本を読むのが嫌いな人10の特徴

人生

本を読むのが嫌いな人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

本を読むのがとにかく嫌いという人がいるね。

イタチ
イタチ

読書習慣があるかどうかで、様々なことに違いが生まれると思うわ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

本を読むのが嫌いな人の特徴は以下になるよ。

本を読むのが嫌いな人の特徴

読んでも理解出来ない

本を読むのが嫌いな理由の一つは、本を読んでも理解できないことだよ。

「読んでも理解出来ない」のは本を読むのが嫌いな人の特徴の一つです。

本を読むのが好きな人は、読めば読むほど様々なことが分かり、その上知的に感化されることが嬉しいのでしょう。

一方で、本を読むのが嫌いな人は本を読んでも理解できないことが多く、読書に対する興味を失うのでしょう。物事に対する理解力が不足しているということです。物事を考える力や理解力を形成する必要があるのではないでしょうか?

読むのが遅い

本を読むのが嫌いな人の特徴の一つは「読むのが遅い」です。

本を読むのが好きな人は、本を速く読む人であることも多いものです。知識をたくさん持っていたり、論理を追いながら読書することができるので、より速く読めるのでしょう。

一方で、本を読むのが嫌いな人は、読むスピードが遅いことが多いでしょう。これは、本を読むための知識が不足していたり、論理的に物事を考えることができないことが原因として考えられるでしょう。

漢字が読めない

私は漢字が読めないの。本をまともに読んだことがないのが関係していると思うわ。

「漢字が読めない」のは本を読むのが嫌いな人の特徴の一つです。

漢字を知っているかどうかは、読書量に比例するといっても間違いはないでしょう。本を読むのが嫌いな人は、本に接する時間が短いために知らない漢字が多くて読めないことが多いでしょう。

漢字が読めるようになるためには、やはり言葉に興味を持ち読書量を増やすしか方法はないでしょう。読書量が増えるにつれて、段々と読める漢字も増えることでしょう。

知らない言葉が沢山ある

本を読むのが嫌いな人の特徴の一つは「知らない言葉が沢山ある」です。

本を読むのが好きな人は大抵、語彙が豊富な人が多いのではないでしょうか?本をたくさん読み、知らない言葉を辞書を引きながら理解して覚えることを繰り返していると、次第に語彙力が豊富になるでしょう。

一方で、本を読むのが嫌いな人は 読書量が不足しているために様々な言葉に出会う機会が少ないでしょう。また、 辞書を引きながら意味を確認するという作業も少ない場合が多いでしょう。これでは、知らない言葉がたくさんあっても不思議ではありません。

持っている本が少ない

「持っている本が少ない」のは本を読むのが嫌いな人の特徴の一つです。

全ての人がそうであるとは限りませんが、本を読むのが嫌いな人は持っている本が少ないでしょう。当然と言えば当然の話です。

本棚などが無いことはもちろん、本そのものが自分の部屋に2・3冊程度しか無いという人もいることでしょう。 このような人でも、本を読む楽しさに目覚めるとどんどん購入する人に変貌する場合もあるでしょう。

読むのが面倒

本を読むのが嫌いな人の特徴の一つは「読むのが面倒」です。

本を読むのが嫌いな人は、読むこと自体が面倒に感じるという人が多いでしょう。普段漫画ばかり読み、活字を読む時間が殆どなければ、読むという行為は面倒になるでしょう。

知らない言葉がたくさんあったり漢字が読めなかったりし、書かれている内容が理解できなければ、読書は苦行にしかならないのかもしれません。

ですが、面倒だと思い読書から遠ざかれば、ますます本を読むのが嫌いな人となってしまうでしょう。

テレビをよく観る

テレビばかり観てしまうわ。もう少し本を読まなければいけないわ。

「テレビをよく観る」のは本を読むのが嫌いな人の特徴の一つです。

本を読むのが嫌いな人は、テレビの視聴時間が長いのではないでしょうか?いつまでもダラダラとテレビを視聴し、時間を無駄にしているケースが多々あることでしょう。

自分の好きなテレビ番組を見るのであればまだしも、なんとなくテレビを見ているという時間が長いのであれば、テレビの電源を切り、少しでも読書をする方が自分のためになるのではないでしょうか?

本を買うことが殆どない

本を読むのが嫌いな人の特徴の一つは「本を買うことが殆どない」です。

本を読むのが嫌いな人は、まず間違いなく本を買うことが殆どないでしょう。本を買うこと自体がお金の無駄だと考えている人も多いのではないでしょうか?

現代は確かに、インターネットを通じて様々な情報を手に入れることができますが、それでもやはり本からしか得られない知識というものもあるでしょう。

本を読むのが嫌いであれば、損をしてしまうことも多々あるといえるのではないでしょうか?

本を読むと眠くなる

本を読んでいると、数行読んだだけで眠気に襲われるわ。

「本を読むと眠くなる」のは本を読むのが嫌いな人の特徴の一つです。

本を読んでいると頭が冴えてくる人と、眠くなる人がいるものです。本を読むことが嫌いな人は後者であるでしょう。

人間は興味が湧かないものを目の前にした時に、集中力が続かなかったり、眠気を感じる場合が多いでしょう。本が好きな人は、面白い本であればあるほど頭が冴えてきて、決して眠くなることなどないでしょう。睡眠時間を削ってでも読もうとする人が多いのではないでしょうか?

ジックリ自分の頭で考える習慣がない

本を読むのが嫌いな人の特徴の一つは「ジックリ自分の頭で考える習慣がない」です。

本を読むのが嫌いな人は、ジックリ自分の頭で考える習慣がない場合も多いでしょう。難解な書籍を読んでいると、 シッカリと考えなければ意味が解らないという場合も多々あります。また、そうしなければ楽しみが半減するという場合もあるでしょう。

本を読むのが嫌いな人は、このようにジックリ自分の頭で考える習慣がなかったり、そうすることが面倒であると考える人も多いことでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?本を読むのが嫌いな人の特徴は以下になります。

読んでも理解出来ない

読むのが遅い・漢字が読めない

知らない言葉が沢山ある

持っている本が少ない

読むのが面倒・テレビをよく観る

本を買うことが殆どない

本を読むと眠くなる

ジックリ自分の頭で考える習慣がない

本を読むのが嫌いな人は、損をすることはあっても得することは殆どないでしょう。これは実にもったいないことです。本を読むのが特別に好きでなくても、苦手意識が払拭されれば、本を読む機会が増え、それはやがて読書習慣の形成に繋がるかもしれません。読書を毛嫌いすることは可能な限り避けたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました