語学が苦手な人10の特徴

人生

語学が苦手な人の10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

どうも僕には語学の才能がないみたいだな・・語学が堪能なイタチや国際結婚した親戚に憧れるよ。

イタチ
イタチ

私は才能ではなくて、コツコツ勉強しているからだよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

語学が苦手な人の特徴は以下になるよ。

語学が苦手な人の特徴

英語ができると得するということは分かっていても、語学が苦手で全く身につかないと嘆く人も多いのではないでしょうか?「自分は語学が苦手だから、将来の我が子は得意になって欲しい。だから、外国人と結婚しハーフのメリットを活かそう」などと想像したりするでしょう。

また「子供には苦手意識を持たせないためにも、子供に英語を習わせる必要があるな」と考える人もいるかもしれません。

ですが、語学が苦手な人の特徴が分かると、必要以上に苦手意識を持たずに済むかもしれません。

単語が覚えられない

単語が覚えられないから語学は苦手だよ。

「単語が覚えられない」のは語学が苦手な人の特徴の一つです。

英語を始めとする語学が苦手な人の多くは「あんなにたくさんの単語を覚えられない」と言う場合が多いのではないでしょうか?

文章を読んでいる時に、自分の知らない単語だらけになれば、学習意欲も下がるものです。結果として学習時間が短くなり、上達にストップがかかり、ますます語学に対する苦手意識だけが高まるのではないでしょうか?

単語を覚えるのには、どんな人でも反復が必要だと言うことを心に留めておくべきでしょう。日本語でも外国語でも語彙が豊富な人がいますが、そのような人は反復の重要性を知っていることが多いでしょう。

文法がわからない

語学が苦手な人の特徴の一つは「文法がわからない」です。

語学を勉強する際に、文法学習は避けて通れませんが、これが苦手で語学を習得できないと言う人も多いでしょう。

理屈を理解することが必要になりますが、この理解をすることが面倒だと言うだけで、いつまでも理解を後回しにし、暗記ばかりするようになり、文法が苦手と言う人も多いでしょう。

単語のように覚えなければならないこともありますが、文法は理解するべきところは理解することに徹した方が、長い目で見ると時間的に得でしょう。そして、それは語学の上達へと繋がり、苦手意識を持たなくて済むようになるでしょう。

コツコツ勉強出来ない

コツコツ勉強できなくて、語学が上達しないわ。

「コツコツ勉強出来ない」のは語学が苦手な人の特徴の一つです。

語学が苦手な人は、大抵コツコツ勉強できないことが多いのではないでしょうか?どんなに天才でも、数日間語学を勉強しただけで上達すると言う事は無いものです。むしろ、能力的にごくごく普通であったとしても、毎日コツコツ1時間勉強し続けることができる人の方が上達するでしょう。

基礎が固まればその後の上達は早いので、コツコツ勉強できるかどうかが上達できるかどうか?の分岐点となるでしょう。

発音が苦手

語学が苦手な人の特徴の一つは「発音が苦手」です。

聞き取りができないと言う人の中には、正しく発音できないことが原因である場合も多いものです。

例えば、英語のdoneと言う言葉をドーンと発音し、その音で覚えていたとしましょう。そうすると、実際にダンと発音された時に別の単語だと認識してしまうことでしょう。結果として、聞き取ることができなくなるでしょう。

聞き取りが苦手と言う人の中には、このように発音が苦手であるために、聞き取ることができない人も多々いることでしょう。そして、語学が苦手と言う意識を持ってしまうのではないでしょうか?

教材ばかり買い込む

「教材ばかり買い込む」のは語学が苦手な人の特徴の一つです。

語学が苦手な人は、語学が上達できない原因を学習教材のせいだと考えることも多いのではないでしょうか?そうすると、たくさんの教材を買ってしまうでしょう。

たくさんの本に目移りするために、一つ一つの教材はあまりやり込まず、身に付くものが少なくなるでしょう。一方、語学が得意な人は、あまりたくさんの教材を買い込むことなく、厳選したものを何度も反復したりしながら、徹底的にそれを習得しようとするでしょう。結果として、語学上達のスピードが速くなることでしょう。

単語の意味だけを覚える

語学が苦手な人の特徴の一つは「単語の意味だけを覚える」です。

語学が苦手な人は、単語の意味だけを覚えようとする人が多いのではないでしょうか?確かに、何も覚えていないよりも覚えている方が得なのは間違いないでしょう。ですが、単に意味だけを覚えていても仕方がない部分もあります。

それぞれの単語には、使い方と言うものがあります。この使い方を理解しないで、単語の意味だけを覚えても応用する事は難しくなるでしょう。結果として、語学上達のスピードは遅くなり、苦手意識を持ってしまう場合もあるでしょう。

間違いを恐れる

間違いを恐れると話せなくなるわ。

「間違いを恐れる」のは語学が苦手な人の特徴の一つです。

語学が苦手な人の中には、間違いを極度に恐れる人も多いのではないでしょうか?

ある外国語を学ぶ時に、その国で生まれ育ったのでなければ、誰でも間違いをするものです。仮に、その国で生まれ育った人でも間違いはするものです。

極度にミスすることを恐れ、その言葉を使うことをためらうようになると、せっかく才能に恵まれていても上達することができず、苦手意識だけが高まると言う事は多分にあると言えるでしょう。

本を読むのが嫌い

語学が苦手な人の特徴の一つは「本を読むのが嫌い」です。

語学が得意な人は、読書家が多いのではないでしょうか?本が好きであれば、外国語学習をしている際に、学んでいる言語で多くの本を読もうとするでしょう。結果として、様々な表現や語彙を覚えることができるようになるのではないでしょうか?そうすると語学は自然に上達するものです。

一方で、語学が苦手な人は本を読むこと自体が面倒であったり、嫌いと言う人が多いでしょう。こうなると、学んでいる言語で本を読むことも少なくなるでしょう。結果として、語学の上達は遅くなるのではないでしょうか?

リスニングが嫌い

リスニングが大の苦手でね。

「リスニングが嫌い」なのは語学が苦手な人の特徴の一つです。

語学が苦手な人の中には、ある程度文章を読むことができても、リスニングが嫌いと言う人も多いのではないでしょうか?何回も何回も聞いても、一向に上達せずリスニングに対する苦手意識だけが高まると言うことも多いのではないでしょうか?

一方で、語学が得意な人は「感覚的に言っていることが分かる」と言う人も多いでしょう。リスニング上達のためには、ある程度の期間聞き続けることが大切です。それなくして、上達は望めないでしょう。

日本語力が低い

語学が苦手な人の特徴の一つは「日本語力が低い」です。

語学が苦手な人の中には、母国語である日本語の能力が低い人も多いのではないでしょうか?

例えば、日本語を別の外国語に置き換えようとする際に、日本語の言っていることを理解できなければ、どんなに単語を詰め込んだとしても正しく変換することができないでしょう。

日本語能力そのものが低いために、なかなか語学が上達せず、苦手意識が増してしまう人も多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?語学が苦手な人の特徴は以下になります。

 

単語が覚えられない・文法がわからない

コツコツ勉強出来ない・発音が苦手

教材ばかり買い込む・単語の意味だけを覚える

間違いを恐れる・本を読むのが嫌い

リスニングが嫌い・日本語力が低い

 

語学ができれば、自分の世界は広がるでしょう。ですから、楽しみながら習得することが1番でしょう。語学上達に必要な学習を楽しみながらコツコツと継続することで語学が上達し、苦手意識はいつの間にか消えることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました