好かれている 勘違いだった よくあるパターン10選!

人生

好かれている 勘違いだった よくあるパターン10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

相手が自分のことを好いていると思ったけど、実は完全な勘違いだった・・という時があるね。

イタチ
イタチ

そうだね。そのせいで、恥ずかしい思いをしたりすることもあるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

好かれている 勘違いだった よくあるパターンは以下になるよ。

好かれている 勘違いだった よくあるパターン

笑顔を勘違い

笑顔を心掛けているせいか、時々男性から勘違いされることがあるわ。

好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つは「笑顔を勘違い」です。

周りを笑顔にする人は多くの人から好かれるものです。日常的に異性が、自分に対して笑顔を見せてくれると、誰でも嬉しいのではないでしょうか?人間は嬉しくなると、 ついつい勘違いしてしまう生き物ではないでしょうか?

笑顔は良くも悪くも相手を狂わせてしまうのです。心が安定していていつも笑顔で振舞う人は、極端なことを言えば誰に対してもそのような素敵な笑顔を見せているということは考えられます。

もしこれを誤解し 自分への特別な気持ちの表現だと解釈してしまうと、相手の意思とは違う方向へ物事が進んでしまうことは考えられそうです。

言動を勘違い

「言動を勘違い」は好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つです。

人間は言葉の世界で生きています。その言葉一つで、相手を傷つけることもあれば喜ばせることもあります。

言葉が難しいのは、自分の意図しない方向で相手が自分の言葉を解釈してしまう場合があるからです。

例えば、異性から「〇〇さんは素敵ですね」と言われたとしましょう。相手に対して好意を持って言っている場合もありますが、 単なる社交辞令として言っている場合もあります。本当は後者であるにも関わらず、 好かれていると勘違いしてしまうと大変です。 

食事の誘いを勘違い 

単に食事に誘われただけで、好かれていると思い込まない方がいいね。

好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つは「食事の誘いを勘違い」です。

一人暮らしをしていて寂しい思いをしている人の中には、 たまに誰かと晩御飯を一緒に食べたいと思うことはあるでしょう。そのような場合、同性の仲間を誘うこともありますが、異性を誘うということもあるでしょう。

自分からみて頼りがいのあるタイプに見える年上異性や、気軽に話ができるタイプの年下異性に食事の誘いをすることはあるでしょう。

このような時に、自分は相手から好かれているのだと勘違いしてしまうことはありそうです。 

メール連絡を勘違い

「メール連絡を勘違い」は好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つです。

よく色々な人にメールをする人がいるものです。日常挨拶のような形で、頻繁に人とのメールでのやり取りを好む人は、異性に送ることも多いのではないでしょうか?

異性を異性と捉えないタイプの人は、単に話がしたい時にメールを頻繁に誰か特定の人に送るということは考えられます。

相手がそのようなタイプだということを理解しないで、自分に対して頻繁にメールを送ってくるというだけで、 自分が実は好かれているのだと思い込んでしまうことはありそうです。

優しい気遣いを勘違い

好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つは「優しい気遣いを勘違い」です。

気立てが良い女性や実にナイスガイの男性がいるものです。このような人は、実に優しい気遣いが出来る人である場合が多いのではないでしょうか?

相手がちょっと悩んでいそうな時などに「何かあった?」などと、声をかけたりする人達です。このような気遣いを自分に対する好意だと勘違いしてしまうことはよくある話ではないでしょうか?

「相手の優しさが必ずしも自分に対する好意」ではないということを知っておくほうが無難でしょう。 

自分への視線を勘違い

「自分への視線を勘違い」は好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つです。

人間は良くも悪くも思い込みの生き物なのかもしれません。すごく美人であるにも関わらず、自分に自信が持てないだけで「自分は異性から全くモテない」と思ってしまう場合もあります。

実のところ、本当は異性からすごく好意のサインを受け取っているにも関わらず、自分に自信がないだけでそれに気づかないということはあります。

逆に「自分は異性からモテるのだ」と思い込んでしまうと、異性が自分を見ただけで「自分は相手から好かれている」 と勘違いしてしまうこともあるでしょう。 

メールの文面を勘違い

文字でのやりとりは、時に誤解を生じさせるものだよ。

好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つは「メールの文面を勘違い」です。

自分が誰かに対して恋愛感情を持っている時には、メールの文面を勘違いし、自分への好意だと感じることも多いのではないでしょうか?

例えば「〇〇さんと一緒にお仕事が出来て非常に嬉しいです。」などというメールを受け取ったとしましょう。

相手は、単に一緒に仕事ができた嬉しさを素直に述べているだけなのにも関わらず「自分のことが好きだから、遠回しにこう言っているのだ」などと勘違いすることも多々あるのではないでしょうか?

利用されているのを勘違い

「利用されているのを勘違い」は好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つです。

世の中は善人ばかりではありません。悪人も大勢いるものです。自分にすり寄ってくる人が、実は自分を利用していたいうことは、 長い人生で何回かあるものです。

自分のことを利用しようとすり寄ってきているにも関わらず「自分に対して好意があるからだ」などと勘違いしてしまうことは、 ある意味危険かもしれません。

というのも、利用するという腹黒い目的を優しさや振舞いを善意として勘違いしているからです。こんな場合には、相手の思うがままに利用されてしまうということはあるものです。

フレンドリーな態度を勘違い

誰に対してもフレンドリーな人もいるから、それだけで自分に対する好意と勘違いしないようにしないと。

好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つは「フレンドリーな態度を勘違い」です。

世の中には寡黙でシャイな人もいる一方で、明るくてフレンドリーな人もいます。そのような人は、誰に対しても気軽に付き合うことができる人です。ですが、このような性格のせいで勘違いしてしまう異性もいそうです。

例えば、 男性に対して気軽にベタベタ触る女性がいます。このような人がいるということを理解していない男性もいるものです。

そのような人は、気軽に触れられただけで「自分のことを好きなのではないだろうか?」などと思ってしまうケースもあるでしょう。 

相談に乗ってくれるのを勘違い

「相談に乗ってくれるのを勘違い」は好かれている 勘違いだった よくあるパターンの一つです。

世の中には実に親切な人もいるものです。自分が困っている時に、自分のことを助けてくれる人は神様のように見えてしまう場合も多々あるのではないでしょうか?

その相手に対する過剰なまでの評価は、もしかすると、自分に対する好意と大きく勘違いさせてしまっているのかもしれません。

相手が根からの優しい人で、誰に対しても分け隔てなく相談に乗るタイプであることを見過ごす人もいるでしょう。自分に対して親身に相談に乗ってくれているというだけで、 自分に対する好意と勘違いしてしまわないようにすることも必要です。 

まとめ

いかがだったでしょうか?好かれている 勘違いだった よくあるパターンは以下になります。

笑顔を勘違い・言動を勘違い

食事の誘いを勘違い ・メール連絡を勘違い

優しい気遣いを勘違い・自分への視線を勘違い

メールの文面を勘違い・利用されているのを勘違い

フレンドリーな態度を勘違い・相談に乗ってくれるのを勘違い

人間は自分が相手のことをどう思うかで、良くも悪くも勘違いしがちです。 ですから、自分が好かれていると勘違いしてしまうことは十分に考えられそうです。相手から自分が好かれていると思うことで、自分が幸せな気持ちになるのであれば、 それもありなのかもしれません。ですが、勘違いすることで、後から恥ずかしい思いをしたりしないように注意したいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました