役割が多い」です。

我慢して爆発する人を見ていると、我慢する役割が多い場合が多いのではないでしょうか?例えば、 学生時代に突然爆発し周りをびっくりさせるタイプの人を見ていると、誰から見ても真面目であったり優しい人が多いのではないでしょうか?

ついついこのような人に、多くの人は頼ってしまったり甘えてしまうことが多くて、 わがままを言ってしまうのでしょう。多少のわがままなら許容してしまうタイプなのですが、気付けば耐えきれない状態になってしまい、大爆発してしまうのでしょう。 

人付き合いを避ける

人付き合いが嫌になって付き合いを避けているわ。

「人付き合いを避ける」のは我慢して爆発する人の特徴の一つです。

人との付き合いが上手な人は人間関係の距離感を取るのが上手であることが多いでしょう。 相手に多少悪いところがあったとしても、 我慢して爆発するということがないために、長年に渡って人間関係を継続することができるのでしょう。

一方で我慢して爆発するタイプの人は、距離感を取るのが下手なために、 誰かの嫌いな部分が目に付くと、いつか我慢出来なくなり爆発してしまいます。

そして、もうその人と接することができなくなるタイプではないでしょうか?そして、 次第に人付き合いを避けることが多くなるでしょう。 

嫌なことを何度も思い出す

我慢して爆発する人の特徴の一つは「嫌なことを何度も思い出す」です。

我慢して爆発するタイプの人は、案外不器用な人が多いでしょう。ストレス発散が下手だったり人間関係構築が下手であったりするので、人とうまくいかなくなった時に、気持ちを切り替えたり、新しい人間関係を構築するということがなかなかできません。

人生の中で度々そういうことが起きて、 そういった嫌なことを何度も思い出してしまうでしょう。 

まとめ

いかがだったでしょうか?我慢して爆発する人の特徴は以下になります。

良い人・多くを失う

相手を恨む・物に当たる

人が嫌になる・なんでも疑う

小言を言わない・我慢する役割が多い

人付き合いを避ける・嫌なことを何度も思い出す

いつも我慢ばかりしているとストレスが溜まるものです。心にも身体にも良くないでしょう。ですから、時々怒りを相手にぶつけていることも必要かもしれません。ですが、爆発の仕方を間違えると、多くのものを失う場合もあるので注意が必要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました