冬が嫌いな人10の特徴

人生

冬が嫌いな10の理由

ピゴシャチ
ピゴシャチ

僕は冬はへっちゃらだけど、冬が嫌いな人もいるよね。

イタチ
イタチ

私は冬が苦手だよ。一番嫌な季節だよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

冬が嫌いな理由は以下になるよ。

冬が嫌いな理由

寒いのがとにかく嫌い

冬は寒くて苦手だわ。

「寒いのがとにかく嫌い」なのは冬が嫌いな理由の一つです。

真夏の暑さも嫌いだけれど、寒いのはもっと嫌いな人が多いでしょう。寒い中、通勤や通学のために外を歩かなければならないと、うんざりさせられるものです。

また暑いのは平気だけれど、寒さが体にこたえる人にとっては最悪の季節でしょう。冬の寒さのせいで関節が痛んでしまい困ってしまうと言う人も多いでしょう。温かい服を着こんだり、温かい飲み物を飲んだりして、体を冷やさないための工夫が必要になります。

朝起きるのが大変

冬が嫌いな理由の一つは「朝起きるのが大変」です。

冬が嫌いな人の中には、朝起きるのが大変な人もいるでしょう。特にもともと朝が弱い人は、布団の外が寒い環境であれば、起きるのがいっそう辛くなることでしょう。

エアコンのタイマーなどを使って、起きた頃には部屋の中が暖かくなっているなどの工夫が必要になるかもしれません。朝が弱くない人にとっても、冬に起きた時のあの寒さは辛いものです。

朝起きても暗い

朝起きて外が暗いのは嫌だな。

「朝起きても暗い」のは冬が嫌いな理由の一つです。

冬の時期には、朝起きても「外が真っ暗」と言う事はよくあるでしょう。朝早くから通勤したり通学する人にとっては、外が暗いとあまり気分は良くないでしょう。外が寒くて、おまけに暗いとなれば、気分がいっそう落ち込む事もあるかもしれません。

コーヒー好きな人はコーヒーを飲むなど、何か温かい飲み物を飲んで出かけたり、気分を盛り上げるような音楽を聴くなどの工夫をする必要があるでしょう。

風邪を引きやすくなる

冬が嫌いな理由の一つは「風邪を引きやすくなる」です。

普段体が丈夫な人でも、寒い冬の空気が乾燥した時期には風邪をひきやすくなるものです。夜にちょっと買い物をするために薄着でコンビニに出かけたり、お風呂上がりに油断していると、湯冷めをして風邪をひくと言う事は誰にでもあるでしょう。

ちょっとした油断で風邪をひいてしまい、勉強や仕事のパフォーマンスが落ちるのはもったいないものです。体を冷やさないような工夫と、外から帰ってきた時には、必ずうがいと手洗いをするよう心がけなければならないでしょう。

外が滑りやすい

「外が滑りやすい」のは冬が嫌いな理由の一つです。

冬に外を歩いていると、路面が凍っていないと思っても凍っていて転倒してしまうこともあるものです。また、圧雪になっているので案外しっかり歩くことができると思っていても、雪の下に氷が隠れていて、歩いた瞬間に氷で滑ってしまい、腰や頭を強く打って痛い思いをした・・と言う人も多くいるでしょう。

普通に歩くことができなくて、冬にはうんざりさせられると言う人も多いのではないでしょうか?

雪の心配がある

冬が嫌いな理由の一つは「雪の心配がある」です。

雪が降る地域に住んでいる人は、常に雪の心配をしなければならないでしょう。雪かきはもちろんですが、雪の為にバスや列車が遅れてしまうと言う事は多々あるものです。

目的地に時間通りに着く必要があるのに、雪の為に遅刻した経験がある人も多いでしょう。寝る前に天気予報で翌朝の天気の状況をしっかりと確認し、時間に余裕を持って行動する必要がある人も多いのではないでしょうか?

雪かきが大変

私が家族で一番元気があるから、雪かきをしなければならないわ。だけど、腰が痛くなることもあるわ。

「雪かきが大変」なのは冬が嫌いな理由の一つです。

雪国に住んでいる人が冬を嫌いになる理由の1つは、雪かきでしょう。豪雪地帯などでは、1日に何回も雪かきをしなければならないことがあるものです。

朝起きて外を見た時に雪が降っていれば、玄関の前を空ける為にすぐに雪かきをしなければならないこともあるでしょう。また、自動車通勤をしている人が帰宅した時には、ガレージに車を入れるために雪かきをしなければならないと言うこともあるでしょう。

重い雪を毎日運ばなければならない為に、腰を痛めたりする人もいることでしょう。

たくさん服を着るのが面倒

冬が嫌いな理由の一つは「たくさん服を着るのが面倒」です。

寒い冬に体が冷えないためには、たくさんの服を着る必要があります。家の中で快適に過ごすために、厚着をすると言う事は多々あるでしょう。これが意外に面倒で、冬が嫌いと言う人も多いのではないでしょうか?

防寒対策のためには、靴下を何枚も履かなければならなかったり、シャツを重ね着したりしなければなりません。家族全員がそのような状態であれば、洗濯の量も増えるので洗濯が億劫になる人も多いでしょう。

また、たくさん室内に洗濯物を干せば「結露が起きて大変!」と言うケースもあるでしょう。

室内外での温度差が嫌い

温度差のために体の調子が悪くなることがあるよ。

「室内外での温度差が嫌い」なのは冬が嫌いな理由の一つです。

寒い冬に薄着でも平気な人はそれでも良いかもしれません。ですが多くの人は、そんなわけにはいかないでしょう。寒い外に出るためには厚着をする必要があります。

厚着をした時の問題は、寒い外から暖かい室内や乗り物に乗った時でしょう。短時間であれば、あまり困らないかもしれませんが、厚着したままで温かい環境にいると、やがて汗をかいてしまいます。そして、汗をかいた状態で再び外に出ると、汗が冷やされて体が寒くなってしまいます。このような状況で風邪をひいた人も多々いることでしょう。

メガネが曇る

冬が嫌いな理由の一つは「メガネが曇る」です。

メガネをかけている人にとっては、冬は厄介なものです。曇り止めを使用しなければ、すぐにメガネが曇ってしまうからです。寒い外から暖かいバスや列車の中に入ると、メガネが曇ってしまうと言う事はざらにあるでしょう。マスクをつけた生活をしていると、メガネの曇りはいっそう酷くなるものです。

曇った状態で歩いていると、接近してくる車や歩行者に素早く反応することができず、衝突したり怪我をする原因になってしまう可能性もあります。曇り止めをつけるなどして万全の準備が必要になるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?冬が嫌いな人の特徴は以下になります。

 

寒いのがとにかく嫌い・朝起きるのが大変

朝起きても暗い・風邪を引きやすくなる

外が滑りやすい・雪の心配がある

雪かきが大変・たくさん服を着るのが面倒

室内外での温度差が嫌い・メガネが曇る

 

寒い冬は体にとっても心にとっても辛いものでしょう。少しでも快適に過ごすために、温かい服装を心がけたり、安全な履物を用意する必要があります。寒い冬を乗り切れば、快適な春が待っています。一時の辛い時期を工夫し乗り切りたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました