人に言えない過去を持つ人10の対処法

人生

人に言えない過去を持つ人10の対処法

ピゴシャチ
ピゴシャチ

人に言えない過去を持ち苦しむ人は多いと思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。皆、色々悩みを抱えて生きるものだよね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

人に言えない過去を持ち、苦しむ人にはどのような対処法があるかな?

 

人に言えない過去を持つ人の対処法

誰にでも言えない過去がいくつかあると考える

誰にでも言えない過去は皆あると思うわ。

人に言えない過去を持つ人の対処法の一つは「誰にでも言えない過去がいくつかあると考える」です。

自分が言えない過去を持ち苦しんでいると「自分はどうしてこんな秘密を抱える様なことをしてしまったのだ。世間の人は、言えない過去など無さそうだ」などと思うでしょう。

ところが、誰でも少なからず言えない過去というものがあるものです。そう考えると、少し気がラクになるのではないでしょうか?言えない過去の程度の差はあれど、多くの人は言えないこと、知られたくないことを持つものです。

誰かに伝えることで傷つくか考える

「誰かに伝えることで傷つくか考える」は人に言えない過去を持つ人の対処法の一つです。

人に言えない過去を持つ人は「誰かに伝えることで傷つくだろうか?」と考えを巡らせてみることが重要ではないでしょうか?そうすると、そこから色々と思考を広げることが出来るのではないでしょうか?

「これを伝えると相手は傷つき絶交されるだろう」「伝えると傷つかないが、暫く愕然とはするだろう」などと、その後の可能性とそれに対する考えを深めることでラクになるでしょう。

例えば「伝えたことで相手が傷つき絶交となれば、自分は諦めがつかないだろう。諦めがつかないために自暴自棄になることで過去の自分に戻るかもしれない・・」などと想像することが出来るかもしれません。

誰も傷つかないのであれば言う必要はない

誰も傷つかないのであれば言う必要はないかもね。

人に言えない過去を持つ人の対処法の一つは「誰も傷つかないのであれば言う必要はない」です。

多くの人が人に言えない過去を抱えているのではないでしょうか?そんな時に、それを隠そうと思うのは当然のことでしょう。ここで正直な人はそれを素直に言ってしまうかもしれません。ですが「誰も傷つかないのであれば敢えて言う必要もない」という選択肢もありなのではないでしょうか?

今現在、自分を信用してくれて良好な関係にある誰かがいる場合は、相手も何となく察していることがあるでしょう。そんな時は相手も「そんな事まで別に言わなくても大丈夫」と思っているケースもあるでしょう。

隠し続けると葛藤があるかどうか?

「隠し続けると葛藤があるかどうか?」は人に言えない過去を持つ人の対処法の一つです。

人に言えない過去がある人は、隠し続けることで生じる強い葛藤がある人とない人がいるのではないでしょうか?

「自分は過去にとんでもないことをした」「秘密がいつか突然明るみになる時がくるかもしれない」「こんな自分はいつか見捨てられるだろう」などと苦しむことでしょう。一方で、過去は過去と割り切り葛藤が生じない人もいます。

葛藤があり苦しみから解放されたい人は、誰かに伝えることで色々失う覚悟をした上で真実を打ち明けることも選択肢なのかもしれません。勿論、苦しみから解放されるメリット、事実を打ち明けることで失うデメリットを天秤にかけ、考慮する必要はあるでしょう。

秘密がばれた時をジックリ考える

人に言えない過去を持つ人の対処法の一つは「秘密がばれた時をジックリ考える」です。

人に言えない過去を持つ人は、自分が言えない秘密がばれた時を考えてみる必要があるでしょう。人からのけ者にされたり、縁を切られたりすることもあるかもしれません。可能な限り、ある日突然ばれた時のことを想像してみると良いかもしれません。そうすることで、準備が出来るでしょう。

準備と言うのは、嘘をついて過去を塗り隠したり、ごまかすことではありません。のけ者にされたり、縁を切られたりすることがあっても、それを受け入れる覚悟を決めるための準備です。心の準備が出来ていなくてばれる時と、そうでない時では精神的なダメージは違ってくるでしょう。

今の自分が健全かどうかが重要

「今の自分が健全かどうかが重要」なのは人に言えない過去を持つ人の対処法の一つです。

過去に大きな間違いを犯し凄く反省しているとしましょう。そして今現在は健全な生き方をしているとしましょう。その状態であれば良いのではないでしょうか?

時には人から何かを言われることがあるかもしれません。また、過去が原因で人から縁を切られ凄く悲しい思いをすることもあるかもしれません。ですが、それは自分が蒔いた種が原因です。過去が原因で人から縁を切られるほどになるということは、それだけ人に大きな傷を負わせたり、様々な人に迷惑をかけた証でしょう。これは謝罪したからといってスグに許されることではないでしょう。自分が蒔いた原因は自分で責任を負う必要が生じます。

自分が何かを言われたり、縁を切られたりすることで、過去の自分のやってしまった事を忘れることなく健全に生きて行けるのではないでしょうか?そして今健全であれば、それで良いのではないでしょうか?

過去は絶対に変えられない

過去は絶対に変えられないわね・・。

人に言えない過去を持つ人の対処法の一つは「過去は絶対に変えられない」です。

人に言えない過去を持つ人は「あの時あんなことをしなければよかった」などと後悔することがあるでしょう。

ですが、どんなに悩んでも絶対に過去を変えることは出来ません。変えることが出来ないことに、あれこれ悩んでも時間を無駄にするだけなのです。変えられないことに悩むよりも「今現在の自分は健全か?」「これからどのように生きるべきか?」を考えられるように現実的な人になる必要があります。

過去を受け入れる人も入れない人もいる

「過去を受け入れる人も入れない人もいる」のは人に言えない過去を持つ人の対処法の一つです。

自分が今現在どんなに更生していて過去のような過ちを犯さない可能性が高くても、人の過去を受け入れることが出来ない人がいます。一方で、現在が良ければ、過去のことなど気にしないという人もいるものです。

自分が相手の過去を気にしないタイプでも相手はそうは考えないタイプかもしれません。またその逆もあります。

言えない過去に関して、人がどこまで受容できるか?は個人差があると考える方が自分の身の振り方も楽になるのではないでしょうか?

伝えた時に誰かを傷つける覚悟があるなら伝える

伝えた時に誰かを傷つける覚悟は必要かもね。

人に言えない過去を持つ人の対処法の一つは「伝えた時に誰かを傷つける覚悟があるなら伝える」です。

自分が隠してきた秘密に突然苦しめられ「事実を伝えようと思う」発作に襲われる時が来るかもしれません。そうなると、一刻も早く伝えたいと思うかもしれません。

ですが「それを相手に伝えることで相手は傷つかないだろうか?」と考えることが必要な時もあるのではないでしょうか?

真実を伝えることで相手から嫌われることもあるかもしれません。そして、伝えることで、相手も傷つき苦しむこともあるかもしれません。自分の苦しみを共有してもらい自分がラクになることもあるかもしれませんが、共有しても苦しみだけが増えることもあるのではないでしょうか?

今から先は秘密にする必要がない生き方をする

「今から先は秘密にする必要がない生き方をする」のは人に言えない過去を持つ人の対処法の一つです。

人生は長いものです。今や100年生きる時代です。そのような長い年月で考えると、若気の至りのようなものは、ちっぽけな物と考えることも出来ます。

仮に今、人に言えない過去を抱えているとしましょう。そして、それに苦しんでいるとしましょう。ですが、どんなにそれを変えようと思っても変えることは出来ないものです。もしそうであれば、その苦い出来事を糧として、今から先は秘密にする必要がないくらい健全な生き方をすることが重要ではないでしょうか?そのような心掛けをすれば、長い人生良いことの方が多くなるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?人に言えない過去を持つ人の対処法は以下になります。

 

誰にでも言えない過去がいくつかあると考える

誰かに伝えることで傷つくか考える

誰も傷つかないのであれば言う必要はない

隠し続けると葛藤があるかどうか?

秘密がばれた時をジックリ考える

今の自分が健全かどうかが重要

過去は絶対に変えられない

過去を受け入れる人も入れない人もいる

伝えた時に誰かを傷つける覚悟があるなら伝える

今から先は秘密にする必要がない生き方をする

 

誰にでも人に言えない過去はあるものです。言えない過去を打ち明けるかどうか?は判断するのに迷うことはありますが、現在健全に生き、そしてこれからも秘密にする必要がない生き方をすることが重要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました