甘やかされて育った人が優しいと感じる10の理由

人生

甘やかされて育った人が優しいと感じる10の理由

ピゴシャチ
ピゴシャチ

甘やかされて育った人と言われると、あまり良い人に聞こえないけれど、甘やかされて育つことがプラスに作用するケースもあると思うな。

イタチ
イタチ

優しい人になるケースだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

甘やかされて育った人が優しいと感じる理由は以下になるよ。

甘やかされて育った人が優しいと感じる理由

素直

甘やかされて育った人は素直な人が多いと思うな。

「素直」なのは甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つです。

いわゆるお嬢様と呼ばれる人がいます。お金持ちの娘さんは優しいタイプの女性も多いものです。そのような人の中には、経済的苦労など全く知らずに甘やかされて育った人も多いのではないでしょうか?

甘やかされて育ち苦労を知らないと、 自己中心的になったりするケースも多々あります。甘やかされて育った人の末路の定番でしょう。ですが、逆に素直になる場合も多いのではないでしょうか?苦労を知らず良い部分だけしか見ないで育った場合です。

結果として、そのようなお嬢様は周りの人に対して優しく映るのでしょう。 お金のことを殆ど考えず心に余裕があり、周りの人からは優しいお嬢様としてのイメージを確立することでしょう。

ポジティブ

甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つは「ポジティブ」です。

ネガティブな人とポジティブな人のどちらが優しく見えるでしょうか?誰しも後者と言うでしょう。人はネガティブになると、他人を信用できなくなったり、自分に自信がなくなり結果として周囲に対して刺々しい態度で接することが増えるのではないでしょうか?

以前、強烈な劣等感を持ち性格的に難があり多くの人から嫌われるおばさんがいました。その女性は育った環境のせいで基本的にネガティブだったのです。

結果として、人に文句をつけたり厳しく接して嫌われることになりました。もしあの女性が甘やかされて育ったとしたら、違った結果になっていたかもしれません。 

世間を知らない

私は甘やかされて育ったせいか世間を知らないわ。だけど、人には優しい方だと思うよ。

「世間を知らない」のは甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つです。

世の中に出ると様々な状況があったり、多種多様な性格の人がいるものです。生まれたばかりの赤ちゃんは汚れを知らないものの、成長するにつれて良くも悪くも知恵を付け、悪い部分が目立つようになるのにはそういった背景があるからでしょう。

甘やかされて育った人は、一般的な世の中というものをあまり知らない世間を知らない人かもしれません。ですから、狡猾なところがなかったりして優しく見えることが多いのでしょう。 

自分に自信がある

甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つは「自分に自信がある」です。

学生時代に知り合いから聞いたことがあります。ヨーロッパのある国では、子供が小さな時から「お前はかっこいい」と言われて育つのだそうです。実のところあまりかっこよくない子供でも、そう言われて育つので、良い意味で勘違いするのだそうです。

そのような状況で育てば、自己肯定感が高くなり自分に自信を持てるのではないでしょうか?自分に自信がある人は、人に自然に優しくなれるでしょう。 

厳しさを知らない

「厳しさを知らない」のは甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つです。

人間は世間や人々の厳しさを知ることで、より強さ身につけることができると思いますが、これはプラスに作用した時ではないでしょうか?

人によっては、それがマイナスに作用する場合もあるでしょう。 マイナスに作用した時には、人をいじめる人となったり、高圧的な態度で接する人になったりするのではないでしょうか?例えば、家族愛がない人が厳しい状況で育てば、そのような人格になったとしても不思議ではありません。

甘やかされて育ったことがプラスで作用すれば厳しさを知らずに育つこととなり、 周りの人に対して優しくなれるのです。 

甘え方を知っている

甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つは「甘え方を知っている」です。

優しく見える人はどのような人でしょうか?色々なタイプがいますが、上手な甘え方を知っている人ではないでしょうか?そんな人は、優しく見えることが多いのではないでしょうか?

例えば、ぶりっ子の女性は女性から嫌われる女性の典型ですが、男性目線から見ると可愛らしく優しいタイプに見えることが多いのではないでしょうか?

甘やかされて育った人は自然にどうすれば甘えることができるのか?を感覚的に知っていると言えるでしょう。ですから、優しく見えるのです。 

物事を深く考えない

僕は大家族の下で全て色々やってもらって育った為か、物事を良くも悪くも考えないんだ。

「物事を深く考えない」のは甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つです。

もし誰かから文句を言われたとしても、それを聞き流せる人や、気にしないタイプの人は優しく見えることが多いでしょう?

「私は酷いことを言ったのに、それに対して文句の一つも言わないで・・」と心打たれる人も多いのではないでしょうか?

そのように評価される人は、非常に人間として出来ている場合もありますが、実は忘れっぽい人であったり、物事を深く考えないことがプラスで作用している場合もあるでしょう。

嫌味を言われても、 スグ忘れたり嫌味と取らなければ、相手が勝手に勘違いし優しいと思うことも多いでしょう。 

人を疑うことを知らない

甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つは「人を疑うことを知らない」です。

父親や母親が周りが敵に見える 心理に支配され、日常的に人を疑ってばかりであったり、いつも文句ばかり言っていたり、攻撃的な態度で周りの人達に接する姿を小さな頃から見ていたとしたら、それが当たり前だと思って育つでしょう。そうすると、自然に親と同じように振る舞うのではないでしょうか?

一方で、父親や母親が人を疑うことをほとんど知らないような性格だったとしたら、子供はそういうものだと思って育つでしょう。

人を疑わない人は、人に優しく接することができるでしょう。甘やかされて育った人が優しく見える理由の一つにそれがあるでしょう。 

厳しくする理由が解らない

厳しくされたことがないから、人に厳しく出来ないわ。

「厳しくする理由が解らない」のは甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つです。

人にもよるかもしれませんが、厳しい育て方をされた人は、自分の子供にも厳しく接することが増えるのではないでしょうか?人は生涯に渡って生まれながらの環境の影響を受けると言えるでしょう。

甘やかされて育った人は、厳しくされたことがないので、厳しくする理由が解らない場合もあるでしょう。結果として、人に対して優しくなることができるでしょう。これは、見方によっては実に得をしていると言えます。

家族の愛情を沢山受けている

甘やかされて育った人が優しいと感じる理由の一つは「家族の愛情を沢山受けている」です。

甘やかされて育った人は大抵、家族の愛情をたくさん受けて育ったと言って間違いないでしょう。ですから、自然に優しくなるのです。

自分が家族からたくさん愛をもらった人は、優しさをよく知っていると言えるでしょう。ですから自然に、人にその優しさを与えるようになるのです。 小さな頃から、優しさを知り育った人が捻くれ者になったりすることは少ないのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか? 甘やかされて育った人が優しいと感じる理由は以下になります。

素直・ポジティブ

世間を知らない・自分に自信がある

厳しさを知らない・甘え方を知っている

物事を深く考えない・人を疑うことを知らない

厳しくする理由が解らない・家族の愛情を沢山受けている

一般的に、 甘やかされて育った人と言われると、悪い意味で解釈することが多いのではないでしょうか?わがままな人や勘違い野郎などと言われる場合が多いでしょう。ですが、甘やかされて育ったこと プラスに作用すると周囲の人に対して優しさを感じさせることもあり得るでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました