勉強してこなかったツケを感じる時10選!

人生

勉強してこなかったツケを感じる時10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

「若い時にもっと勉強しておけば良かった」という人がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。多かれ少なかれ皆感じると思うよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

勉強してこなかったツケを感じる時は以下になるよ。

勉強してこなかったツケを感じる時

給料が安い

学生時代にもっと勉強していれば、給料が良い仕事に就けたかもしれないな。

「給料が安い」のは勉強してこなかったツケを感じる時の一つです。

自営業者になれば、自分の能力と働き方次第で沢山のお金を稼ぐことも可能でしょう。ですが、何かの組織に属してお金を稼ごうと思えば、一般的に高い学歴や高度な知識が求められるでしょう。

高い学歴や高度な知識は、長年の努力の賜物といえるでしょう。  もしそのような組織に属して働くことができない場合、勉強してこなかったツケを感じる人も多いでしょう。

低学歴でコンプレックスを感じる

勉強してこなかったツケを感じる時の一つは「低学歴でコンプレックスを感じる」です。

学歴がなくても、仕事をすると能力を発揮する人もいるものです。 そのような有能な人の中には、中途採用などで大企業に入ったという人もいるでしょう。

大企業は一般的に高学歴集団であることが多いでしょう。中途採用でそのような会社に入った時に「周りは一流大学出身ばかりで、自分のような大学を卒業した者はいない」などと学歴を気にする人の中にはコンプレックスを抱える人もいるでしょう。 そのような時に、勉強してこなかったツケを感じる人も多いのではないでしょうか? 

選択肢が限られる時

学生時代にもっと勉強していれば、仕事の選択肢も多かったかもしれないわ。

「選択肢が限られる時」は勉強してこなかったツケを感じる時の一つです。

インターネットが普及したおかげで、働き方の選択肢も増えました。 お金を稼ぐ方法は、一昔前と比較すると、格段に増えたと言っても良いでしょう。人生の選択肢は膨大と言えるでしょう。

とはいえ、このような働き方はまだ一部の人にしか受け入れられてないかもしれません。多くの人は、やはり安定した大企業や公務員として働くことに憧れるでしょう。

そのためには、ある程度の学歴や知識が必要になるでしょう。自分が職業選択をする時に、選択肢が限られてしまう時に、勉強してこなかったツケを感じる人は多いでしょう。 

本を読んでも理解できない

勉強してこなかったツケを感じる時の一つは「本を読んでも理解できない」です。

社会人になり、休みの日などに勉強しなければならないことが増えるものです。このような時に、書店で本を買い込み、自ら勉強することが出来る人とそうではない人がいるものです。

その差は読解力ではないでしょうか?本を読んで理解する為には、知識の集積と考える力が求められるものです。本を読んでも理解できない人は、若い頃の勉強不足が影響していることも多いのではないでしょうか? 

本を読むのが嫌いな人10の特徴

資格勉強に困る

「資格勉強に困る」のは勉強してこなかったツケを感じる時の一つです。

勉強嫌いな人が学校を卒業して「もう嫌な勉強から逃れられる」などとほっとするケースもあるのではないでしょうか?

ですが、種類は違っても社会人になってからも勉強を迫られることは多いものです。例えば、語学が良い例ではないでしょうか?

「課長職はTOEICで〇〇点以上必須」などとある日突然言われ、学生時代苦手だった英語学習を再開しなければならないケースもあるでしょう。

学生時代にしっかり英語を勉強していた人は、あまり苦労なく学習出来るかもしれません。ですが、 中学レベルの英語知識も怪しい人は、相当な苦労を強いられるのではないでしょうか? 

子供に勉強を教えられない

勉強してこなかったツケを感じる時の一つは「子供に勉強を教えられない」です。

教育ママは、子供にしっかりと勉強をさせたいという意識が強いものです。ですが、自分が勉強が苦手で勉強を教えることができない為に、塾に通わせているというケースも多いでしょう。

子供に「ママ~宿題のこの部分を教えて~」と頼まれても、全く理解できずに教えるのに困り「塾の先生にしっかり聞いて!」とかわす人も多いのではないでしょうか?

ですが、そのような時に勉強してこなかったツケを感じる人も多いでしょう。

負け惜しみを言う

昔自分が勉強しなかった後悔が、妬みや嫉妬に変わると惨めだと思うわ。

「負け惜しみを言う」のは勉強してこなかったツケを感じる時の一つです。

負け惜しみばかり言う人がいるものです。このような人は、コンプレックスの塊のような人が多いのではないでしょうか?

本人も「こんなことは言いたくない・・」という意識を多少なりとも持っている場合が多いでしょう。ですがそれでも、言わなければ精神的にもたないのでしょう。

「あいつは若い時勉強ばかりして・・」「たまたま勉強が出来ただけで・・」などと負け惜しみを言う人が自分の周りにいたら、その人は若い時に勉強してこなかったツケを感じているはずです。

同窓会

勉強してこなかったツケを感じる時の一つは「同窓会」です。

忘れた頃に、昔通っていた学校の同窓会案内が送られてくることがあります。学校生活での楽しい思い出を持っている人は、参加したくなることでしょう。

ですが、そんな時に自分の学歴にコンプレックスを持っていたり 、周りが社会的に高い立場であるのに自分がそうでなければ引け目を感じる場合もあるでしょう。それが原因でクラス会に行きたくない人もいるでしょう。

最終的には本人のものの考え方次第ですが、勉強したかったツケを感じる瞬間でもあるのではないでしょうか? 

現在の生活に不満

今の自分の生活に多少なりとも不満を持っているのは、昔勉強しなかったツケだと思うわ。

「現在の生活に不満」は勉強してこなかったツケを感じる時の一つです。

劣等感が強い人が人と比較すればするほど、 自分が惨めな気持ちになったり、他人を羨むものではないでしょうか?

そんな時に「もっと若い時に勉強していれば、良い会社に入れただろう」「若い時に勉強していれば、今よりもっと良い暮らしが出来ただろう」などと、現在の生活に不満を抱くのではないでしょうか?

人生考え方次第で、どうにでもなるようにも思えますが、現在の生活が過去と繋がっているのも確かです。 

子供に我慢を強いる

勉強してこなかったツケを感じる時の一つは「子供に我慢を強いる」です。

お金がなくても、それなりの生活をして楽しんでいる人もいますが、お金がないことで不自由を感じている人は多いのではないでしょうか?

そんな時に、勉強してこなかった過去を悔やむ人もいるでしょう。例えば、子供が色々と習い事をしたがっているのにも関わらず、あまり給料が良くないことが原因で、好きなようにさせてあげられないケースもあるでしょう。

そのような時に「もっと若い頃に勉強し、たくさん給料貰えれば良かった」と後悔することもあるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?勉強してこなかったツケを感じる時は以下になります。

給料が安い・低学歴でコンプレックスを感じる

選択肢が限られる時・本を読んでも理解できない

資格勉強に困る・子供に勉強を教えられない

負け惜しみを言う・同窓会

現在の生活に不満・子供に我慢を強いる

どんなに優秀な人でも、社会に出た後で「若い時に勉強しておけば良かった」と思うことがあるのではないでしょうか? そのような時は、見方を変えれば勉強するチャンスであると思う言えるでしょう。後悔しても過去を変えることはできませんが、これからの頑張り方次第で未来を変えることは可能です。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました