損得勘定で動く人15の特徴

人生

損得勘定で動く人15の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

なんだか浮かない表情だね。どうしたの?

イタチ
イタチ

うん。職場に、損得勘定ばかり考えている子がいて疲れてしまって・・

ピゴシャチ
ピゴシャチ

確かに損得ばかりだと疲れてしまうね・・。損得勘定で動く人の特徴は何かな?

損得勘定で動く人の特徴

見返りを求める

見返りを求めてはいけないな。

損得勘定で動く人の特徴の一つは、見返りを求めることです。

食事に行った時に相手からご馳走になったら、次回は自分がご馳走するのが礼儀でしょう。

ところが、初めから「今回は私がご馳走したから、次回はあなたがご馳走してね。」などと見返りを求め、おごる人などがいます。引いてしまう女性などにこのような人が多いのではないでしょうか?ご馳走になったのか何なのかわからないものです。それなら初めから割り勘にしてくれた方が気分的に良くなったりします。

損得勘定で動く人は、必ず見返りを求めて動くものです。

ちゃっかりしている

損得勘定で動く人の特徴は、ちゃっかりしていることです。

「この子ちゃっかりしているな?」と感じる人がいないでしょうか?こういう子は、様々な場面でちゃっかりしているものです。

自分がしなければならない仕事をうまく理由をつけて回避したり、自分がしなければならない支払いを理由をつけて断ったり・・

利益を最大化する為に、便乗出来るものは便乗したり、人任せにしようとします。ちゃっかりしてる人は、損得勘定が得意なものです。

慎重

せこいところに慎重なのは参ったものだな・・

損得勘定で動く人の特徴は、慎重であることです。悪い意味で慎重な人です。

損得勘定で動く人は、飲み会の席などで実に慎重なものです。支払いの場面になった時に、ギリギリまで様子を伺ったり、最小限の支払いで済ませようとしたり、あわよくばおごって貰うことを期待するため、慎重にチャンスを見極めるのです。

仕事の世界でも、社内の派閥の勢力を見極め、自分がどちらの派閥に付くのか?こういう時にも実に慎重な姿勢を崩さないものです。時には非常に疑い深い人になることもあるのではないでしょうか?

ずるい

ずるいのは、損得勘定で動く人の特徴の一つです。

「この人はずるいな」と感じる人がたまにいるものですが、その中には様々な要素があるものです。嘘を平気で付く、ごまかす・・などなど色々なものがありますが、損得勘定で動く人は、基本的にこういったずるい要素を沢山持っているものです。

もし、目の前の人が損得勘定で動くタイプかどうか?知りたければ、ずるい人かどうか?を観ていれば良いでしょう。ずるい人は、大抵損得勘定に長けています。

欲深い

良い欲、悪い欲、両方あるな・・

損得勘定で動く人の特徴の一つは、欲深いことです。

損得勘定で動く人は、色々なものを欲しがることが多いものです。高い地位が欲しい、人よりも良い暮らしがしたい、カッコ良い彼氏が欲しい・・など色々な欲があるものです。

その欲を満たすために、損得勘定をしながら、欲を満たすための最短ルートを辿ろうと模索します。

ケチ

損得勘定で動く人の特徴の一つは、ケチな人であることです。

損をするか得をするか?という観点で考える人は、自分の財布のお金を出し渋ることが多いものです。

例えば飲み会などで、一人3500円の会計になったとします。こんな時にケチな人は、自分の財布に3350円しかなければ「大きなお金しかないから150円は誰か払って」などと言います。ですが、自分が逆の立場になった時に誰かの為に払うことなどはありません。

裏切る事が多々ある

裏切る事が多々あるのが、損得勘定で動く人の特徴です。

自分の損得の為であるなら、平気で人を何度も裏切るのが損得勘定で動く人の大きな特徴の一つです。

良好な人間関係や信用の度合いという観点からは損得勘定をあまりしないものです。金銭的、自分の欲を満たすため、そういった観点から損をすると判断した時は、平気で人を裏切るものです。

裏切る数は一人や二人でありません。必要とあれば何人でも裏切るものです。

人に裏切られたら悲しいものですが「損得勘定で動く人だから仕方ない」と考えると案外あっさり忘れることが出来るかもしれません

自己保身に走る

損得勘定で動く人の特徴の一つは、自己保身に走ることです。

何か問題が起きたとします。自分が悪くないものを悪いという必要性は全くありません。そんな時は、自分の正当性を主張するべきでしょう。

問題は、自分が悪い時にでも自己保身に走ることです。損得勘定で動く人は、嘘をついたり、責任転嫁をする保身に走る人も多いのではないでしょうか?

人からの助けに頼る

助けてくれないと、私何も出来ないんです・・

依存してばかりだな・・・

人からの助けに頼るのも損得勘定で動く人の特徴の一つです。

親が死んだ際に遺産相続で揉める話はよく聞く話です。こういった時に、一番文句を言いだすのは、親が生前に一番金銭的に助けていた末っ子だったりします。この末っ子はさらに、自分のお姉さんに頼っていたりもします。つまり、様々な人から頼っているのです。

これだけ様々な人から援助を受けていても、自分の財布の紐が堅かったりするものです。

わがまま

損得勘定で動く人の特徴の一つは、わがまま、身勝手な人であることです。

自分が損をしたくないと思ったら、礼儀を欠いたり、常識外のことでも平気でやり人に迷惑をかけることを何とも思わないような、わがままさを持っているのが、損得勘定で動く人の特徴の一つです。

不正を指摘すると、ああだこうだと理由を並べたり、泣いてごまかしたりします。自分の損得のためならわがままでもなんでもありなのです。

駆け引きに長ける

ずるい駆け引きに長けた人になりたくはないな・・

損得勘定で動く人の特徴の一つは、駆け引きに長けることです。

最小の力で最大を得ようとするのが、損得勘定で動く人の見受けられる特徴の一つですが、こういった人達は駆け引きに長けているものです。最小限の力で最大の利益を得る為に、人との駆け引きの術を自然に身に付けてきているのでしょう。

こういった人と対峙しなければならない時は、自分の絶対譲れない部分を予め決めておくことで大損はしなくて済むでしょう。

人を利用する

損得勘定で動く人の特徴の一つは、人を利用することです。

自ら何かをするということは、それなりにエネルギーを使うものです。また苦労を伴うことも多々あります。損得勘定で動く人は、人を利用することを常とするものです。

人を利用して車で乗っけてもらう、人を利用して面倒くさい仕事をさせる・・ 自分の労力を使う事は損だと考え、人を最大限利用しようとするのでしょう。

金銭に敏感

・・・

彼女はお金を払う時にはいつもああんなだな・・

損得勘定で動く人の特徴の一つは、金銭に敏感であることです。

誰しも金銭に敏感であるものです。ところが、損得勘定で動く人はその度合いが凄まじいものです。飲み会の席で割り勘になった時に、一円でも損をしたくないのが、損得勘定で動く人の特徴です。

「今回は自分が少し多く払っておいても良いか・・」などと考えることはありません。

ずうずうしい

ずうずうしいのも、損得勘定で動く人の特徴の一つです。

「ずうずうしく、よくもこんなお願いが出来るな・・」という厚かましい人がいます。損得勘定で動く人は、道義的な部分よりも、自分の私利私欲を優先するものです。

ですから、常識ある人が通常はお願いすると恥ずかしいことまで、平気で頼もうとするのです。

怠け者

損得勘定で動く人の特徴の一つは、怠け者であることです。

人間皆、何らかの欲があるものです。この欲を満たすために、働いたり学習したりするものです。ところが、怠け者はそういう事はしません。人から何かを貰ったり、助けを遠回しにお願いなどして、ゼロの努力で最大の効果を上げようとしたりします。

自分で努力する事は損と考え、ただで何でも手に入れようとする怠け者です。

損得勘定をやめたいと思ったら

「損得勘定ばかりしていてなんだか疲れるな・・」「損得勘定ばかりしていて自分はせこい人間だな・・」そう感じ、損得勘定をやめたいと思う人もいるかもしれません。

そんな時は、損得勘定を完全に止めるのではなくて、道徳心や義理を生活の中に少し組み込むことを考えてはいかがでしょうか?

損得勘定のおかげで、日常生活の中で大きなミスやロスをしないで済んでいる部分もあります。ただ、そればかりであると、心が渇いたような状態になります。その渇きを癒すために道徳心や義理を入れてみます。

例えば、たまたま目の前にいる困っている他人を助けることは、損得勘定の観点から言えば、労力を使う分だけ損かもしれません。ですが困っている人を助けることで「道徳的何か良い事をした」という気分になれるのではないでしょうか?

そういった感情を少し生活の中に組み入れることで、損得勘定だけに囚われない人間になるのではないでしょうか?

損得勘定と恋愛・結婚

人とお付き合いをしたり、結婚をする時に、相手の様々な要素を観るものです。

相手の容姿、性格、相性、経済的要素、社会的ステータス ・・様々な要素を見るものです。

損得勘定が強い人はお付き合いをしている段階から、経済的要素や社会的なステータスに目が眩みがちですが、そこをあまり重視し過ぎると時間が経つにつれて相手との関係が味気なくなったり、結婚後には喧嘩ばかりしたり、愛のない冷めきった夫婦関係を送る人もいます。

数字や形だけでは割り切れない部分も損得勘定した方が、長続きする結婚生活を送ることが出来るでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?損得勘定で動く人の特徴は以下になります。

 

見返りを求める・ちゃっかりしている

慎重・ずるい・欲深い・ケチ

裏切る事が多々ある・自己保身に走る

人からの助けに頼る・わがまま

駆け引きに長ける・人を利用する

金銭に敏感・ずうずうしい・怠け者

 

損得勘定は誰でもあるものです。また、これが完全に悪いものであるか?と言えばそうでもなさそうです。ですが、損得勘定だけでは味気ない人生になるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました