詮索されるのが嫌いな人10の特徴

人生

詮索されるのが嫌いな人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

詮索されることを凄く恐れる人や嫌う人がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。あれこれ探られるのは私も嫌だな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

詮索されるのが嫌いな人の特徴は以下になるよ。

詮索されるのが嫌いな人

問題を抱えている 

自分に問題があった時は、詮索してくる人が苦手だったわ。

「問題を抱えている」のは詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つです。

人のことをすごく詮索する人がいるものです。このような人を目の前にして受け流せる時と受け流せない時があります。

では、どのような時に聞き流せなくなるのでしょうか?その一つは、自分に問題がある時ではないでしょうか?

例えば、夫婦関係がうまくいってなかったとしましょう。そのような時に「最近旦那さんの調子はどう?」などと質問されると、それだけで非常にストレスがたまるものです。

相手は何気なしに質問しているにも関わらず、自分に問題があるというだけで、まるで詮索されるような気分になり、そして非常に不快な気持ちになります。

もし夫婦関係が非常に良好で、周りの自慢話を聞いてもらいたくなるような状態であれば、同じ質問をされたとしても消して詮索されている気分にはならないでしょう。

過去に何かがある

詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つは「過去に何かがある」です。

もし自分自身の過去に問題があったとすれば、 人から質問をされるのは嫌なはずです。詮索されるのが嫌いな人の中には、人に言えない過去を持つ人もいるはずです。過去の大きな問題のせいで、他人から質問される事を嫌う人もいるでしょう。

例えば、過去に警察沙汰の問題を起こした人がいるとしましょう。そのような人は、過去の事を尋ねられるだけで「自分の過去がバレてしまうのではないか?」と極度に恐れる人も多いのではないでしょうか?自分の過去に問題がなければ、詮索されることをそこまで嫌わないでしょう。 

他人に興味がない

僕は人に興味がないから、他人にあれこれ探られるのは嫌なんだ。

「他人に興味がない」のは詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つです。

もし、自分が他人に対して全く興味がなかったとしましょう。そのような時に、もし人から質問をされることがあれば「どうしてそのようなことを聞くのだろう?」と思うはずです。

また、中には「どうしてそんなことを聞くの!」と怒り出す人さえいるかもしれません。他人に興味がない人がもしいたとしたら、そのような人には、挨拶程度で交流しておくことが無難なのかもしれません。

他人を信用していない

詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つは「他人を信用していない」です。

生まれ育った環境のせいで、他人を全く信用しないという人もいるでしょう。そのような人は、極度に人からの詮索を嫌ったり恐れるはずです。

父親や母親から「他人なんて信用できないぞ。余計なことなんか絶対言うもんじゃない。」などと聞かされ続けるような環境で育つと 、人から詮索されるようなことがあれば、非常に恐れるのではないでしょうか?人は環境や育ち方によって考え方が大きく影響されるものです。 

相手と感性が合わない

「相手と感性が合わない」のは詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つです。

世の中には自分の波長と合う人と合わない人がいます。誰しもそのように感じるものではないでしょうか?

もし自分の感性や波長と合う人が、自分に対してあれこれ詮索することがあったとしても、 あまり気にならないのではないでしょうか?

ですが、自分と感性や波長が合わない人があれこれと探りを入れてくることがあったとすれば、 非常にストレスが溜まったりイライラするのではないでしょうか? 

人との関りを避けたい

詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つは「人との関りを避けたい」です。

人のことを沢山質問してくる人がいるものです。 このように色々と話しかけたり質問をしてくる人は大抵、他人と友達になりたいと思っていたり、交流を持ちたいと思っている人達であることも多いでしょう。

確かに、人との会話を通じてコミュニケーションを取ることで、人間関係を構築することはできるかもしれません。ですが、人との関わりを可能な限り避けたいと思って生きている人もいるものです。

詮索されることが嫌いな人の中には、人との関わりを避けたいと感じている人も多いでしょう。 

自分の心が読まれている気がする

誰かから詮索されると、自分の心を読まれている気がするよ。

「自分の心が読まれている気がする」のは詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つです。

自分の心が読まれることを嫌う人も多いのではないでしょうか?自分の心が読まれるだけで、 まるで自分の弱点を握られているかのように感じる人もいるものです。

このような人は、人から詮索されることを極度に恐れるはずです。このような人は、自分の情報を極度に隠そうとするはずです。

ところが、案外こういった人が、人のSNSの投稿をよく眺めていたりして相手のことを探っている場合もあるものです。

自分が人の心を読もうとしているからこそ、逆に人から読まれているような気分になる場合もあるでしょう。 

情報を知られて困った経験がある

詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つは「情報を知られて困った経験がある」です。

詮索されるのが嫌いな人の中には、過去に自分の情報を知られて困った経験がある人も多いのではないでしょうか?

例えば、金持ちの娘などは、お金持ちであることを知られたくないという場合もあるでしょう。誰かに詮索されることで、それを知られることになった結果、あちらこちらで噂を立てられ困ったことになった・・ という人もいるはずです。

そのような人にとっては、 可能な限り情報を知られたくないものです。 

勝手に人に伝えられることを恐れる

勝手にペラペラ話す人がいるから、詮索されるのは嫌なんだ。

「勝手に人に伝えられることを恐れる」のは詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つです。

詮索されるのが嫌いな人の中には、勝手に人に伝えられることを恐れる人もいるのではないでしょうか?人のことを知った時に、 口が堅い人もいればペラペラと話す人もいるものです。

人のことを勝手に話す人に自分の情報を知られると、非常に困ったことになるケースもあるでしょう。そのような人は、可能な限り自分の事を詮索されないようにと考えるはずです。 

詮索されると取り調べを受けている気分になる

詮索されるのが嫌いな人の特徴の一つは「詮索されると取り調べを受けている気分になる」です。

「昨日何をしていたの?」と、もし誰かから質問をされたとしましょう。そのような時に、 あっさりと自分の出来事を話す人もいれば、そうでない人もいるでしょう。

後者の場合、取り調べを受けてるように感じる人も多いのではないでしょうか? そして「どうして取り調べを受けなければならないのか?」などと感じる人も多いでしょう。

もしそのような人がいる場合は、相手に対して質問しない方が無難でしょう。 

まとめ

いかがだったでしょうか?詮索されるのが嫌いな人の特徴は以下になります。

問題を抱えている ・過去に何かがある

他人に興味がない・他人を信用していない

相手と感性が合わない・人との関りを避けたい

自分の心が読まれている気がする

情報を知られて困った経験がある

勝手に人に伝えられることを恐れる

詮索されると取り調べを受けている気分になる

人間誰しもをフレンドリーで気さくに交流できるわけではないでしょう。自分が交流したいと思っていても、相手が心理的に厚い壁を形成する時があるものです。詮索されるのが嫌いな人を目の当たりにした時には、様々な状況が考えられます。当たらず触らずの関係を維持することが一番ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました