お金を借りる人10の特徴

人生

お金を借りる人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

よくお金を借りる人がいるね。

イタチ
イタチ

それが原因となって、人間関係の問題に繋がることもあるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

お金を借りる人の特徴は以下になるよ。

お金を借りる人の特徴

あればあるだけ使う

あればあるだけお金を使うのは、問題となることが多いね。

「あればあるだけ使う」のはお金を借りる人の特徴の一つです。

お金を借りる人は大抵、あればあるだけ使うタイプの人ではないでしょうか?お金を借りなければならないと言う事は、手元にお金がないと言うことです。その状態に陥ってしまう簡単な理由は、あればあるだけ使ってしまうからでしょう。

「あの洋服が欲しい」と思えば、その欲求のままに買ってしまうのです。たとえその結果、自分の前からお金がなくなったとしてもです。確かに洋服は手に入るかもしれませんが、生活に必要なお金がなくなり、人からお金を借りることになるでしょう。お金にだらしない人になってはいけません。

買い物が好き

お金を借りる人の特徴の一つは「買い物が好き」です。

お金を借りる人は、買い物が好きな人が多いのではないでしょうか?物欲が強いなど、買い物が好きになるには様々な理由がありますが、ストレスが溜まっている場合もあるでしょう。

人には様々なストレス解消法がありますが、買い物が好きな人は、買い物をすることを通じてストレスを解消しているのかもしれません。

ですが、それが度を越せば、自分のお金を管理できない状態になってしまうこともあり得ます。人からお金を借りてまで、買い物をしようとするのです。

貯蓄が苦手

貯蓄が苦手な人は、お金を借りる人が多いと思うよ。

「貯蓄が苦手」なのはお金を借りる人の特徴の一つです。

お金を借りる人は、貯蓄が苦手であったり貯金しない人であることが多いのではないでしょうか?毎月決まった額を必ず貯金すると言う意識がないために、いつまでたってもお金が貯まりません。

物を買うよりも貯蓄をすることが好きな人にとっては、不思議でしょうがないでしょう。貯蓄が苦手な人は、貯蓄をするよりも物欲の方が強いのかもしれません。いずれにしても、お金を人から借りることを止めるためにも、貯蓄する習慣をつけたほうが良いでしょう。

借りることに抵抗がない

お金を借りる人の特徴の一つは「借りることに抵抗がない」です。

お金をいつも借りる人と全く借りない人がいます。どうしてこのような違いがあるのでしょうか?最大の違いは、お金を借りることに抵抗感があるかないかではないでしょうか?

もし「人からお金を借りるなんて絶対だめだ」と言う意識が強ければ、人からお金を借りることなどなくなるでしょう。一方で「お金を借りても別に問題ではない」と思っていれば、人からお金を借りることを繰り返すことさえあるかもしれません。

身の丈に合った生活をしない

「身の丈に合った生活をしない」のはお金を借りる人の特徴の一つです。

お金を借りる人は、お金が自分の手元にないから、そうせざるを得なくなるのでしょう。その背景には様々な理由があるかもしれませんが、身の丈に合った生活をしていないことが多いのではないでしょうか?

例えば、あまり給料をもらっていないのに、ブランド品ばかり買うような生活をしていれば、お金はなくなるに決まっているでしょう。ブランド品を買うことをやめれば、人からお金を借りることをしなくても済むにも関わらず、そうすることがなかなかできないのでしょう。

借りてもなかなか返さない

お金を借りる人の特徴の一つは「借りてもなかなか返さない」です。

お金を借りる人は、お金を借りてもなかなか返さないことが、多々あるのではないでしょうか?「今度会ったときに返す」などと言いながら、数年に渡ってお金を返さないと言うこともあるでしょう。

本人に悪気がなくてそうしている時もあるかもしれませんが、元から返すつもりがなくてそうしている時もあるかもしれません。催促しているのにもかかわらず、返さない場合があったとすれば、縁を切られるかもしれません。

借りたことを忘れる

お金を借りたのに、忘れるのは信用を大きく失うわ。

「借りたことを忘れる」のはお金を借りる人の特徴の一つです。

お金を借りる人は、お金に関する意識が低いものです。人からお金を借りたら、すぐに返すことを考えるべきでしょう。すぐに返せば、借りたことを忘れると言う事はありません。

ひどい人は、すぐにお金を返さないので、自分が人からお金を借りたことさえ忘れている場合もあります。本人に悪気がなかったとしても、借りたことを忘れると、信用問題に繋がりかねません。

金銭面での信用を失う

お金を借りる人の特徴の一つは「金銭面での信用を失う」です。

お金を借りる人が直面する大きな問題の一つは、人から金銭面での信用を大きく失うことでしょう。いつもお金を借りているだけでも信用は失われますが、借りてもなかなか返せなかったり、借りたことを忘れるとなれば、その信用問題は相当なものです。

お金に関する信用問題は、一生ついて回ると言っても良いでしょう。自分の知らないところで「あいつにはお金を貸してはいけない」などと言われることになるでしょう。信頼を失う行為だけは避けたいところです。

物欲を抑えられない

物欲をコントロールできないと、金銭問題になるわね。

「物欲を抑えられない」のはお金を借りる人の特徴の一つです。

お金を借りる人は「自分の物欲を抑えられない人」だと多くの人が思うでしょう。例えば、自分が何か高額なものを欲しがっている時に、常識的な人は、もしお金がなければ買うのを諦めたり、貯蓄することを考えるでしょう。欲をコントロールすることができるのです。

一方で、お金を借りる人は、こういった欲をコントロールすることができません。結果として、人からお金を借りることになるのです。

お金が無くても買う

お金を借りる人の特徴の一つは「お金が無くても買う」です。

今の時代は、お金がなくても物を買うことができる時代です。ローンを組んだり、クレジットカードでショッピングをすれば、たとえ目の前にお金がなくても買うことができます。

もちろんこれは、将来自分の借金となるわけですが、手元にお金がなくても買い物は可能になります。ですが、金銭管理ができない人にとって、これはなかなか厄介な問題です。

お金がなくても物を手に入れる事に味をしめてしまうと、それが悪習となり、人からお金を借りることにも繋がることでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?お金を借りる人の特徴は以下になります。

 

あればあるだけ使う・買い物が好き

貯蓄が苦手・借りることに抵抗がない

身の丈に合った生活をしない

借りてもなかなか返さない

借りたことを忘れる・金銭面での信用を失う

物欲を抑えられない・お金が無くても買う

 

お金を使うこと自体は悪いことではありません。ですが、人からお金を借りてまで物を買ったり、何かしようとするのは大きな問題でしょう。金銭問題は人からの信用問題に直結します。信用を失わないように、金銭管理ができる習慣をつけることが大切でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました