詮索する人が気持ち悪いと感じる理由10選!

人生

詮索する人が気持ち悪いと感じる理由10選!

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

詮索する人に気味の悪さを感じる人もいると思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。時々、そんなタイプの人もいるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

詮索する人が気持ち悪いと感じる理由は以下になるよ。

 

詮索する人が気持ち悪いと感じる理由

迷惑をかける

詮索すると迷惑になる場合もあるね。

詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つは「迷惑をかける」です。

詮索する人が多くの人から気持ち悪いと感じられる理由は「迷惑をかける」ということに尽きるでしょう。相手が喜ぶ話をするのであればまだしも、相手に不快感を与えるものです。

詮索好きな人の中には、相手の感情など全く理解しようともせずに、何度も何度も詮索するようなことばかりするものです。 そして、 詮索される側からすると「どうしてこちらが不快に思っているにも関わらず、止めようとしないのだろう?」と感じてしまうでしょう。

得体が知れない

「得体が知れない」のは詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つです。

詮索する人というのは、予測不可能な質問を尋ねることもあるのではないでしょうか?そしてこれが「得体が知れなくて気持ち悪い」と感じさせるのです。 

多くの人は得体の知れないものを気持ちが悪いと感じるでしょう。 詮索する人は、定期的に詮索するものです。つまり、定期的に得体が知れない状況に、質問される側は追い込まれるので、さらに恐怖はましてしまうでしょう。 

執拗に食い下がる

執拗に詮索されるのは嫌だな。

詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つは「執拗に食い下がる」です。

詮索する人はある意味、探求心が強すぎたり、厚かましい部分が強い人と言っても良いでしょう。 これが気持ち悪さを加速させてしまいます。

多くの人が常識に基づいて行動するでしょう。ですから「これを今質問するとまずいな」などと思い、非常識な行動に歯止めをかけます。 詮索する人には、こう言った歯止めをかける防止装置のようなものが全くありません。 

私的な情報を聞く

「私的な情報を聞く」のは詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つです。

詮索したがる人は、私的な情報をドンドン聞いてくることも多いでしょう。

これは別の観点から見ると、それだけ質問する側に対して興味を持っているということなのでしょう。また状況によっては、自分と比較している時もあるでしょう。

 例えば、相手の住まいや、相手の配偶者の勤務先などを聞いてくる場合には、自分との経済状況を比較しているのかもしれません。これはプライベート情報を密かに吸い取られているようで、実に気持ち悪いものです。

無理な要求をする

詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つは「無理な要求をする」です。

詮索する人は、無理な要求をしてくることも多いのではないでしょうか?

例えば、 急にお客さんから呼び出しがあって出かけなければならないのに、どうしようもない私的な質問をしてきたりします。

一般の人は「今忙しそうだからやめておこう」などと思うものですが、 詮索する人にはそういった部分がありません。無理難題を相手の状況などかまわずに突きつけてきます。これが気持ち悪さを相手に与える原因でしょう。 

不必要な質問をする

「不必要な質問をする」のは詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つです。

詮索する人はどういうわけか「不必要な質問をすること」が多いものです。例えば、既に知っている情報や当然のことを尋ねます。

詮索する人が不必要なことを尋ねるのは、これが多くの人が首をかしげる部分でしょう。「どうしてそんなことを聞くのか?」と感じるでしょう。

詮索する人はもしかすると、会話の仕方がわからなくて、必要な質問をすることを通じて相手とより多くの時間話したいのかもしれません。いずれにしても一般的な人から見ると理解に苦しむでしょう。

非常識な態度をとる

詮索する人の中には凄く非常識な人もいるわね。

詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つは「非常識な態度をとる」です。

詮索する人は、非常識な態度を取ることも多いのではないでしょうか?

例えば、相手に何かを質問して、相手が不快な表情を浮かべた時には、一般的な人はそれ以上質問しないでしょう。また「余計なことを聞いて悪かったね」などと謝るでしょう。

詮索する人はそういった部分がないのです。さらに、不快な表情を浮かべた時に逆に腹を立てたり、キレたりすることさえあるものです。 感覚が大幅に違う人なのでしょう。 

自分のことは語らない

「自分のことは語らない」のは詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つです。

詮索する人が自分のことを語らないのは、その人が自分に自信がないか、その人が他人に対して不信感を抱いていることが考えられます。

自分自身に自信がないために、自分の話をすることで「こんな話をしたってつまらないと思われるかもしれない」などと考えているかもしれません。

また「この人はまだ信用できない。だから自分の事なんて話すことができない」と思われているかもしれません。

いずれにしても、自分の事を全く語らない人というのは、薄気味が悪いと感じられても不思議ではないでしょう。

同じことを何度も尋ねる

分かっているはずなのに、同じことを何度も尋ねられるとイライラするよ。

詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つは「同じことを何度も尋ねる」です。

詮索する人はどういうわけか、同じ事を何度も尋ねる傾向が強いのではないでしょうか?

例えば、すでにこちらの家族構成は住んでいる場所を知っているにも関わらず、質問の仕方を変えて何度も尋ねたりします。尋ねられる方は不可解に感じたりイライラさせられたりするものです。

場合によっては「同じことを何回も確認するというのは、こちらが嘘でも付いているということなのか?」などと思ってしまうのです。 こんなことばかりされていれば「話しかけないで欲しい」と思うのではないでしょうか?

詮索することでストレスを感じさせる

「詮索することでストレスを感じさせる」のは詮索する人が気持ち悪いと感じる理由の一つです。

詮索する人は、とにかく人にストレスを与えることの天才と言っても良いのではないでしょうか?

一般的な常識がある人は、相手に不快な思いをさせたと感じるのであれば、その行動を改めようとするでしょう。ところが、詮索する人はどういうわけかそのような相手に不快感を与えるような行動を改善しようとしないものです。

結果として、多くの人から疎まれたり相手にされなくなったりして、孤立してしまうケースもありそうです。

また本人は、自分のその感覚のズレに気付いていないために「自分は人から嫌われている」などと誤解をしたりすることが多いでしょう。

このページに興味がある方にオススメのページ

詮索する人10の特徴

詮索されるのが嫌いな人10の特徴

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

迷惑をかける・得体が知れない

執拗に食い下がる・私的な情報を聞く

無理な要求をする・不必要な質問をする

非常識な態度をとる・自分のことは語らない

同じことを何度も尋ねる・詮索することでストレスを感じさせる

 

もし詮索する人が側にいてストレスを感じているのであれば「どうしてそんなこと尋ねるのですか?」どストレートに返しても良いかもしれません。また同じ事を何度も質問されている時には「この間もそれに対して返答しましたよね?」などと答えてみるのも手でしょう。それでも終わらないようであれば、やはり距離感をもって接するのが一番ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました