無言電話10の心理

人生

無言電話10の心理

ピゴシャチ
ピゴシャチ

無言電話に悩む女性の話を聞いたよ。

イタチ
イタチ

ちょっと不気味で怖いものだよね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

無言電話をかける人の心理には以下のものがあるよ。

無言電話の心理

相手の近況を知りたい

無言電話をかける人は、相手の近況を知りたい人が多いと思うな。

「相手の近況を知りたい」は無言電話の心理の一つです。

世の中には様々な理由で、誰かに会いたくてもそれが叶わぬ時があるものです。

例えば、離婚をしてわが子と会えなくなった人がいたとしましょう。そんな時、子供の住む家の近くまで近寄り、そっと遠くから見守ることも出来るでしょう。ですが、それには様々なリスクが伴うものです。また、距離的にそれが出来ない人もいるかもしれません。

そんな時に無言電話は一つの解決方法となるのではないでしょうか?子供の様子は見れなくても、子供の声を聴くことは出来るかもしれません。そうすれば、近況がなんとなく分かるのではないでしょうか?

ただ、無言電話が定期的に誰かからかかってくれば、かけてくるであろう対象が誰であるのか?は相手も理解しているでしょう。

相手の家族構成を知りたい

無言電話の心理の一つは「相手の家族構成を知りたい」です。

良からぬことを企んでいる人などは、相手の家族構成を知りたいことも多いのではないでしょうか?

電話をかけた相手の家にどのような人が住んでいるのか?子供は何歳位か?お年寄りがいつもいる家か?などと言った情報を無言電話をかけることで手に入れることが可能でしょう。

無言電話に心当たりがない時は危険なことが多いのではないでしょうか?用心に越したことはないでしょう。

相手に未練がある

別れた相手に対する未練があれば、無言電話という行動に繋がるかもね。

「相手に未練がある」のは無言電話の心理の一つです。

恋人と別れた男性、女性が相手に未練があるとしたら、相手の声を聴きたかったり、状況を知りたくて無言電話を度々かけてくることは十分にあり得る話でしょう。

別れというものは、お互い納得行く形ばかりではありません。ある日突然、相手が一方的に別れを告げ、そして去ってしまうことも多々あるでしょう。そのような納得いかない形で別れを告げられた方は、案外いつまでも未練があることが多いのではないでしょうか?そして、それが無言電話という行動へと向かわせてしまうのかもしれません。

相手を怖がらせたい

無言電話の心理の一つは「相手を怖がらせたい」です。

無言電話が何度も入ると、誰でも嫌な気分になるものです。世の中には、性格的に歪んでいる人もいるものです。無言電話をかけることによって、相手を怖がらせたいという人も中にはいるでしょう。

人よりも幸せそうな生活をしている人などに対して、妬む人がいるものです。このような人こそ実は怖い人であるものです。歪んだ心が、無言電話という手段で相手を怖がらせようとしてしまうこともあるでしょう。

密かに思いを寄せている

「密かに思いを寄せている」のは無言電話の心理の一つです。

社会的に接点が全くない人でも、よくすれ違う人、出会う人がいます。自分は記憶になくても、相手が自分のことを知っていることは多々あるのではないでしょうか?

密かに思いを寄せるタイプの人が、何かを通じて電話番号を手に入れ「相手の声をただ聞きたい」という衝動に駆られ、無言電話をかけることもあるでしょう。歪んだ愛の形と言えるでしょう。

ライバルの状況を探りたい

無言電話の心理の一つは「ライバルの状況を探りたい」です。

無言電話が会社やお店にかかってくる時には、競合の状況を知りたいという動機が背景にある時もあるのではないでしょうか?電話をかけてみるだけで様々な情報を得ることが出来るものです。

電話に出るスタッフの状況、スタッフの対応の様子が分かれば、社員教育がどの位されているところなのか?も判断できるかもしれません。また、背後で聞こえる音から会社やお店の雰囲気を何となく感じ取ることも出来るのではないでしょうか?

妨害したい

無言電話の中には、相手への妨害を意図しているものもあるかもね。

「妨害したい」のは無言電話の心理の一つです。

自分だけが不幸に思う時があるものです。多くの人は、このような心境になっても自分の力で乗り越えようとするものです。

ですが、様々な人が世の中にはいるものです。人を妨害することによって、満たされない自分の心を満たしたいという欲求に駆られる人もいるでしょう。無言電話をかけることによって、誰かを妨害しようとするのです。

ですが、このようなことをすれば、その人はいつの日か天罰が下る人となるでしょう。

つきまといたい

無言電話の心理の一つは「つきまといたい」です。

世の中には、相手の迷惑などを顧みず一方的に相手を好きになる人がいるものです。たとえ相手にされなくても、相手がどんなに嫌っていても、いつまでもつきまとう人です。

そのような人の中には、相手に接近を試みる人もいるかもしれませんが、電話という形で接近する人もいるでしょう。気を付けなければならないタイプでしょう。

相手の反応を楽しみたい

人の反応を楽しみたいと言うのは、性格が歪んでいるわ。

「相手の反応を楽しみたい」のは無言電話の心理の一つです。

電話に出ても相手は何も話さない・・・けれど、こちらが電話を切るまで相手が電話を切ることはない・・という状況に遭遇している人もいるのではないでしょうか?

このような無言電話を度々かけてくる人の中には、相手の反応を楽しみたいという動機の持ち主がいるでしょう。

相手が無言電話に恐怖している様子、相手が腹を立てる様子、そういう相手のリアクションを楽しむタイプです。

電話に出た時に、相手の思うがままに反応すると、思うつぼです。冷静に相手にしないようにしましょう。

自分の存在を知らせたい

無言電話の心理の一つは「自分の存在を知らせたい」です。

人間は「自分の存在を忘れて欲しくない」という願望があるものです。存在していないかのように思われたり、扱われることは凄く悲しく、寂しいことではないでしょうか?

例えば、家族と仲違いをして家出をするような人がいるでしょう。数か月や半年位であれば、家出をした時に生じた怒りなどで「自分の存在を相手に忘れられても別に構わない」と思うのではないでしょうか?

ですが、これが数年、十年となればどうでしょうか?怒りが継続している人もいるかもしれませんが「自分の存在を忘れているかもしれない」と言う、目の見えない恐怖との闘いが沸き起こるのではないでしょうか?

そんな時に無言電話をかけることにより、自分の存在を相手に知らしめ「相手に自分を忘れさせない」と思う人もいるかもしれません。

また、家出をしてから、相手が気が狂ってしまう程心配するケースも世の中にはあるでしょう。例えば、我が子と喧嘩をした後に家出をされた親御さんなどです。

家出をし、帰る決心はつかないものの、相手に必要以上に心配をかけたくないこともあるでしょう。そんな時に「自分は生きている」ということを両親に知らせるために、無言電話を定期的にかけるケースもあるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?無言電話10の心理は以下になります。

 

相手の近況を知りたい・相手の家族構成を知りたい

相手に未練がある・相手を怖がらせたい

密かに思いを寄せている・ライバルの状況を探りたい

妨害したい・つきまといたい

相手の反応を楽しみたい・自分の存在を知らせたい

 

無言電話をかける人の心理には様々なものがあります。状況によっては、少し危険な場合もあるかもしれません。危険な雰囲気を感じる時は、相手と関わらないようにしたり、専門家に相談する方が良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました