PR

ニートになりそうで怖い時の対処法10選!

人生
記事内に広告が含まれています。

ニートになりそうで怖い時の対処法10選!

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ニートになりそうで怖いな・・と思っている人は多いと思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。可能ならそんな不安を持たないようにしたいところだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ニートになりそうで怖い時の対処法は以下になるよ。

 

ニートになりそうで怖い時の対処法

自分のスキルや経験を活かす仕事を探す

自分の経験を活かす仕事を探す方がラクね。

「自分のスキルや経験を活かす仕事を探す」のはニートになりそうで怖い時の対処法の一つです。自分が持っているスキルや経験を活用できる仕事を探すことが大切です。これまでの経験やスキルを生かして自分自身の強みを把握し、自分に合った仕事を探すことが出来れば、ゼロから仕事を探すよりも効率的なのは言うまでもないでしょう。また、職業紹介所や就職支援サービスなども利用すれば、スキルや経験を活かした仕事を自分だけで探すよりも楽でしょう。

就職支援サービスやキャリアアドバイスを利用する

ニートになりそうで怖い時の対処法の一つは「就職支援サービスやキャリアアドバイスを利用する」です。就職支援サービスやキャリアアドバイスなどは、就職活動において有益な情報を提供することができます。自分が抱えている問題や悩みを相談し、アドバイスを受けることで解決策を見つけることができます。いくら自分に経験やスキルがあったとしても、自分一人で考えていると視野が狭くなるということは考えられます。だからこそ専門家に相談するのです。 自分とは違った視点を持っていたり、プロだからこそ幅広く客観的に仕事を探す助けとなってくれるでしょう。 

ネットワークを拡げることに力を入れる

気分が落ち込む時ほど、人のネットワークは大切にしたいね。

「ネットワークを拡げることに力を入れる」のはニートになりそうで怖い時の対処法の一つです。キャリアアップに向けて、自分のネットワークを拡げることが大切です。自分のスキルや経験に合った仕事を探すために、同じ業界の方や上司、同僚などとのコネクションを構築することが重要です。元々しっかりと働いていた人がニートになりそうになっている場合には、 有効な方法の一つでしょう。またニートになりかけに引きこもりになってしまうと、精神的にもあまり良くないでしょう。 ネットワークを広げることで精神的に前向きになれることも多いのではないでしょうか? 

自分の能力や希望を明確にする

ニートになりそうで怖い時の対処法の一つは「自分の能力や希望を明確にする」です。自分が望むキャリアパスを見つける上で自分の能力や希望に真剣に向かい合う事は大切でしょう。就業先や仕事内容が不満だと感じ仕事をやめた場合、将来に不安を感じるものでしょう。そんな時に、自分の能力やスキルセット、希望を明確にすることは、自分のキャリアに対する真実の姿勢を把握することに繋がるでしょう。例えば、大学でマーケティングを学んだ後、仕事が編集者であった人の話を聞いたことがあります。仕事を始めたものの、違和感を感じてやめてしまったのだそうです。やめた後「ニートになってしまうのだろうか?」と不安を抱えたそうですが、自分が望むキャリアパスを見つけるために、自分のスキルセット、興味、希望を明確にしたのだそうです。それらを通じて、彼はやはりマーケティングに興味を持っていること、プレゼンテーション能力、データ分析能力などのスキルがあることを確認したようです。その後、マーケティング業界でキャリアアップを目指すことを決定し、今は希望がかなったようです。

ボランティアやインターンなどの仕事経験を積む

「ボランティアやインターンなどの仕事経験を積む」のはニートになりそうで怖い時の対処法の一つです。仕事経験を積むことで、自分のスキルや能力を高めることができます。ボランティアやインターンなどの仕事経験は、実際の仕事環境に触れることができますので、自分に合った仕事に就くための準備になります。学校を卒業後、殆ど定職に付かずにニート状態に陥っている人には、非常にボランティアなどは有効なのではないでしょうか?一人で孤立し、ネガティブにならずにすむことも良い点でしょう。

資格やスキルのアップグレードを目指す

ニートになりそうで怖い時の対処法の一つは「資格やスキルのアップグレードを目指す」です。自分のスキルを高めることで、仕事の能力アップやキャリアアップにつながります。今持っている技術に更に磨きをかけることで、より良い条件で就職をすることが可能になることもあるでしょう。また、今とは全く違ったスキルを獲得することで、自分は考えもしなかったバラ色の未来が広がる可能性もあります。ですから、自分のスキルアップに向けて、オンライン学習や研修などの機会を探すことは大切です。

就職・転職活動を継続する

諦めないで就職活動を続けよう!

「就職・転職活動を継続する」のはニートになりそうで怖い時の対処法の一つです。就職は一発勝負ではありません。今の仕事が合わなかったら、自分に合った仕事を見つけるまで、継続的に就職活動を行えば良いでしょう。就職活動や転職活動を継続することで、自分に向いている仕事や企業を見つけるための機会を増やすことができます。こうすることで、漠然とした「ニートになったらどうしよう?」という不安を打ち消すことが可能です。また、希望する職種や企業に関する情報を得ることができるため、自分自身に向いている分野についてより深く知ることができるでしょう。さらに、求職者としての自己アピールの機会も増えるため、自分自身の価値を高めることにも繋がりそうです。

自分に向いている分野に興味を持つ

ニートになりそうで怖い時の対処法の一つは「自分に向いている分野に興味を持つ」です。ニートになりそうな状況から脱するための有効な方法です。人は、自分が興味を持っているものに対してエネルギーを注ぎやすい傾向があります。そのため、自分に向いている分野に興味を持つことで、モチベーションを高めることができます。例えば、以前はプログラマーの仕事をしていましたが、自分に向いていると感じなかったため、やめた女性を知っています。しかし、彼女は自分が子育てに興味を持っていることを発見しました。そこから、子育てに関連する仕事に転職し、今では幸せな仕事をしています。

自分の価値観や希望を持つ

自分の価値観や希望は大切にしたいわ。

「自分の価値観や希望を持つ」のはニートになりそうで怖い時の対処法の一つです。就職活動やキャリアアップに向けての悩みや不安がある場合、心を落ち着けてポジティブな考え方を持つことが大切です。精神的に不安定な状態では、能力がある人でも活かしきれなくなるものです。そうなるとますます悪循環に陥ってしまいます。ですから、自分自身に自信を持ち、前向きな考え方を持って就職活動に取り組んでいくことが大切になります。また、仕事を探すときには自分の価値観を大切にすることも必要になるでしょう。 いくら仕事をしていても、価値観にそぐわなければ、仕事を辞めてしまい、再びニートになるのでは?という恐怖に直面することになってしまいます。

創造的なアイデアを生み出すことに力を入れる

ニートになりそうで怖い時の対処法の一つは「創造的なアイデアを生み出すことに力を入れる」です。失業してしまい「ニートになりそうで怖い」と感じている人も多いと思いますが、そんな時は、創造的なアイデアを生み出すことに力を入れることで、自分自身のポテンシャルを最大限に引き出すことも可能でしょう。例えば、新しいビジネスアイデアを生み出し、自分自身のスタートアップを起こすことが可能になるケースもあるでしょう。毎日業務に追われていると、あなたのアイデアなど浮かばない場合が多いのではないでしょうか? 時間に余裕が生まれると、可能になることも多いものです。 

このページに興味がある方におすすめのページ

ニートになる人の10の傾向

働かない人 末路10選!

働かない人10の特徴

楽ばかりする人 末路

 

まとめ

いかがだったでしょうか?「ニートになりそうで怖い」という不安を克服し、自分自身が望む仕事やキャリアに向かって進んでいくことはいくつかの対処法を試すことで克服できそうです。また、自分自身の可能性を信じ、前向きな考え方を持っていくことが大切です。そのためにも、一人になって漠然と不安な気持ちを持つことは避けたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました