チャンスを逃す人10の特徴

人生

チャンスを逃す人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

チャンスを逃して後悔することがあるな。

イタチ
イタチ

そうなると、悔やんでも悔やみきれないね。チャンスが巡ってきたらシッカリと手にしたいよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

チャンスを逃す人の特徴は以下になるよ。

チャンスを逃す人の特徴

チャンスに気付かない

チャンスに気付かなければ、逃してしまうわね。

チャンスを逃す人の特徴の一つは「チャンスに気付かない」です。

チャンスを逃す人の中には、チャンスに気付かない人も多いのではないでしょうか?これでは活かせないのは当然でしょう。

例えば、異性が自分に対して好意を持ってくれているとしましょう。相手の好意に気付くことができる人は、その異性と良い関係になれるかもしれません。ですが、相手の好意に気付かなければ、そのチャンスを活かすことは出来なくなるでしょう。

腹をくくれない

「腹をくくれない」のはチャンスを逃す人の特徴の一つです。

チャンスを逃す人の中には、腹をくくれない人も多いのではないでしょうか?

例えば、自分が会社の社長になりたいとしましょう。このように思っている時に、自分に絶好の追い風が吹いてきたとしましょう。社長になれるチャンスなど、そうあるものでもないでしょう。そんな時は一か八か腹をくくり、社長に上り詰めるチャンスに賭けることが必要ではないでしょうか?しかし、ここで腹をくくれない人は絶好の機会を逃してしまうでしょう。人生何度か腹をくくってみることも必要ではないでしょうか?

スピードが無い

チャンスをものにするには、スピードも必要ね。

チャンスを逃す人の特徴の一つは「スピードが無い」です。

チャンスを逃す人の中には、行動するまで時間がかかりすぎる人が多いのではないでしょうか?

「ここがチャンスだ」と思ったら、一気に動かなければならない時があります。その時に、もたもたしていると、チャンスを他の人に奪われてしまうこともあるでしょう。

例えば、自分が好きな異性がいたとしましょう。すぐにアプローチすれば良いのに、そうすることができなくて、他の人に奪われてしまう・・ということがあるのではないでしょうか?

チャンスが目の前にある時には、一気に動くスピードも必要になるでしょう。

準備していない

「準備していない」のはチャンスを逃す人の特徴の一つです。

「もしチャンスがあれば一気に動こう。だから、その時に備えてしっかりと準備をしておこう」と思う人と思わない人では、チャンスが巡ってきた時に、成功する確率が大きく変わってくるのではないでしょうか?

準備ができていない人は、絶好のチャンスを勝ち取ることができなくなるでしょう。結果として、折角の機会を逃してしまい、後から後悔することもあり得るのではないでしょうか?チャンスを活かすためには、チャンスが巡ってきた時のために、しっかりと入念な準備が必要になるでしょう。

周りを気にし過ぎる

チャンスを逃す人の特徴の一つは「周りを気にし過ぎる」です。

チャンスを逃す人の中には、周りを気にし過ぎる人もいるのではないでしょうか?

周囲の人間と円滑に仲良くやると言うのは悪いものではありません。ですが、自分の幸福について考えた時に、周囲のことよりも自分のことを優先しなければならないこともあるでしょう。このような時に、自分の周りの事ばかり考えていると、大きなチャンスが自分の手の中から逃げていくのではないでしょうか?

油断する

「油断する」のはチャンスを逃す人の特徴の一つです。

油断しすぎてチャンスを逃す人も多いのではないでしょうか?

例えば「こんな人が自分のライバルになるとは思わなかった」と言うことも生きていれば、多々あるのではないでしょうか?これは、周りの人に対して油断し過ぎたからでしょう。

自分が見下していたような人が、時間の経過とともに大きな力をつけ、自分を脅かす存在となることも多々あるのではないでしょうか?そしてその結果、大きなチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。油断大敵です。

過去の失敗を気にし過ぎる

過去の失敗に囚われると、チャンスを逃すわね。

チャンスを逃す人の特徴の一つは「過去の失敗を気にし過ぎる」です。

チャンスを逃す人の中には、過去の失敗を気にし過ぎる人もいるのではないでしょうか?過去の失敗を気にし過ぎて、今あるチャンスを活かせないケースです。

例えば、自分が離婚歴があるとしましょう。そして、過去の結婚生活に対して反省や後悔があるとしましょう。そんな思いを持っている時に、目の前に自分の気になる異性が現れたとしましょう。

自分の離婚歴や過去の結婚生活の失敗から、目の前にいる異性を敬遠したり、諦めてしまう人も多いのではないでしょうか?過去の失敗にとらわれ過ぎると、せっかく巡ってきたチャンスも逃してしまうのではないでしょうか?

諦め癖がある人の13の特徴

チャンスが何度もあると思っている

「チャンスが何度もあると思っている」のはチャンスを逃す人の特徴の一つです。

人生の中では何度か絶好の機会が回ってくることがあるかもしれません。ですが、目の前にあるチャンスは「今だけだ」と思った方が良いのではないでしょうか?

長い人生において何度か好機が訪れることがあったとしても、今のチャンスが最大の物かもしれません。ですから、目の前にある好機をがっちり捕まえられなければ、一生後悔することになるかもしれません。

我慢が足りない

チャンスを手にするには、我慢も必要だね。

チャンスを逃す人の特徴の一つは「我慢が足りない」です。

チャンスを逃す人の中には、我慢が足りない人もいるのではないでしょうか?

「あと一年間あの状態を我慢することができていたのであれば、大きなチャンスを手に入れることができただろう」と言うことも、人生には多々あるのではないでしょうか?時にはじっくり我慢することで、大きなチャンスを手にすることができるのではないでしょうか?

歴史上、我慢を大きなチャンスに繋げたのは徳川家康ではないでしょうか?小さい頃から人質として過ごしながら、何十年にも渡って辛抱強く好機を待つことができたので、天下人となることができたのでしょう。

柔軟性に欠ける

「柔軟性に欠ける」のはチャンスを逃す人の特徴の一つです。

柔軟性に欠け、チャンスを逃してしまうことも多々あるのではないでしょうか?

例えば、目の前に気になる異性が現れたとしましょう。ところが「自分は〇〇みたいな人でなければ付き合わない」などと、柔軟性に欠け理想が高ければ、素敵な異性を逃してしまうこともあるのではないでしょうか?

また、会社などでは、サービスを顧客に提供する時に、従来のやり方にこだわりすぎて、折角の販売機会を逃してしまうこともあるでしょう。柔軟性に欠けると絶好の機会を逃してしまう事はよくあるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?チャンスを逃す人の特徴は以下になります。

 

チャンスに気付かない・腹をくくれない

スピードが無い・準備していない

周りを気にし過ぎる・油断する

過去の失敗を気にし過ぎる

チャンスが何度もあると思っている

我慢が足りない・柔軟性に欠ける

 

生きている中で、大きなチャンスが自分に何回巡ってくるのか分からないものです。そのような時に好機を逃さないためには、自分の中でチャンスに対する感度を上げておき、準備をしっかりし、巡ってきたチャンスは一度で手にする心構えが必要なのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました