愛のない夫婦10の特徴

人生

愛のない夫婦10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

夫婦いつまでも仲良くありたいものだね。

イタチ
イタチ

そうだね。家庭生活が荒れていると辛いね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

愛のない夫婦の特徴は以下になるよ。

愛のない夫婦の特徴

体裁を気にする

我が家も体裁を気にしていて外面だけは良いかもしれないわね・・

「体裁を気にする」のは愛のない夫婦の特徴の一つです。

「あの夫婦があんなに仲が悪いとは思わなかった」などと、後々気付くケースがあるのではないでしょうか?

では、どうして周囲がびっくりする状態になってしまうのでしょうか?それは、体裁を気にして偽りの夫婦を演じているからでしょう。

例えば、夫が家では全く話もせずに顔をしかめてばかりいるのにも関わらず、一歩外に出て近所の人とすれ違う時などは「お元気ですか?」などと愛想よく挨拶したりしているからでしょう。

夫婦両方で外面が良ければ、周囲の人間は「〇〇さんの家は気さくでいい人達ね。良い夫婦だわ。」などど、誤解してしまうものです。

愛のない夫婦は、体裁を気にして偽りの夫婦を演じることも多いでしょう。 

離婚した方がいい夫婦 チェック

目を合わせない

愛のない夫婦の特徴の一つは「目を合わせない」です。

時々目を合わせない人がいるものです。理由には様々なものがあるでしょう。 目を合わせて話をすることに慣れている人からすると、目を合わせない人は理解できないかもしれません。

逆に、目を合わせないことが普通だと考えている人は、目を合わせられると困惑するかもしれません。

他人との関係では、目を合わせなくても困らないかもしれませんが、結婚して夫婦になった人達が目を合わせないのは少し困った状況ではないでしょうか?

愛のない夫婦は目を合わせたがらないことが多いでしょう。 

対等な関係でない

妻の上から目線には本当に腹が立つよ・・

「対等な関係ではない」のは愛のない夫婦の特徴の一つです。

愛のない夫婦関係は、関係が対等ではないことが多いのではないでしょうか?夫が妻に対して支配的に振舞ったり、妻が夫に対して上から目線で接したりするなどと言ったように、対等な関係じゃない場合が多いかもしれません。

そして、ストレスが生じるようになると、関係のない人に八つ当たりをするなどして、鬱憤を晴らそうとする人まで出てくることでしょう。

理由がなく腹が立つ

愛のない夫婦の特徴の一つは「理由がなく腹が立つ」です。

「よくわからないけれども腹が立つ・・」ということはないでしょうか?これはもしかすると波長が合わない人であるからかもしれません。

愛のない夫婦は、理由がなく腹が立つケースも多いのではないでしょうか?ちょっとしたことでも妙にイライラしてしまうのです。

例えば、待ち合わせ時間に数分間遅れた場合などでも、妙に腹が立ったりするのです。これは長年の積み重ねなどからパートナーに対するストレスが溜まっている証拠かもしれません。

また、時間が経過するにつれて、夫婦の波長が変わっている証拠なのかもしれません。いずれにしても愛のない証拠と言えるのではないでしょうか? 

自分のことを優先する

「自分のことを優先する」のは愛のない夫婦の特徴の一つです。

愛がある夫婦はお互いのことを思いやります。ですから、自分の事よりも相手のために何か行動することが多いのではないでしょうか?

一方で、愛のない夫婦は自分のことを優先したがるものです。自分の都合をまず第一に考え、相手の事など二の次なのです。

どちらが一方が常にこのような調子であると、残された方の怒りはエスカレートするでしょう。結果として、修繕できなくなり、ますます愛のない夫婦の道を突き進むことになるでしょう。 

相手の悪口ばかり言う

愛のない夫婦の特徴の一つは「相手の悪口ばかり言う」です。

いつも旦那の悪口ばかり言っている人はいないでしょうか?照れ隠しで言っている可能性もあるかもしれませんが、本当に愛がなくてそう言っている場合もあるでしょう。

愛がなくてそう言っている場合は、表情が真剣だったり、顔つきに険しさが感じられる場合が多いのではないでしょうか?

日頃の鬱憤を悪口という形にして放出することで、自分のストレスを解消しているのでしょう。 

触れられることを嫌う

夫婦関係が悪かった時は、夫に触られるのが気持ち悪かったわ。

「触れられることを嫌う」のは愛のない夫婦の特徴の一つです。

愛のない夫婦は触れられることを嫌う場合も多いのではないでしょうか?相手に話しかけても返答がないので、聞こえなかったのかと思い肩などに触れただけで、まるで汚いものに触れたかのような表情を浮かべ、触れられた事を気にするようになったりしているでしょう。

ここまで夫婦が愛のない状況になると、関係を修繕するのは非常に難しいのではないでしょうか? 

仕事のストレスが多い

愛のない夫婦の特徴の一つは「仕事のストレスが多い」です。

生きている中でストレスは誰にでもあるものですが、仕事からのストレスというのは大きいのではないでしょうか?特に、仕事上の人間関係からのストレスは大きいのではないでしょうか?仕事でストレスが生じれば 、そのストレスを誰かにぶつけようとする人もいるでしょう。

それが夫だったり妻だったりすると、夫婦間の関係が崩れ、愛のない夫婦へと変わり果ててしまう残念な場合も多いでしょう。 

相手の欠点を受け入れない

相手の欠点を受け入れられなければ、夫婦としてうまくいかなくなるね・・

「相手の欠点を受け入れない」のは愛のない夫婦の特徴の一つです。

相手の欠点が気になる人と気にならない人がいるものです。

例えば、ズボラな人がいたとしましょう。そのズボラな部分が気になって仕方がない人もいれば、全く気にならない人もいるものです。

愛のある夫婦は、相手の欠点をも受け入れて愛することができることでしょう。一方で、愛のない夫婦は、相手の欠点を受け入れることができず、気になって仕方がなくなるのです。

そして、その不満を相手にぶつけることでさらに関係が悪化していくことでしょう。 

同じ空間で時間を過ごすのが嫌い

愛のない夫婦の特徴の一つは「同じ空間で時間を過ごすのが嫌い」です。

「あの人と同じ空気を吸っていること自体が嫌い」「とにかく一緒の場所にいるのが嫌」などと言っている人を見たことがないでしょうか?

愛のない夫婦は、このような状態になってしまうことが多いのではないでしょうか?ひょっとすると、夫や妻が吐いた呼気が漂う同じ空間の空気を吸うことで、自分自身に悪影響を及ぼすように感じるのかもしれません。また、同じ空間にいるだけで被害を常に受けているように感じるのかもしません。

この状態になってしまっている場合は、別れを決断しても良い時かもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?愛のない夫婦の特徴は以下になります。

体裁を気にする・目を合わせない

対等な関係でない・理由がなく腹が立つ

自分のことを優先する・相手の悪口ばかり言う

触れられることを嫌う・仕事のストレスが多い

相手の欠点を受け入れない・同じ空間で時間を過ごすのが嫌い

愛のない夫婦は悲しいものです。まずはお互いに歩み寄る姿勢が必要でしょう。お互い歩み寄る気持ちが伝わるのであれば、愛のある夫婦へと変わることができるかもしれません。ですが、関係修繕の見込みが感じられないのであれば、長い間そのような関係を続けていくと、辛さばかりが募るばかりでしょう。早めに別れることも一つの選択肢なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました