子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきこと10選!

人生

子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきこと10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

我が子が巣立つのは寂しいものだね。

イタチ
イタチ

そうだね。可愛いわが子がいなくなるのは、寂しいだろうね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことは以下になるよ。

子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきこと

立派に成長したことを喜ぶ

我が子も立派に成長したのね。

「立派に成長したことを喜ぶ」は子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つです。

「子供が小さい頃は自分を追いかけて来てくれたのに、ある日を境にそれがなくなった」と実感すると寂しくなるものではないでしょうか?

確かに、寂しさを感じる状況ではありますが、これは裏を返すと子供が立派に成長しているという証ではないでしょうか?健やかに育っていると言うことではないでしょうか?

もし、そのように育っておらず、いつまでも自分にべったりしているのであれば、逆にこれは心配なことではないでしょうか?多くの人は、子供の成長と共に、自分から離れていくことを頭では理解していても心が納得してくれないものなのでしょう。

ですが、親としては子供が立派に成長したことが何よりも嬉しいのではないでしょうか?

愛情の裏返しであると考える

子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つは「愛情の裏返しであると考える」です。

「いつまでもこのまま自分と一緒にいて欲しい」と子供に対して思うのであれば、それは「子供に対する確かな愛情の裏返し」と考えることができるのではないでしょうか?

世の中にはたくさんの毒親がいるものです。子供を放置し、自分の好きなように生きているような親もいるわけです。子供が離れて寂しいと感じるのであれば、それは子供に対して確かな愛情を持って接している立派な親だと言う証明ではないでしょうか?

ですから、自分のことを少し褒めてあげても良いのではないでしょうか?立派な親であると言う事は、本人からすれば当然のことかもしれませんが、全ての親がそうすることができるわけではないでしょう。ですから、自分自身に誇りを持って良いのではないでしょうか?

一緒の時間を大切にする

子供と一緒の時間を大切にしたいな。

「一緒の時間を大切にする」のは子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つです。

子供は毎日少しずつ、そして確かに成長していくものです。

ある日「以前よりも自分に子供が懐かない」と実感し、寂しくなってしまった時には、昔自分に懐いていた時を貴重な時間に思うのではないでしょうか?

もし、そのように思うのであれば「これから毎日子供と接する時間を大切にしよう」と意識するのが良いのではないでしょうか?過去だけではなく、これからの時間も大切にすることによって、10年後20年後、自分の子育てを振り返った時に満足のいく良い思い出となるのではないでしょうか?

頼りにされる親であり続ける

子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つは「頼りにされる親であり続ける」です。

子供が大学に通ったり働き始め、家を離れるようになると寂しさがぐっと押し寄せてくる人もいるのではないでしょうか?そこで確かに子育ては完了したかもしれませんが、頼りにされる親であり続ける事はいつまでもできるのではないでしょうか?

子供に依存されるのは良くないことですが、いざと言う時に頼りにされる存在であり続けることが重要なのではないでしょうか?子供は大きくなっても、長い人生においては大きな問題を抱えることがあるものです。そのような時に親として、子供に良きアドバイスをできる存在であれば良いのではないでしょうか?

子供が離れても見守ることはできる

「子供が離れても見守ることはできる」のは子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つです。

子供が自立し家を出て、寂しい気持ちに襲われている人もいるのではないでしょうか?

確かに、子供と一緒に暮らしていなければ寂しさを感じることもあるかもしれません。ですが、離れていても子供を見守ることはできるのではないでしょうか?

時々電話やメールで連絡をし、適度な距離感で子供を見守り続けると、子供はストレスを感じることなく、良い親子関係を維持することができるのではないでしょうか?

そして、そのような関係を維持できれば、次第に寂しさを感じる事もなく、子供に対する愛情を維持し続けることができるのではないでしょうか?

必ず子供が巣立つ日は来ると割り切る

子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つは「必ず子供が巣立つ日は来ると割り切る」です。

子育てをしながら「必ず子供が巣立つ日がいつの日かやってくる」と時々考えてみることも重要なのではないでしょうか?

子供に対する確かな愛情があればこそ、子供が巣立つ日を想像すると寂しいものでしょう。ですが、子供が立派に成長すればするほど、その日は必ず近づいてくるものです。

ですから、時々「その日は必ずやってくるのだ」と思い起こし、段階的に覚悟を決めていけば良いのではないでしょうか?

このような準備をしないで、毎日を過ごしていると、巣立つ日が来た時に、むなしい空虚感に襲われてしまうのではないでしょうか?

子離れの準備をする

子離れの準備をしていかなければならないわ。

「子離れの準備をする」のは子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つです。

子離れの日がいつかやってくると割り切って考えると同時に「子離れした後に自分はどのように人生を過ごすのか?」と時折考えてみることも重要なのではないでしょうか?

子供が小さい時になかなかできなかったことが誰にでもあるものです。時間的に厳しかったり、金銭的に厳しくて出来なかったことがあるのではないでしょうか?

子育てを立派にやることも重要ですが、そこにばかり集中しすぎると、子供が巣立った時にすっぽりとした空洞ができ、残りの人生をうまく過ごしていけなくなる可能性もあるでしょう。

ですから、愛情を注ぎ子育てをしながら、時々子育て後の生活をどのようにしていくのか?を自分で考え、同時に夫婦で考えてみる時間も必要になるのではないでしょうか?

子供に迷惑をかけてはならないと考える

子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つは「子供に迷惑をかけてはならないと考える」です。

子供が成長していく様を喜んでいる一方で、自分からどんどん離れていき寂しさを感じる人も多々いるはずです。

愛情が深い事は良い事ですが、子離れできずにいると、状況によっては子供に迷惑をかけることもあるのではないでしょうか?

例えば、子供が結婚しても子離れできない親は子供とべったりした関係をずるずると引きずってしまうこともあるのではないでしょうか?子供の結婚相手がその状況を気に掛けないのであれば何も問題はないでしょう。

ですが、義理の娘や息子との相性の問題もあります。もし相性が悪ければ、子供ににべったりしている親を疎ましく思い、子供の結婚生活に支障をきたすこともあるでしょう。

子供の幸せを願いながらも、子供の幸せを壊すようなことをしていれば、それは問題ではないでしょうか?

親としても、子供に迷惑をかけてはならないと考えることが必要ではないでしょうか?

子供をダメにしてはいけないと考える

子供が好きでもダメにしてはいけないわね。

「子供をダメにしてはいけないと考える」のは子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つです。

子供が親を慕ってくれるのは良いことでしょう。ですが、子供が親をいつまでもあてにし、ダメ人間になるようであれば問題ではないでしょうか?

そんな時には「かわいい我が子であるからこそ子供を手放す覚悟」が必要になるのではないでしょうか?

結婚し自分の家庭を持っているにも関わらず、親に金銭的な援助を求める人間がいるものです。親子の関係がそれで良好ならば問題は無いのかもしれませんが、子供がそれに味をしめ、ダメ人間になったらどうなるでしょうか?親としては悲しいのではないでしょうか?

ですから、子供の成長が寂しいと思った時には「子供をダメにしてはいけない」と言う発想を持つことも必要なのではないでしょうか?

子供をダメにする親12の特徴

自分の時間を大切にする

子供の成長が寂しいと思ったら考えるべきことの一つは「自分の時間を大切にする」です。

子供が成長し寂しいと思い始めた時は、子供に手がかからなくなった時です。そんな時こそ「自分の時間を大切にしよう」と思えば良いのではないでしょうか?

自分がやりたいことを思う存分やったり、夫婦水入らずで旅行に出かけたりするなど、いくらでもやれることがあるのではないでしょうか?

自分がワクワクすることを大いにするための自由な時間が、子供に手をかからなくなった時についに手に入れることができるのです。子供が成長し寂しいと思い始めたら、自分の時間を大切にしようと思うと良いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?子供の成長が寂しいと思ったら考えるべき事は以下になります。

 

立派に成長したことを喜ぶ・愛情の裏返しであると考える

一緒の時間を大切にする・頼りにされる親であり続ける

子供が離れても見守ることはできる

必ず子供が巣立つ日は来ると割り切る

子離れの準備をする・子供に迷惑をかけてはならないと考える

子供をダメにしてはいけないと考える・自分の時間を大切にする

 

これまで自分のことを慕ってくれた子供が、自分から巣立っていく瞬間は寂しいものです。ですが、自分が愛情を持って育てた子供が立派になった瞬間と考えることもできるでしょう。それは喜ばしい瞬間ではないでしょうか?これからは、自分のための時間を充実させることが必要なのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました