頭が悪い人に疲れる10の理由

人生

頭が悪い人に疲れる10の理由

ピゴシャチ
ピゴシャチ

頭が悪い人に疲れる・・という人は多いと思うね。

イタチ
イタチ

一見頭が悪いと思えても、背後に別な問題がある場合もありそう。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

頭が悪い人に疲れる理由は以下になるよ。

頭が悪い人に疲れる理由

話が通じない

話が通じないと、頭が悪い人と思われる可能性は高そうだね。

「話が通じない」のは頭が悪い人に疲れる理由の一つです。

時々話をしている時に、相手に話が通じていないという時があるものです。そのような時には、話している側の人が「この人は頭が悪いな」と思うこともあるのではないでしょうか?

気をつけなければならないのは話をしている方が優秀な場合です。知能が高かったり高度な教育を受けていたりして、人よりもかなり頭が回るタイプの人が、一般人と話をするとジレンマを感じるということは案外多いかもしれません。 

頭が悪い人 診断

記憶力が弱い

頭が悪い人に疲れる理由の一つは「記憶力が悪い」です。

学生時代の仲間と久しぶりに会って食事をしている時に「今の同僚が少し記憶力が弱くて困っているんだ」と話していました。その友人によると、同僚は非常に真面目な人なのだそうですが、口頭で伝えたことを一から十まで全てメモにとろうとするので、時間がかかって仕方がないのだそうです。

必要なことだけメモを取れば良いにもかかわらず、そうしないので理由を同僚に尋ねたところ「口頭で話をされても覚えていられない」というのだそうです。 この学生時代の知り合いは頭が悪いと言っていましたが、もしかすると別の問題を抱えていることもある可能性もあるのかもしれません。 

知識が少ない

学生時代何も遊んでばかりいて知識がないから「頭が悪い」と言われることがあるわ。腹が立つわ。

「知識が少ない」のは頭が悪い人に疲れる理由の一つです。

義務教育を終了していれば、最低限の知識はあるものです。ところが、その最低限の知識もない人に直面することもあるのではないでしょうか?知識が少なくて人から頭が悪いと言われ、勉強してこなかったツケを感じることもあるでしょう。

例えば、 知り合いがお店で領収書を頼んだのだそうですが、その店員さんは小学生でも書けるような漢字を書けなくて困惑したというのです 。

確かに、知識があまりにも少なければ「頭が悪い」と思われ周囲が疲れることが多いのかもしれません。ただこれも、頭が悪いとは別の問題を抱えているかもしれないので、専門家に診てもらう事で、背後にある理由がはっきりする場合もあるでしょう。

機嫌が悪くなる

頭が悪い人に疲れる理由の一つは「機嫌が悪くなる」です。

頭が悪い人と感じる人の中には、理屈を理解できなくてイライラ機嫌が悪くなる人が多いのではないでしょうか?

物事を理解することができなければ、解るまでじっくりと考えていけばよいものですが、頭が悪いと言われる人の多くは、考えることが嫌いな人であり考えるだけでイライラしたり、理解できないという状態を極度に気にするなどして機嫌が悪くなることが多いでしょう。

そのような様子を見ていて疲れてしまう人も多いのではないでしょうか?

余計なことをする

「余計なことをする」のは頭が悪い人に疲れる理由の一つです。

職場などで仕事をしている時に、同僚に対して「この人はちょっと頭が悪い人だな」と思うこともあるのではないでしょうか?

様々な状況が考えられますが、余計なことをする人も多いのではないでしょうか?「今その仕事をやらなくても良いのに、どうしてそれをするのだろうか?」「勝手に余計な事をするので、かえって面倒なことになってしまう・・」そんな場面に直面したり、部下の尻拭いをさせられる上司などは疲れてしまうことも多いでしょう。 

相手が思わぬ誤解をする

頭が悪い人に疲れる理由の一つは「相手が思わぬ誤解をする」です。

人に話を伝えた時に、相手が思わぬ誤解をする場面に直面して「この人は頭が悪いかもしれない」と思うこともあるのではないでしょうか?

例えば、バブル時代に人から聞いた話ですが、上司が部下に対して「この書類焼いておいて」と言ったのだそうです。その当時はコピーを取るという意味で「焼く」という表現を使っている人もいたようです。伝えられた部下はコピーを取らず、大事な書類を燃やしてしまったようです。

人に話をした時に相手が思わぬ誤解をすると「この人頭が悪いな」と思うことが多いのではないでしょうか? 

自分の感覚と違い過ぎる

相手の言動や行動が自分の感覚と違い過ぎると「頭が悪い人」と考えると思うよ。

「自分の感覚と違い過ぎる」のは頭が悪い人に疲れる理由の一つです。

頭が悪い人に疲れてしまう理由の一つとして、自分の感覚とあまりにも違うことがあるでしょう。

「今この状況であれば、自分ならこうする」という自分の考えと相手の行動があまりにも違いすぎると、疲れてしまうでしょう。

例えば、知識が必要となる仕事をしている時に部下が知識不足状態だとしましょう。そのような時に上司が「この本を月曜日までに読んできて欲しい」などとお願いしたとしましょう。

それに対して「週末は疲れていて何もしたくありません」「家族の用事があるのでそのような時間は取れません」などと返答されると、仕事が出来ない部下のためを思って折角アドバイスしたにも関わらず、 あまりにもおかしな返答をされて「この人は頭が悪いな」と思うと同時に、疲れ果ててしまう人も多いでしょう。 

全て話さなければならない

頭が悪い人に疲れる理由の一つは「全て話さなければならない」です。

時々「そんなことくらい自分の頭で考えて欲しいな」という人がいないでしょうか?

学生の時に、塾講師をしていた友人からの愚痴を聞いたことがあります。その友人が言うには「生徒から“どうして先生は私にこの部分をノートを取りなさい”とアドバイスしないのですか?」と生徒から逆ギレされたのだそうです。

同じ話を何回もしており、生徒の方がノートを取らないので、大丈夫なのだろうと思っていたらそうではなかったのだそうです。「ノートをこのタイミングでとりなさいということまでアドバイスしなければならないのだろうか?一から十まで話さなければならないのは非常に疲れる」とこぼしていました。

何を言いたいのか分からない

職場のおばさんが何を言いたいのか分からないことが多々あるわ。

「何を言いたいのか分からない」のは頭が悪い人に疲れる理由の一つです。

時々、理不尽な感情論を堂々と展開するおばさんがいます。このような人は、何を言いたいのか分からないことも多いでしょう。

思いつくままに話をするので、聞いている方は何を言っているのか解からないという状態になります。困ったことに、思いつくままに話をするタイプの人は、聞いている方が理解できないとイライラすることもあります。

そのような状況に付き合わされている方は「この人は頭が悪くて疲れるな」と思ってしまうことも多々あるのではないでしょうか? 

同じ話を何回もする必要がある

頭が悪い人に疲れる理由の一つは「同じ話を何回もする必要がある」です。

時々「その話はもう3回くらいしているな」と思う場面に直面することがあるのではないでしょうか? そして「この人ちょっと頭が悪くて疲れるな」と思うのかもしれません。

話をしている相手が高齢者であれば、そのような状況に遭遇しても「仕方がない」と思えるのかもしれません。ですが、学生や働き盛りの人に同じ話を何回もすると、話をしている方はイライラすることも多々あるでしょう。

色々と理由はあるかもしれませんが、 最初に話をした段階で相手が理解をしていないということも考えられるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?頭が悪い人に疲れる理由は以下です。

話が通じない・記憶力が弱い

知識が少ない・機嫌が悪くなる

余計なことをする・相手が思わぬ誤解をする

自分の感覚と違い過ぎる・全て話さなければならない

何を言いたいのか分からない・同じ話を何回もする必要がある

社会に出て多くの人と接していると「この人は頭が悪くて疲れる」と思う場面も多々あるでしょう。確かに、本人の意識の問題や努力不足が原因でそうなっている場合も多々あるでしょう。ですが、 頭が悪いの一言だけでは済まされない別な問題が潜んでいる場合もあるので、そのような時には、専門家のアドバイスをもらうことで、本人も周囲も納得できる場合があるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました