ボキャブラリーが少ない人10の特徴

人生

ボキャブラリーが少ない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ボキャブラリーが豊富な人に憧れるよ。新聞や書籍を読むたびに、知らない言葉ばかりだと思うよ。

イタチ
イタチ

世の中の多くの人が、ボキャブラリーの悩みを抱えていると思うな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ボキャブラリーが少ない人の特徴は以下になるよ。

ボキャブラリーが少ない人の特徴

読書量が少ない

読書量とボキャブラリーの豊富さには関係があると思うよ。

「読書量が少ない」のはボキャブラリーが少ない人の特徴の一つです。

ボキャブラリーが少ない人は大抵、読書量が少ないのではないでしょうか?書籍、新聞などを読むと言う習慣がほとんどない人でしょう。文字を読むのがとにかく面倒だと言う人が多いのではないでしょうか?

読書を毎日する人は、そうでない人に比べて、自然に身に付いてくる語彙数が違うでしょう。もしボキャブラリーを増やしたいと思うのであれば、積極的に読書習慣を身に付けることが必要になるでしょう。

抽象的な文章を理解出来ない

ボキャブラリーが少ない人の特徴の一つは「抽象的な文章を理解出来ない」です。

ボキャブラリーが乏しい人でも豊富な人でも、漫画を理解する事は簡単ではないでしょうか?それは、イラストが描かれていたり、割合分かりやすい言葉が使用されているからでしょう。

もしそのようなものが一切ない、抽象的な文章の場合はどうなるでしょうか?ボキャブラリーが乏しい人は、理解力が低くなってしまうのではないでしょうか?

抽象的な文章を読んで理解することが難しいと感じる場合、ボキャブラリーを増強することで解決できるかもしれません。

語学が苦手

言葉を知らなさ過ぎて、語学が苦手なの。

「語学が苦手」なのはボキャブラリーが少ない人の特徴の一つです。

ボキャブラリーが少ない人は大抵、語学が苦手なことが多いのではないでしょうか?英語好きな人などは大抵、たくさんの英単語を知っているので、すらすらと文章を読んだり英作文や英会話をする時にも幅広い表現をすることができるでしょう。

一方、語学が苦手な人は文章を読むのにも、何度も辞書を引かなければならないので、面倒くさくなったり、リスニングをしている時に、わからない単語があり過ぎて聞き取ることができない・・などと言う状態に陥るでしょう。

文脈が理解出来ない

ボキャブラリーが少ない人の特徴の一つは「文脈が理解出来ない」です。

ボキャブラリーが少ない人は大抵、文脈が理解できないと言う状態に陥るのではないでしょうか?

話の流れを理解するためには、ある程度の語彙力が必要になるでしょう。あまりにも知らない言葉が多すぎれば、文脈を理解するどころではなくなるはずです。

本を速く読む人は大抵の場合、文脈を理解するのが得意であるはずです。それを支えている物の1つは、ボキャブラリーの豊富さでしょう。

知らない言葉を調べない

「知らない言葉を調べない」のはボキャブラリーが少ない人の特徴の一つです。

ボキャブラリーが少ない人は、新聞、雑誌、インターネットなどで文章を読んでいる時に、わからない言葉に遭遇しても、そのままスルーして調べないことが多いでしょう。ですが、これはもったいないのではないでしょうか?

未知の単語に出会った時に、こまめに調べることで、自分の頭の中に豊富な語彙力を形成していくことができるでしょう。辞書を引かなければ、そのチャンスをみすみす逃していることになります。

理解力が低い

ボキャブラリーが少ない人の特徴の一つは「理解力が低い」です。

人間誰しも、自分の不得意分野や未知の分野に関しては理解力が低くなるものです。

ですが、どのような話をしてもそれなりに理解力がある人がいます。もちろん地頭も良いのかも知れませんが、大抵そのような人は語彙が豊富な人なのではないでしょうか?

語彙が豊富であると言う事は、その言葉の概念を理解していると言うことになるでしょう。そうなれば、自然に理解力は上がるでしょう。

一方で、ボキャブラリーが少ない人は、知っている概念が少ないので、理解力が下がったとしても不思議ではないでしょう。

学習意欲が低い

ボキャブラリーが少ない人は、学習意欲が低いと思うわ。

「学習意欲が低い」のはボキャブラリーが少ない人の特徴の一つです。

ボキャブラリーが豊富な人は大抵、学習意欲が高いのではないでしょうか?たくさんの文章を読んで理解しようと努めたり、辞書を引く事が多いでしょう。

結果として、頭の中に多くの言葉が蓄積されることでしょう。そして、その豊富な語彙が学習意欲を高め、次の学習へと繋がるでしょう。

一方で、ボキャブラリーが乏しい人は大抵、学習意欲が低いのではないでしょうか?読むのが面倒くさいと感じたり、わからない言葉があっても調べずに放置したりする場合が多いでしょう。当然ながら、これではボキャブラリーは増えないでしょう。

読めない漢字が多い

ボキャブラリーが少ない人の特徴の一つは「読めない漢字が多い」です。

ボキャブラリーが少ない人は大抵、読めない漢字が多いのではないでしょうか?どれだけ漢字を読めるのか?は、大抵の場合その人が持っている語彙数に比例することが多いのではないでしょうか?

ボキャブラリーを本格的に増やしたいと決意したのであれば、当然ながら読書量が増え、自分の知らない漢字に出会い、そしてこまめに辞書を引いて確認するという作業が増えるでしょう。結果として、多くの漢字を読めることに繋がるでしょう。

表現力に乏しい

言葉をもっと知っていれば、表現力が増すと思うな。

「表現力に乏しい」のはボキャブラリーが少ない人の特徴の一つです。

ボキャブラリーが少ない人は大抵、表現力に乏しいことが多いのではないでしょうか?例えば「静けさ」と言う言葉しか知らない人と、静寂、沈黙、無音などと言う、言い換え表現をたくさん知っている人とでは、表現力に大きな違いが生まれるでしょう。

ボキャブラリーが豊富な人は大抵、表現力に優れていることでしょう。もし、表現力が乏しいと感じるのであれば、積極的にボキャブラリーを増やすことを考えてみると良いでしょう。

文章を書かない

ボキャブラリーが少ない人の特徴の一つは「文章を書かない」です。

もしたくさんの文章を書く仕事をしていると、自然に語彙力が少しずつ増えるのではないでしょうか?

人に読んでもらう時に分かりやすい文章にしようと工夫を凝らしたり、豊富な表現で読み手を引きつけようと心がけるからでしょう。

一方で、文章を書く機会が少ない人は、自分が使う語彙が限定されてしまうため、語彙力はなかなか増えないのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?ボキャブラリーが少ない人の特徴は以下になります。

 

読書量が少ない・抽象的な文章を理解出来ない

語学が苦手・文脈が理解出来ない

知らない言葉を調べない・理解力が低い

学習意欲が低い・読めない漢字が多い

表現力に乏しい・文章を書かない

 

ボキャブラリーが少ない人が、本気で増やしたいと思うのであれば、毎日少しずつ文章を読み、知らない単語は辞書を引き、文章を書く習慣を持つと言うことに尽きるのではないでしょうか?半年、一年と継続していくうちに、驚くほどにボキャブラリーは増えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました